北海道胆振東部地震により被害に遭われている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

西日本を中心とした豪雨により被害に遭われている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

図書館災害対策委員会のページ
東日本大震災対策委員会のページ

 

図書館イベントカレンダー

ここには図書館をテーマとする図書館員向けイベントを掲載しています。各地の図書館が催す利用者向けの講演会や展示会はそれぞれの図書館のホームページをご覧ください。

研究集会等の情報をお寄せください。
E-mail:info_at_jla.or.jp
※メールアドレスの@はスパム防止のため_at_としています。送信する時は@(半角)にしてください。

2019/11/21

第105回全国図書館大会三重大会

開催期間 2019年11月21日(木)~22日(金)
三重県総合文化センター
大会テーマ 「令和の新時代を拓く図書館 ~常若(とこわか)のくにからの発信~」

2019/10/17

第13回日中国際図書館学セミナー

日時:2019年10月17日(木)-18日(金)
テーマ:図書館とデジタル人文学の関係を考える:オープンデータの視点から
会場:上海図書館(上海市准海中路1555号)
詳細HP:http://www.nal-lib.jp/events/seminar/2019/kokusai-invit.html

2019/09/05

令和元年度 資料保存研修

主催:国立国会図書館
【東京本館】
日時: 2019年9月5日(木)、6日(金)9:30~16:30
会場:国立国会図書館東京本館 新館3階大会議室
【関西館】
日時:2019年9月27日(金)9:30~16:30
会場:国立国会図書館関西館 第1研修室
申込期間:7月2日(火)10:00 ~7月19日(金)17:00
内容:講義「図書館資料の保存」、実演「簡易帙を作る」、実習(1)「簡易補修」(2)「無線綴じ本を直す」(3)「外れた表紙を繋ぐ」
定員:東京本館:52名(各日26名)、関西館:20名 (1機関からのお申込みは1名までとし、申込多数の場合は調整させていただきます。)
対象:国内の公共図書館、大学図書館、専門図書館等に勤務する者
参加費:無料
申込み・詳細HP:https://www.ndl.go.jphttps://www.ndl.go.jp/jp/preservation/cooperation/training_r1.html
問合先:国立国会図書館収集書誌部資料保存課 
     TEL:03-3506-5219  E-mail:hozonka_at_ndl.go.jp
 

2019/08/24

TP&Dフォーラム2019(第29回整理技術・情報管理等研究集会)

主催:TP&Dフォーラム2019実行委員会
後援:日本図書館協会, 日本図書館研究会, 日本図書館情報学会, 情報知識学会,情報科学技術協会
日時:2019年8月24日(土)~25日(日)
会場:大阪コロナホテル
内容:「英米における西洋古典籍の目録作成規則の歴史と特徴」西川和氏(文教大学)、「分類法を構成する要素の解釈の明確化 -Linked Data化を想定して-」和田匡路 氏(独立行政法人日本学術振興会)、「NDCにおける図書館学分野の再確認と再構築の試み(仮)」藤倉恵一氏(文教大学)
宿泊:会場と同じ
定員:36名
参加費:20,000円(一般)、10,000円(学生)(含む:宿泊費・懇親会費・開催後の論文集代)
申込方法:氏名、性別、勤務先、連絡先住所(論集の送付先)、電話、e-mailアドレスを明記の上,申込先 tpdforum@gmail.com に送信して下さい。(締切:8月4日(日))
問合先:TP&Dフォーラム2019実行委員会 委員長・今野創祐(京都大学)
問合せ先アドレス:tpdforum_at_gmail.com
詳細HP:http://tpd.eplang.jp/

2019/07/11

2019年度サピエ研修会オープン講座「サピエを活用して公共図書館の障害者サービスを進展させよう」

主催 特定非営利活動法人全国視覚障害者情報提供施設協会
対象:図書館職員等でサピエを使った障害者サービスに関心のある方
日時:2019年7月11日(木) 10時~12時(受付9時30分)
会場:エル・おおさか(大阪府立労働センター)
講師 佐藤聖一(埼玉県立久喜図書館、全視情協理事)
内容:障害者サービスの進め方、サピエの具体的利用方法、リクエストに応じた点字・録音資料の検索、質疑応答等》
参加費:無料
申込み:7月2日(火)までに、お名前・所属・連絡先(電話かメールアドレス)をFAXかE-Mailで下記へお申し込みください。件名は【サピエ研修会オープン講座参加申し込み】とお書きください。
 E-Mail:sapie-jimu_at_naiiv.net FAX:06-6441-1066 電話:06-6441-1078(電話でもうしこみはできません) 
申込・問合先:サピエ事務局(担当:西井)

