令和6(2024)年能登半島地震及び同年4月17日に愛媛・高知で発生した地震について
 この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、それぞれの地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








図書館イベントカレンダー

ここには図書館をテーマとする図書館員向けイベントを掲載しています。各地の図書館が催す利用者向けの講演会や展示会はそれぞれの図書館のホームページをご覧ください。

研究集会等の情報をお寄せください。
E-mail:info_at_jla.or.jp
※メールアドレスの@はスパム防止のため_at_としています。送信する時は@(半角)にしてください。

2024/01/20

三田図書館・情報学会 橋本孝先生記念講演「図書館目録メタデータの現在地~概念モデルからリンクトデータまで」

【発表者】:谷口祥一氏(慶應義塾大学文学部)
【日時】:2024年1月20日(土)13:30~15:00
【場所】:慶應義塾大学三田キャンパス 南校舎4階447教室
【参加方法・詳細】学会のサイトをご覧ください。
https://mslis.jp/monthly.html
【問い合わせ先】三田図書館・情報学会事務局
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
慶應義塾大学文学部 図書館・情報学専攻内
mita-slis★ml.keio.jp(★を@に置き換えてください

2024/01/20

国際音楽資料情報協会(IAML)日本支部第74回例会

【日時】:2024年1月20日(土)14:00~16:00(講演90分、質疑30分)
【開催方法】:オンライン(Zoom)
【テーマ】: 信時潔研究ガイドを巡って
【講師】:信時裕子氏(東京音楽大学付属図書館)
【内容】:「信時潔研究ガイド」(https://nobutoki.com/)は、明治生まれ、大正-昭和中期の作曲家・信時潔に関する研究情報ページである。ご子孫の信時     裕子氏によって2005年から公開され、主要作品(独唱曲、合唱曲、器楽曲)、信時潔著作・執筆 (単行書、執筆・座談会等)、校歌・社歌・団体歌、入手可能な楽譜・CD/DVD、演奏会・イベント情報、関係文献目録、海道東征上演歴、雑記帳(Q&A)、りンク集などから構成されています。今までのご経験に基づいて個人による特定作曲家のオンラインサイトの運営や利用の状況と今後の展望についてご紹介いただきます。
【定員】:80名
【参加費】:支部会員、フレンズ、支部個人会員の授業を受けている学部学生:無料;
     非会員:1,000円
【申込】:参加希望者は、2024年1月13日(土)23:59までに以下のフォームからお申し込みください。
   https://forms.gle/G9XVbDp51ZhWLeBK6

2024/01/11

独立行政法人国立女性教育会館 令和5年度「女性アーカイブ研修」

資料保存・提供に携わる実務者の方のご参加をお待ちしております。
【日時と開催方法】:
 ・2024年1月11日(木)10:30~16:45 Zoomによるライブ配信 定員40名程度
 ・2024年1月18日(木)~2月18日(日)YouTubeによるオンデマンド配信 定員なし
【内容・講師】
 「女性の歴史を残す-昭和のくらし博物館の取り組みから」講師:小泉和子氏(昭和のくらし博物館館長)
 「アーカイブと著作権」講師:早稲田祐美子氏(東京六本木法律特許事務所弁護士)
 アーカイブ実践報告 1:大阪男女いきいき財団 講師:沢田薫氏(大阪男女いきいき財団)
 アーカイブ実践報告 2:新潟女性史クラブ 講師:塩沢啓子氏(新潟女性史クラブ)
 オンライン情報交換会(ライブ配信・希望者のみ)
※詳細はこちらをご覧ください。
https://www.nwec.go.jp/event/training/archive2023.html

