北海道胆振東部地震により被害に遭われている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

西日本を中心とした豪雨により被害に遭われている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

図書館災害対策委員会のページ
東日本大震災対策委員会のページ

 

JLA主催行事

日本図書館協会資料保存委員会 資料保存見学会

テーマ:保護保存用紙の現場を訪ねる-特種東海製紙-
主催:日本図書館協会資料保存委員会
日時:2019年6月10日(月)10:15-15:30 ※JR東海道本線線三島駅北口に10:00までに集合。三島駅北口からタクシーに同乗して特種東海製紙に向かいます(約5分)。
見学先:特種東海製紙株式会社 三島工場とPam三島(静岡県駿東郡長泉町本宿437番地)
内容:特種東海製紙は、保存箱等の保存容器などに使用する保護保存用紙を、日本で唯一製造している製紙会社です。静岡県三島にある工場と工場敷地内の展示施設「Pam三島」を見学させていただきます。
定員:20名(申込先着順)
参加費:無料 ※交通費は各自負担。また、昼食はご持参ください。
申込方法:件名を「特種東海製紙 見学会・申込」とし,1.氏名(ふりがな),2.所属,3.連絡先 住所,4.電話番号を明記の上,E-mailにて下記まで。
締切:2019年5月29日(水) ※ただし、定員になり次第締め切ります。
申込・問合先: 日本図書館協会資料保存委員会事務局・川下
 (電話03-3523-0816 E-mail:kawashita_at_jla.or.jp)

シンポジウム「超高齢社会と読書 -図書館の底力-」“生涯、社会に関わりながら生きていくために

人生100年時代を迎え、全ての人が社会との関わりを保ち続けながら、生涯にわたり活躍することのできる社会の実現が望まれているなか、高齢を迎えても生き生きと健康に生きるため、読書や図書館の役割に注目が集まりつつあります。
このシンポジウムは、情報工学研究者、出版関係者、図書館現場からの報告と討論の中から、読書と図書館の持つ新しい可能性について、未来志向で語り合う集いです。                
開催日 2019年6月10日(月) 午後6時~8時  
会場  千代田区立日比谷図書文化館(大ホール)
主催  公益社団法人日本図書館協会 協力:一般社団法人日本書籍出版協会
パネラー;
坂田一郎氏(東京大学工学系研究科教授、同政策ビジョン研究センター長)
上田渉氏(日本オーディオブック協議会常任理事)
豊山希巳江氏(山武市成東図書館、日本図書館協会認定司書第1119号)
植松貞夫氏(筑波大学名誉教授) 兼コーディネータ
参加費 1,000円(資料代)
申込方法 
6月5日(水)までに、下記URLを開き、申込フォームよりお願いいたします。
http://www.jla.or.jp/calendar/tabid/801/Default.aspx
シンポジウムのチラシはこちら
FAX申し込みはこちら

2019年度JLA図書館情報学教育部会第1回研究集会

日時:2019年6月9日(日)14:15~16:45
会場:日本図書館協会会館2階研修室
テーマ:
  第一部 図書館情報学教育の動向報告:青山学院大学の事例
  第二部 大学院における図書館情報学教育
報告者:小田光宏氏(青山学院大学),松本直樹氏(慶應義塾大学),角田裕之氏(鶴見大学),青柳英治氏(明治大学)
参加費:部会員 1,500円,JLA会員 2,000円,非JLA会員 3,000円
     (当部会へ指定寄付を行った方は無料)
申込方法:以下のサイトよりお申込みください。
     https://forms.gle/1eGhRewMcwdDj2WVA
詳細HP:http://www.jla.or.jp/divisions/kyouiku/tabid/276/events/tabid/368/Default.aspx

障害者サービス担当職員養成講座(基礎コース)

開催日:2019年6月5日(水)~7日(金)
会場:日本図書館協会2階研修室 他
対象:公共図書館職員、類縁機関の職員(経験年数、担当等不問)、学生の聴講については要相談
定員:20名(先着順)
修了証:全日程受講者に、修了証を授与します。
参加費:10,000円(資料代を含みます)
事前課題:事前に作文を提出(詳細はHPを参照してください)
主な内容:
・障害者サービスの理念、各サービスの紹介と具体的実施方法
・【基礎コース・中級合同講座】障害者サービスのための著作権法解説
・障害者サービス用資料(入手方法、相互貸借、サピエ図書館・国会図書館サーチの活用方法)
・障害者の理解と配慮すること
・マルチメディアデイジーを活用した障害者への情報支援
・特別支援学校における取り組み、電子書籍のアクセシビリティ
・聴覚障害者への図書館サービス
・高齢者・障害のある子ども・知的障害者への図書館サービス
・実習:小グループに分かれて、先進館で1日、実務を体験します
申し込み締切り:5月20日(月) 定員になり次第締め切り
 詳細、申込方法、障害者サービス委員会ウエブページ:
 http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/2019kiso.html