2019/07/06

ひらこう!学校図書館 学校図書館を考える全国連絡会第23回集会

日時:2019年7月6日(土)10:30~16:30
場所:日本図書館協会研修室
主催:学校図書館を考える全国連絡会
内容:記念講演「生涯学習社会における図書館の運営について-公立図書館・学校図書館における今日的な課題」座間直壯氏(元調布市立図書館長) 実践報告「学校図書館に司書を願い続けて-25年目の宿題」溝渕由美子氏(「学校図書館を考える会・丸亀」代表)、各地の報告・意見交流
問合せ:同会事務局 電話・Fax03-3816-5271
詳細HP:http://www.open-school-library.jp

2019/07/06

日本図書館研究会第350回研究例会

日時:2019年7月6日(土)14:00-15:30
テーマ:浜松西高校時代の森博先生
発表者:鈴木嘉弘氏(元常葉大学)
会場:同志社大学新町キャンパス尋真館図書館学資料室(Z5)
参加費:無料(事前申込不要)
詳細HP:http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2019/350invit.html

2019/06/30

図書館問題研究会第66回全国大会

会場:ホテルウェルコ成田
内容:(1日目)全体会、分科会、懇親会、テーマ別交流会 (2日目)全体会 大会終了後、成田市立図書館の見学ツアーあり(定員25名)、分科会テーマ(30日午後):(1)図書館の原則(2)指定管理(3)職員問題(4)危機管理(5)図書館の自由 (6)障害・子ども(7)図書館サービス、テーマ別交流会(30日夜):地酒の部屋、成田の部屋など
参加申込締切:2019年6月10日(月)※申込方法等詳しくは下記をご覧ください
問い合わせ先:
図書館問題研究会ホームページ:http://tomonken.sakura.ne.jp/tomonken/
メールアドレス:2019taikainarita_at_gmail.com
FAX:03-3222-5034(図書館問題研究会事務所)

2019/06/23

むすびめの会の6月例会「クロスナショナルに生きる人々の文化関心と読書の問題」

日時:2019年6月23日(日曜日)14:00~16:30 
場所:日本図書館協会 2階研修室
参加申込・問合先:musubimenokai2015_at_gmail.com

2019/06/23

第24回東京の図書館をもっとよくする会総会と講演

主催:東京の図書館をもっとよくする会 
日時:2019年6月23日(日) 13:15~17:00 (開場13:00)
会場:文京区シビックセンター 4階ホール
内容:講演「図書館を建築から考えてきたこと」寺田芳朗氏(建築家・寺田大塚小林計画同人)、各地からの報告 都立学校図書館の報告など、総会、会の活動報告、会計報告、「1年の運動の進め方」等の提案
参加費:300円(資料代) 参加申込不要。
詳細HP:https://www.facebook.com/mottolibraries
連絡先 大澤 TEL.042(467)4716または池沢 TEL.042(765)3382
 FAXも電話に同じ(手話・点字を希望する方はご連絡ください)

2019/06/15

日本図書館研究会情報組織化研究グループ2019年6月月例研究会

日時:2019年6月15日(土)14:30~17:00
会場:京都大学附属図書館3階 共同研究室5
発表者:飯野勝則氏(佛教大学図書館)
テーマ:電子リソースデータの「共有」と展開―「これからの学術情報システムの在り方(2019)」を踏まえて―
詳細HP:http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201906
※事前申込不要。
問合先:info_at_josoken.digick.jp