2024/01/08

「令和5年度東日本大震災アーカイブシンポジウム―震災遺産と地域文化の継承を目指して―」

国立国会図書館は、東北大学災害科学国際研究所との共催により標記シンポジウムを開催します。是非ご参加ください(参加費無料)。
日時:2024年1月8日(月曜・祝日)13:00-16:00
開催方法:有観客およびオンライン(ウェブ会議システム(Zoom)による事前登録者への同時配信。)
プログラム(敬称略):
【事例報告】「震災後収集資料の整理・活用における現状と課題」大熊町教育委員会教育総務課副主任学芸員 苧坪祐樹
「とみおかアーカイブ・ミュージアムの歴史資料と震災遺産の保存活用」富岡町教育委員会生涯学習課課長補佐 三瓶秀文
「震災遺構浪江町立請戸小学校が伝えたいこと、今後の課題について」浪江町教育委員会事務局生涯学習課社会教育係主査 渡邊祐典
「双葉町における震災資料保全の取り組みについて」双葉町総務課長兼秘書広報課長 橋本 靖治
【進捗報告】「これからのアーカイブに望むこと―ポータルサイト「ひなぎく」の経験から―」国立国会図書館電子情報部主任司書 井上佐知子
「震災アーカイブの意義について―みちのく震録伝の経験から―」東北大学災害科学国際研究所准教授 柴山明寛
【パネルディスカッション】(進行)柴山 明寛 (パネリスト)上記報告者全員
申込方法:下記URLのシンポジウム案内にある申し込みフォームから
申し込み先:https://www.shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/symposium/20240108/(みちのく震録伝)
定員:会場120名、オンライン300名(先着順)
問合せ先:東北大学災害科学国際研究所 災害人文社会研究部門 災害文化アーカイブ研究分野 担当:柴山
Tel:022(752)2099
メール:archiveforum★irides.tohoku.ac.jp(★は@に置き換えてください)

2023/12/22

令和5年度 第1回大阪公共図書館協会研修会

テーマ:「ウェルビーイングな地域社会をつくる図書館の可能性」
講師:石川敬史氏(十文字学園女子大学准教授)
日時:2023年12月22日(金) 午後2時~4時(受付は午後1時半から)
会場:大阪市立中央図書館 中会議室(5F)
大阪市西区北堀江4-3-2
TEL 06-6539-3326
参加費:無料
申込:吹田市立子育て青少年拠点夢つながり未来館山田駅前図書館 大塚宛
FAX:06-6816-7723
Email:yamaekilib80★city.suita.osaka.jp(★は@に置き換えてください)
郵送:〒565-0824 吹田市山田西4-2-43 吹田市立子育て青少年拠点夢つながり未来館山田駅前図書館
※メールタイトルは「大阪公共図書館協会研修会 参加申込書」としてください。
締切日 2023年12月5日(火)必着(FAX、メール又は郵送)
・定員に達し次第、締め切ります。
・申込みに対する返信はいたしません。
(定員を超えた場合のみ連絡いたします)
・手話通訳等、配慮が必要な方は、申込時にお知らせください。
対象:府内公共図書館に勤務する職員等
定員:60人程度
主催:大阪公共図書館協会
共催:日本図書館協会
問い合わせ先 堺市立南図書館 三藤(みふじ)
TEL:072-294-0123
Email: mifuji-y★city.sakai.lg.jp(★は@に置き換えてください)
 

2023/12/18

横浜市図書館ビジョン第3回学習と交流のつどい「公共施設等総合管理計画による図書館のダウンサイジングを許さず、市民の願いを実現するためには」

日時:12月18日(月)18:30~20:00
会場:かながわ県民センター 301会議室(横浜駅歩3分)
参加費・資料代:300円
内容:横浜市図書館ビジョン素案の内容・評価、パブコメの予定、市会議員からの報告
主催:横浜市図書館ビジョンを考える市民連絡会 
事務局団体 図書館問題研究会神奈川支部
問合せ・申込: 塚田090-8840-9835
yu01tsukada★icloud.com(★を@に置き換えてください)
詳細:http://libraryfun.net/ylsupporter/?p=165

