福島県沖地震など全国で頻発する災害の影響を受けている皆様に心よりお見舞い申し上げます。日本図書館協会は微力ですが被災した図書館をできうる限り支援をいたします。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ

資料保存委員会

図書館資料を介した新型コロナウイルス感染を防ぐ対策についての考え方を「図書館資料の取り扱い(新型コロナウイルス感染防止対策)について-人と資料を守るために-」(2020年7月6日、2021年3月1日改訂)としてまとめました。

<お知らせ>

「ネットワーク資料保存 128号」 を掲載しました。(2022.6.29)
資料保存に関するQ&A」第107回全国図書館大会山梨大会の記録
を掲載しました。(2022.4.14)
他機関主催の資料保存に関するセミナー・講演会などの情報を更新しました。(2022.4.14)
「ネットワーク資料保存 127号」 を掲載しました。(2022.3.31)

委員会の活動

(1)セミナー・見学会
(2)図書館大会
(3)資料保存展示パネルの貸出し
(4)研修会講師の派遣
  資料の保存、災害対策、修理(補修)等に関する研修会の講師を紹介・派遣します。
  また、実習に使用する道具類の貸出も行っています。
  (なお、国立国会図書館でも図書館関係団体等の依頼により、資料保存をテーマとする研修会等の講師として
   職員を派遣しています。研修講師の派遣のページ
(5)例会
   月に1度例会を開催しています。

委員会の刊行物

(1)ネットワーク資料保存(定期刊行物)   最新号目次 累積目次
    デジタル版を読む                   

(2)「防ぐ技術・治す技術―紙資料保存マニュアル―」
  
   紙資料の保存手当、修理(補修)等についての基本的な知識、技術を解説。
   目次はこちらから
(3)「やってみよう資料保存」
   
  視聴覚資料を含む資料の取扱い、カビ、災害対策、保存箱、修理といった身近な問題を取り上げた資料保存の入門書。
  目次はこちらから 
(4)
その他刊行物(単行本)  

その他

お問合せ
日本図書館協会 資料保存委員会事務局
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL 03-3523-0816
FAX 03-3523-0841
E-mail kawashita@jla.or.jp
トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841