2019/06/10

日本図書館協会資料保存委員会 資料保存見学会

テーマ:保護保存用紙の現場を訪ねる-特種東海製紙-
主催:日本図書館協会資料保存委員会
日時:2019年6月10日(月)10:15-15:30 ※JR東海道本線線三島駅北口に10:00までに集合。三島駅北口からタクシーに同乗して特種東海製紙に向かいます(約5分)。
見学先:特種東海製紙株式会社 三島工場とPam三島(静岡県駿東郡長泉町本宿437番地)
内容:特種東海製紙は、保存箱等の保存容器などに使用する保護保存用紙を、日本で唯一製造している製紙会社です。静岡県三島にある工場と工場敷地内の展示施設「Pam三島」を見学させていただきます。
定員:20名(申込先着順)
参加費:無料 ※交通費は各自負担。また、昼食はご持参ください。
申込方法:件名を「特種東海製紙 見学会・申込」とし,1.氏名(ふりがな),2.所属,3.連絡先 住所,4.電話番号を明記の上,E-mailにて下記まで。
締切:2019年5月29日(水) ※ただし、定員になり次第締め切ります。
申込・問合先: 日本図書館協会資料保存委員会事務局・川下
 (電話03-3523-0816 E-mail:kawashita_at_jla.or.jp)

2019/06/10

シンポジウム「超高齢社会と読書 -図書館の底力-」“生涯、社会に関わりながら生きていくために”

人生100年時代を迎え、全ての人が社会との関わりを保ち続けながら、生涯にわたり活躍することのできる社会の実現が望まれているなか、高齢を迎えても生き生きと健康に生きるため、読書や図書館の役割に注目が集まりつつあります。
このシンポジウムは、情報工学研究者、出版関係者、図書館現場からの報告と討論の中から、読書と図書館の持つ新しい可能性について、未来志向で語り合う集いです。                
開催日 2019年6月10日(月) 午後6時~8時  
会場  千代田区立日比谷図書文化館(大ホール)
主催  公益社団法人日本図書館協会 協力:一般社団法人日本書籍出版協会
パネラー;
坂田一郎氏(東京大学工学系研究科教授、同政策ビジョン研究センター長)
上田渉氏(日本オーディオブック協議会常任理事)
豊山希巳江氏(山武市成東図書館、日本図書館協会認定司書第1119号)
植松貞夫氏(筑波大学名誉教授) 兼コーディネータ
参加費 1,000円(資料代)
申込方法 
6月5日(水)までに、下記URLを開き、申込フォームよりお願いいたします。
http://www.jla.or.jp/calendar/tabid/801/Default.aspx

2019/06/09

2019年度JLA図書館情報学教育部会第1回研究集会

日時:2019年6月9日(日)14:15~16:45
会場:日本図書館協会会館2階研修室
テーマ:
  第一部 図書館情報学教育の動向報告:青山学院大学の事例
  第二部 大学院における図書館情報学教育
報告者:小田光宏氏(青山学院大学),松本直樹氏(慶應義塾大学),角田裕之氏(鶴見大学),青柳英治氏(明治大学)
参加費:部会員 1,500円,JLA会員 2,000円,非JLA会員 3,000円
(当部会へ指定寄付を行った方は無料)
申込方法:以下のサイトよりお申込みください。
     https://forms.gle/1eGhRewMcwdDj2WVA

2019/06/09

「住民自治と図書館」連続学習会 第3回(全3回シリーズ)

テーマ:国立国会図書館から自治のあり方を考える
講師:只野雅人さん(一橋大学法学部教授)
日時:2019年6月9日(日) 午後2時~午後4時
会場:国分寺労政会館第3会議室
参加費:500円
参加を希望される方は、下記メールアドレスに申し込みをしてください。
定員70名 申込順
申込み・問合先:santoken_at_jcom.zaq.ne.jp
三多摩図書館研究所のホームページ:http://www.santoken.org/

2019/06/05

障害者サービス担当職員養成講座(中級)

開催日:2019年6月5日(水)講座は選択制です
会場:日本図書館協会
対象:次のすべてを満たす方 
・障害者サービスの経験が2年以上ある方
・毎年日本図書館協会と国立国会図書館関西館で開催される「障害者サービス担当職員養成講座 (基礎コース)」を受講した方もしくはそれと同等の研修会の受講歴のある方
・図書館職員(館種、雇用形態は問わない)もしくは類縁機関の職員(将来図書館に異動する予定の者を含む)
定員:18名(先着順)
参加費:一人1,000円(資料代を含みます。部分受講でも全部受講でも同一)
主な内容:6月5日
  講座A 「障害者サービスのための著作権法解説」(基礎コースと合同研修)
  講座B 「よりよい録音資料製作のために図書館が行うべきこと」
申込締切:5月20日(月) 定員になり次第締め切り
詳細、申込方法、障害者サービス委員会ウエブページ:
 http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/2019chukyu.html