2023/12/17

2023年度 学校図書館総合研究所 第2回公開講座

日時:2023年12月17日(日) 13:00~16:00
会場:ウインクあいち15階 愛知県立大学サテライトキャンパス
講師:野口武悟(専修大学教授)
演題:「特別支援学校における学校図書館の整備と活用に向けて〜実践的研究から見えてきたこと〜」
メッセージ:
  今日、特別支援学校においても「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善に学校図書館を生かすことが求められています。しかしながら、特別支援学校の学校図書館は、学校司書の配置、蔵書の整備などが後回しにされてきた感が否めません。では、学びの基盤である学校図書館環境の整備・充実を図りながら、どのように授業等で活用を進めていったらよいのでしょうか。今回の講座では、東京都立特別支援学校での取り組みを事例に考えていきたいと思います。
参加費:1,000円
参加申し込み: https://forms.gle/RzU9snhggyz5ymYn8
問い合せ先:NPO法人 学校図書館総合研究所
Webサイト https://sites.google.com/site/2016slori/
メール slori.est.2016★gmail.com(★は@に置き換えてください)

2023/12/17

紙芝居修理講座とバザール~古き良き昭和の紙芝居を演じよう~

 汚破損で処分を考えている紙芝居はありませんか。ちょっとした折れや破れは、ちゃんと手当すれば使えるようになります。紙芝居を持参すれば相談に乗ってもらえます。古き良き紙芝居の頒布もあり。
日時:2023年12月17日(日) 講座13:00~15:00 バザー15:00~17:00
会場:子どもの文化研究所(JR目白駅 徒歩4分 駅左手に交番) 
主催:文民教育協会 子どもの文化研究所・紙芝居資料室 〒171-0031 豊島区目白3-2-9
定員:30名(要事前申し込み) 参加費1,000円 ※バザーは無料
講師:真野節雄氏(都立中央図書館 資料保全専門員)
問合・申込先:子どもの文化研究所 
電話:03-3951-0151 FAX:03-395-0152 
E-mail: info★kodomonobunnka.or.jp(★は@に置き換えてください)
氏名・電話・E-mailをお知らせください。

2023/12/16

令和5年度 東京学芸大学 学校図書館運営専門委員会 文部科学省事業報告会「みんなで使おう!学校図書館Vol.15」

日時:2023年12月16日(土) 13:00~17:00
開催形式:オンライン配信
参加費:無料
内容:授業実践報告・「理科と美術科の教科横断的な学習の試み」附属国際中等教育学校
・「特別支援学校における図書活用~小学部を中心に」附属特別支援学校
研修報告等 ・研修報告 ・データベース事業の意義と継続 高橋菜奈子(東京学芸大学附属図書館学術情報課長)
・サイトリニューアルについて 橋本健志(風夢)
・BookReachとの連携 浅石卓真(南山大学准教授)矢田竣太郎(奈良先端科学技術大学院大学助教)
座談会「学校図書館のミライ~データベース事業15周年を迎えて~
本事業委員 今井福司(白百合女子大学准教授)
長谷川優子(前埼玉県立久喜図書館)
鎌田和宏(帝京大学教育学部教授)
申込:「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」
https://www2.u-gakugei.ac.jp/~schoolib/htdocs/)トップ画面「お知らせ」内の申込フォーム「こちら」に、
お申込みください。
締切:2023年12月15日(金)
問合せ:東京学芸大学 学校図書館運営専門委員会
E-mail: schoolib★u-gakugei.ac.jp(★は@に置き換えてください)