障害者サービス担当職員養成講座(中級)

開催日:2019年6月5日(水)講座は選択制です
会場:日本図書館協会
対象:次のすべてを満たす方 
・障害者サービスの経験が2年以上ある方
・毎年日本図書館協会と国立国会図書館関西館で開催される「障害者サービス担当職員養成講座 (基礎コース)」を受講した方もしくはそれと同等の研修会の受講歴のある方
・図書館職員(館種、雇用形態は問わない)もしくは類縁機関の職員(将来図書館に異動する予定の者を含む)
定員:18名(先着順)
参加費:一人1,000円(資料代を含みます。部分受講でも全部受講でも同一)
主な内容:6月5日
  講座A 「障害者サービスのための著作権法解説」(基礎コースと合同研修)
  講座B 「よりよい録音資料製作のために図書館が行うべきこと」
申込締切:5月20日(月) 定員になり次第締め切り
詳細、申込方法、障害者サービス委員会ウエブページ:
 http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/2019chukyu.html

第11回日本図書館協会九州地区図書館の集い

「これからの時代の「読書」とは~第四次「子供の読書活動の推進に関する基本計画」を読む~」
主催:日本図書館協会九州地区図書館の集い実行委員会
日時:2019年3月17日(日)11:00~15:35
会場:福岡県立図書館 本館地下レクチャールーム
内容:「第四次「子供の読書活動の推進に関する基本計画」を読む」野口武悟氏(専修大学教授)、[パネルディスカッション]パネリスト:野口武悟氏(専修大学教授)、一ノ瀬留美氏(筑後市立図書館長)、佐田牧子氏(柳川市立藤吉小学校学校司書)、コーディネータ:永利和則教授(福岡女子短期大学、日本図書館協会理事)
対象:日本図書館協会会員、学校図書館協議会会員、西日本図書館学会会員、図書館関係者および図書館に関心のある人
参加費:500円(資料費込)
問合先:永利和則(日本図書館協会理事・福岡女子短期大学) 福岡県太宰府市五条四丁目16番1号 TEL:092-922-6453

図書館政策セミナー「公立図書館の所管問題を考える」

主催:日本図書館協会図書館政策企画委員会
日時:3月16日(土)13:30~16:00
会場:日本図書館協会研修室
内容:社会教育施設を長部局に移管することへの疑問(鑓水三千男)、資料:公立図書館の所管をめぐるこれまでの動きと今後、質疑応答
参加費:500円(資料代)
定員:60名(申込先着順締切)
申込方法:件名を「3.16.図書館セミナー」とし、以下を記載の上、E-mailかFAXでお申し込みください。1氏名、2所属、3連絡先(電話、E-mailのいずれか)
申込締切:3月8日(金)17:00
問合せ・申込先:日本図書館協会・秦 TEL.03-3523-0816 FAX.03-3523-0841 E-mail:zasshi_at_jla.or.jp

災害と図書館

主催:日本図書館協会東日本大震災対策委員会
共催:図書館施設委員会・資料保存委員会
日時:2019年3月15日(金)18:00~20:00
会場:日本図書館協会2階研修室
講師:加藤孔敬氏(宮城県名取市図書館/図書館災害対策委員会委員)
定員:80名(事前申込不要)
参加費:500円
問合先:東日本大震災対策委員会 TEL:03-3523-0812 E-mail:shinsai_at_jla.or.jp

「子どもと図書館 今、世界は ―各国の取組から」(交流会)

日本図書館協会では、国際図書館連盟(IFLA)児童・ヤングアダルト図書館分科会とともに児童図書館員のための交流会を実施します。
主催:IFLA児童・ヤングアダルト図書館分科会、日本図書館協会
協力:日本図書館協会児童青少年委員会、同国際交流事業委員会
日時:2019年3月5日(火)13:30-16:30
会場:日本図書館協会2階研修室
主な内容:IFLAの取り組みおよび新しく改訂された児童・ヤングアダルト図書館のガイドラインの紹介、デンマーク、ドイツ、北米、日本からの事例報告等。
定員:50名(先着順)
参加費:無料
申込方法:件名に「3月5日交流会」、本文にお名前(ヨミ)、ご所属、電話番号をご記入の上、下記メールアドレスまで送りください。※電話でも申込可能です。
申込・問合先:児童青少年委員会事務局・川下 E-mail:jidou_at_jla.or.jp TEL:03-3523-0811
詳細:児童青少年委員会HP:http://www.jla.or.jp/committees/jidou/tabid/275/Default.aspx