2019/06/05

障害者サービス担当職員養成講座(基礎コース)

開催日:2019年6月5日(水)~7日(金)
会場:日本図書館協会2階研修室 他
対象:公共図書館職員、類縁機関の職員(経験年数、担当等不問)、学生の聴講については要相談
定員:20名(先着順)
修了証:全日程受講者に、修了証を授与します。
参加費:10,000円(資料代を含みます)
事前課題:事前に作文を提出(詳細はHPを参照してください)
主な内容:
 ・障害者サービスの理念、各サービスの紹介と具体的実施方法
 ・【基礎コース・中級合同講座】障害者サービスのための著作権法解説
・障害者サービス用資料(入手方法、相互貸借、サピエ図書館・国会図書館
サーチの活用方法)
 ・障害者の理解と配慮すること
 ・マルチメディアデイジーを活用した障害者への情報支援
 ・特別支援学校における取り組み、電子書籍のアクセシビリティ
 ・聴覚障害者への図書館サービス
 ・高齢者・障害のある子ども・知的障害者への図書館サービス
 ・実習:小グループに分かれて、先進館で1日、実務を体験します
申し込み締切り:5月20日(月) 定員に達しましたので締め切りました
詳細、申込方法、障害者サービス委員会ウエブページ:
 http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/2019kiso.html

2019/06/05

障害者サービス担当職員養成講座(基礎コース)

開催日:2019年6月5日(水)~7日(金)
会場:日本図書館協会2階研修室 他
対象:公共図書館職員、類縁機関の職員(経験年数、担当等不問)、学生の聴講については要相談
定員:20名(先着順)
修了証:全日程受講者に、修了証を授与します。
参加費:10,000円(資料代を含みます)
事前課題:事前に作文を提出(詳細はHPを参照してください)
主な内容:
 ・障害者サービスの理念、各サービスの紹介と具体的実施方法
 ・【基礎コース・中級合同講座】障害者サービスのための著作権法解説
・障害者サービス用資料(入手方法、相互貸借、サピエ図書館・国会図書館
サーチの活用方法)
 ・障害者の理解と配慮すること
 ・マルチメディアデイジーを活用した障害者への情報支援
 ・特別支援学校における取り組み、電子書籍のアクセシビリティ
 ・聴覚障害者への図書館サービス
 ・高齢者・障害のある子ども・知的障害者への図書館サービス
 ・実習:小グループに分かれて、先進館で1日、実務を体験します
申し込み締切り:5月20日(月) 定員に達しましたので締め切りました
詳細、申込方法、障害者サービス委員会ウエブページ:
 http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/2019kiso.html

2019/06/02

久保輝巳先生を偲ぶ会

主催:久保先生を偲ぶ会(代表世話人 大澤正雄)
日時:2019年6月2日(日) 13:00~16:30
会場:日本図書館協会2階研修室(中央区新川)
内容:先生のスピーチの動画、参加者からのスピーチ、会場には、先生の手蹟、写真、文学作品を含む著作などを展示。終了後、茅場町または東京駅八重洲口付近で会食会(17:30~19:30)
会費: 会場費・資料費として1,000円、会食会参加6,000円
参加される方は、5月20日までに以下にご連絡ください。
  kubo_kgu_at_kph.biglobe.ne.jp(偲ぶ会専用)、清水隆 090-9147-0271
   03-3741-2536 144-0043 東京都大田区羽田4-11-8-310

2019/06/02

日本図書館研究会特別研究例会

日時:2019年6月2日(日)10:30-12:00
※発表者のご都合により、開始時間を当初ご案内の10時から、30分繰り下げました。
テーマ:障害者の情報保障をめぐる動向と図書館が果たすべき役割,期待について(仮)
発表者:石川准氏(静岡県立大学国際関係学部教授,東京大学先端科学技術研究センター特任教授,内閣府障害者政策委員会委員長)
会場:相愛大学本町学舎F604教室(大阪市中央区)
参加費:無料(事前申込不要)
詳細HP:http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2019/sp-invit.html

1 2 3 4 5 ...

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841