2023/12/15

全史料協関東部会第320回定例研究会「会計年度任用職員制度とアーキビスト」

日時:2023年12月15日(金)14:00ー16:30(13:30-受付開始)
場所:武蔵野プレイス 4階フォーラム(〒180-0023 東京都武蔵野市境南町2-3-18)JR中央線 武蔵境駅南口徒歩2分
定員: 60 名
テーマ: 「会計年度任用職員制度とアーキビスト」
   報告1「会計年度任用職員制度とは?―その概要と課題―」上林陽治氏(立教大学特任教授)
   報告2「認証アーキビストをいかに育てるか―会計年度任用職員としての経験から―」大月英雄氏(滋賀県立公文書館)
参加申込:(1)Googleフォーム利用可の方 https://forms.gle/oBhsnnS5DnivYU1WA
(2)Googleフォーム利用不可の方 下記を明記のうえ事務局までメールにてお申込みください。
 1 参加する者の氏名
 2 機関会員・個人会員・非会員 いずれかに該当するか
 3 所属機関の名称(機関会員は必須、個人・非会員は無記入でも可)
 4 緊急連絡先 メールアドレス
 5 情報交換会(懇親会。定例研究会後、会場周辺にて開催)参加希望の有・無
申し込み先:jimukyoku★jsai-kanto.jp(★を@に置き換えてください)

2023/12/13

第34回保存フォーラム

開催期間:2023年12月13日(水)~2024年1月16日(火)
開催形式:オンライン録画配信(参加登録者限定)
テーマ:フィルムと写真―劣化のしくみと保存対策―
内容:
 報告1「東京都写真美術館における写真の保存」 山口孝子氏(東京都写真美術館保存科学専門員)
 報告2「東京大学経済学図書館におけるマイクロフィルムの保存対策と保存環境について」 小島浩之氏(東京大学大学院経済学研究科講師)
 報告3「写真の支持体とTACベースフィルムの劣化について」 梅本眞氏(フジフイルムスクエア・コンシェルジュ)
 報告4「国立国会図書館におけるマイクロフィルム劣化対策の現況」 吉井伶奈(国立国会図書館収集書誌部資料保存課主査兼保存企画係長)
※動画は報告別にファイルを分けて配信します。
定員:なし
参加費:無料
申込方法:2023年12月5日(火)17:00までに以下のホームページからお申し込みください。
詳細HP:https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/preservationforum34.html
問合せ先:国立国会図書館収集書誌部資料保存課
      TEL.03-3506-5219(直通) E-mail:hozonka★ndl.go.jp(★は@に置き換えてください)

2023/12/12

国立大学図書館協会シンポジウム「オープンサイエンス時代の大学図書館員像:これからの<人材>構築にむけて」

主催:国立大学図書館協会・東北大学附属図書館 (運営:人材委員会)
開催日時及び会場:
日時:令和5(2023)年12月12日(火) 13:20~15:55(受付13:00~)
会場:東北大学 青葉山コモンズ内「翠生ホール」(仙台市青葉区荒巻青葉468-1)※ 対面開催(別途、YouTube同時配信あり)
対象及び定員:大学図書館関係者、および大学図書館の活動に関心のある研究者・学生等
定員:200名(対面のみ:定員に達し次第、申込受付終了)※YouTube配信は定員なし
参加申込方法:下記の申込フォームからお申込みください。 
https://forms.gle/qutNQHgp42yCmkyr8
 ※YouTube視聴の場合も申込が必要です。
 ※YouTube視聴の方には、後日、URLをお知らせいたします。
申込期限:2023年12月5日(火) 17:00
詳細 https://www.janul.jp/ja/news/20231101
問合せ先:国立大学図書館協会人材委員会事務局(東北大学附属図書館総務課)
 E-mail : janul-hrd-jim★grp.tohoku.ac.jp(★は@に置き換えてください)

2023/12/10

東京都立中央図書館令和5年度公開講座「図書館の旅 過去・現在・未来への探求」

2023年、都立中央図書館は開館50年の節目を迎えました。 社会の変化の中で、これから図書館はどのように発展していくのでしょうか。本講座では、全国各地の図書館の状況などを踏まえながら、東京の図書館の歴史や未来について講演します。
日時:12月10日(日)14:00~16:00
会場:東京都立中央図書館4階多目的ホール及びライブ配信(要事前申込)
講師:猪谷千香氏(文筆家・ジャーナリスト)
定員:100名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:無料
申込方法:
1 東京都立図書館ホームページからお申込みください。
https://www.library.metro.tokyo.lg.jp/guide/event/seminar/6859_20231018.html
2 往復はがき
(1)講座名(2)住所(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号を明記の上、申込先へお送りください。
締切:11月20日(月)(はがきは当日消印有効)
申込・問合先:〒106-8575 東京都港区南麻布5-7-13 東京都立中央図書館 都市・東京情報担当 TEL03-3442-8451(代表)

2023/12/09

日本図書館文化史研究会2023年度第2回研究例会

会場:日本図書館協会会館2階研修室(オンライン併用)
参加費:会員1,000円,非会員2,000円
参加申込先:名前・所属、会員/非会員、会場参加/オンライン参加の別を明記し、日本図書館文化史研究会事務局(office★jalih.jp)宛に、12月1日(金)までにメールで(★は@に置き換えてください)
プログラム:研究発表2件(須永和之氏(國學院大学)、小黒浩司氏)
詳細参照:日本図書館文化史研究会HP http://jalih.jp/
 

2023/12/09

2023年度中部図書館情報学会 講演会・研究発表会

日時:2023年12月9日(土) 13:30~16:30
会場:椙山女学園大学 星が丘キャンパス文化情報学部メディア棟1階128教室
内容:
・講演会「生成AIと公共図書館の今と未来」吉本龍司氏((株)カーリル代表取締役)
・研究発表会
 「あいちの海水浴場:愛知県図書館の関連所蔵資料と展示の紹介」成田克己氏(愛知県図書館)
 「公共図書館における児童書の割合についての一考察」村上由美子氏(田原市中央図書館)
申込:中部図書館情報学会Webサイト申込フォームからお申込みください。
締切:
 会場参加:12月5日(火)(当日参加も可能)
 Zoom参加:12月4日(月)
問合せ:中部図書館情報学会
 Webサイト https://sites.google.com/view/chuublils/
 メール chuublils★gmail.com(★は@に置き換えてください)

2023/12/09

慶應義塾大学文学研究科図書館・情報学専攻による大学院説明会

日時:2023年12月9日(土)12:00~(1時間程度)
会場:三田キャンパス 南校舎7階475(zoom参加可能)
詳細はウェブサイト(https://web.flet.keio.ac.jp/slis/)をご確認ください。
※ zoom参加のみ事前申込が必要です。
※ 図書館・情報学分野、情報資源管理分野(実務経験を有する方などを対象)とも同日に行います。

2023/12/07

令和5年度レファレンスサービス研修「人文情報の調べ方」

日程:令和5年12月7日(木)13:30~16:05
開催方法:Web会議システム(Microsoft Teams)を使用したオンライン形式
対象:レファレンス業務に従事する公共図書館、大学図書館、専門図書館等の職員。
 本研修は基礎的な知識及び技術の習得を目指す研修であり、当該分野のレファレンス業務経験の少ない方の受講を想定しています。ただし、それ以外の方でもお申込みいただけます。     
定員:200名。先着順。
申込締切:2023年11月9日(木)
※締切以前でも、定員に達した時点で受付を終了します。
内容の詳細、申込方法や参加にあたっての注意事項は、以下のページの案内をご覧ください。
※令和5年度レファレンスサービス研修「人文情報の調べ方」のご案内
https://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/231011_01.html
問い合わせ先:国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係
 メールアドレス:training★ndl.go.jp(★は@に置き換えてください)
 電話:0774-98-1445

2023/12/07

令和5年度アジア情報研修のご案内

アジア情報の収集・提供に関するスキル向上を図るとともに、アジア情報関係機関間の連携を深めることを目的として、令和5年度アジア情報研修を行います。昨年度に引き続き、日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所と共催で実施します。
テーマ:変化する中国を調べる~ビジネス情報と人口統計~
日時:令和5年12月7日(木)~8日(金)
会場:日本貿易振興機構アジア経済研究所  C21会議室
ただし、新型コロナウイルスの感染拡大の状況によってはWeb会議システムによるリモート開催に変更します。
対象:各種図書館、調査・研究・教育機関、中央省庁・地方公共団体に所属する方、大学院生等。
*主に日本語・中国語の情報源を扱います。
定員:20名(原則、1機関につき1名)。応募多数の場合は調整します。
参加費:無料。ただし、旅費、滞在費等、リモート開催の場合の通信費等は受講者にご負担いただきます。
内容(予定):*受講者の方には、事前課題にご回答いただきます。*「科目1」及び「科目2」は、実習を行います。
12月7日(木)13:15-17:40 
科目1「ビジネス情報を調べる」(国立国会図書館関西館アジア情報課)
講演 「ビジネスとテクノロジーを調べる:中国企業・産業研究のケース」
講師 木村公一朗(アジア経済研究所)
12月8日(金)9:30-12:25 
科目2「人口統計から調べる」(アジア経済研究所学術情報センター)
申込締切:令和5年10月12日(木)
*参加の可否は、令和5年10月20日(金)までにお知らせします。
※内容の詳細、申込方法は、次のページをご覧ください。
https://rnavi.ndl.go.jp/jp/asiaresource/asia-workshop/asia-workshop2023.html
問合せ先:国立国会図書館 関西館 アジア情報課
電話 0774(98)1371(直通)
電子メール ml-k-asia★ndl.go.jp(★は半角記号の@に置き換えてください。)

2023/12/03

むすびめ講演会(オンライン)<学校司書として移民の子どもたちと向き合って>

日時:2023年12月3日(日)午前10時から12時  
   講演の後、午前11時30分から12時まで懇親会を予定しています。
開催方法:オンライン形式
主催:むすびめの会
ゲストスピーカー:リーパーすみ子さん(アメリカ南西部、ニューメキシコ州アルバカーキ在住、元学校司書)
 樺太生まれのリーパーすみ子さんは、敗戦で日本に引き揚げ、会社員の後、30代にアメリカに渡り現地で結婚。その後20年間学校司書として働いた様子は、1996年に発行した『ライブラリアン奮闘記 人種のるつぼ、アメリカの学校で』(径書房)に書かれました。むすびめの会では、1997年に講演会をして頂きました。
 80代を迎えたすみ子さんは、なお執筆意欲は旺盛で、今年だけでも以下の2冊の本を出版しています。
 『アメリカの幼稚園ではこうやって英語を教えている』径書房(2023.10)『年齢なんて単なる数字よ! Age is just a number!』 amazon オンデマンド出版(2023.6)
申込方法:以下の<必要事項>を記入し、11月24日(金)までに下記のアドレスにお送りください。
  ab.haruko[@]gmail.com 事務局 阿部治子宛て ※[@]を半角にしてお送りください。
<必要事項>
[1] 氏名(フルネーム)
[2] 会員/非会員
[3] 参加地(国・地域名または都道府県名)
[4] 住所(勤務先または自宅)あるいは所属
[5] 今回の講演会のことを知った情報源(例)〇〇メーリングリスト、○○ さんの紹介など
[6] (初参加の方のみ)会報誌送付希望の有無
  初めて むすびめの会に参加される方でご希望の方には、会報誌を一部謹呈します。

2023/12/02

日本図書館研究会第14回国際図書館学セミナー

日時:2023年12月2日(土)13:30~16:40,12月3日(日)10:00~16:30
テーマ:図書館DXの可能性:日本・中国における変革の潮流と実践的取り組み
会場:同志社大学今出川キャンパス 良心館RY203教室
主催:日本図書館研究会,上海市図書館学会
共催:情報知識学会
申込:事前申込要(11月24日〆切)
詳細HP:https://www.nal-lib.jp/2023kokusai/

1 2 3 4 5 ...

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841