複合研修会「改正著作権法セミナー」「図書館実践シリーズ 図書館利用に障害のある人々へのサービス 印刷版・電子版刊行記念セミナー」

主催:日本図書館協会 企画・運営:障害者サービス委員会
共催:大阪府立中央図書館(大阪会場)
日にち:[大阪]2019年2月22日(金)[東京]2019年2月26日(火)
時間(両会場共通):10:00~16:30(9:30受付開始)
会場:[大阪]大阪府立中央図書館大会議室、[東京]日本図書館協会2階研修室
内容(両会場共通):[午前]著作権セミナー「改正著作権法と障害者サービス」(1)「改正法・政令の内容と障害者サービの具体的取組」佐藤聖一氏(埼玉県立久喜図書館・日本図書館協会障害者サービス委員会委員長) (2)質疑、[午後]図書館実践シリーズ図書館利用に障害のある人々へのサービス印刷版・電子版刊行記念セミナー(1)「図書館利用に障害のある人々へのサービス」刊行の意義と内容紹介 椎原綾子氏(目黒区立八雲中央図書館・日本図書館協会障害者サービス委員会関東小委員会委員
会)(2)種々な再生ツールを用いたアクセシブルな電子版のデモンストレーション 杉田正幸氏(大阪府立中央図書館・日本図書館協会障害者サービス委員会関西小委員会委員長・日本図書館協会認定司書第1138号)(3)質疑(4)「アクセシブルな電子書籍を普及させよう」[終了後]印刷版・メディア版の割引販売と、ダウンロード版の販売支援
対象:公共図書館・大学図書館・学校図書館の職員、及び類縁機関の職員、出版関係者など、アクセシブルな電子書籍に関心のある者
定員:[大阪]72名[東京]80名
参加費:無料
申込方法:1)希望する会場(大阪・東京)、2)氏名(フリガナ)、3)所属(ある場合)4)連絡先(メールアドレスまたは電話番号)、5)参加内容(全日程、午前のみ、午後のみ)を明記のうえメールまたはFAXにてお申込ください。(申込受付については参加できない場合のみ連絡します)
障害による配慮:点字・テキストデータなどの資料希望、駅からの送迎希望、手話通訳・要訳筆記希望がある場合は申込時にお申し出ください。(手配の都合上2月15日(金)まで)
申込締切:2月18日(定員になり次第締切)
申込先:E-mail:info_at_jla.or.jp FAX:03-3523-0841
問合先:日本図書館協会障害者サービス委員会事務局:若月 TEL:03-3523-0811
詳細HP:http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/201902seminar.html

図書館基礎講座in九州

主催:日本図書館協会図書館基礎講座九州地区実行委員会
日時:2019年2月18日(月)、3月11日(月)10:00~16:15
会場:佐世保市立図書館
内容:[2月18日]1.「図書館の基礎」下川和彦氏(久留米大学)、2.「出版流通と資料選択」小形亮氏(練馬区立石神井図書館)、地域限定講座「『図書館』をPRする-佐世保市立図書館の取組み」田中裕子氏(佐世保市立図書館、日本図書館協会認定司書1128号)[3月11日]3.「図書館の自由」山口真也氏(沖縄国際大学)、4.「現代の図書館の動向」永利和則氏(福岡女子短期大学)、地域限定講座「佐世保市立図書館における児童サービス」佐志純子氏(佐世保市立図書館、日本図書館協会認定司書1136号)
定員:各科目80名(先着順受付)
参加費:1講座500円(資料代、地域限定講座は無料)
申込方法:1)氏名(ふりがな)、2)所属(勤務先図書館名等)、3)電話番号(当日連絡可能なもの)、4)メールアドレス、5)受講希望講座を記入のうえメールまたはFAXでお申し込みください。
申込先:E-mail:kikaku_at_jla.or.jp FAX:03-3523-0841
問合先:日本図書館協会・秦 TEL:03-3523-0816

日本図書館協会資料保存委員会資料保存セミナー

日時:2019年2月18日(月)9:30~16:30
会場:日本図書館協会2階研修室
テ-マ:図書資料の修理-基本的な考え方と知識・技術-
講師:眞野節雄(資料保存委員会委員長・東京都立中央図書館資料保全専門員)
内容:壊れたら修理するのか。何のために修理するのか。何を使って、どうやって、どこまで修理するのか。どんな修理をめざすのか。やってはいけないことは何か。製本のしくみや工夫を知り、健全でやさしく美しい修理ができる4条件…講義と実習で 学びます。実習は、破れの補修などの基礎と表紙の外れた本の修理を予定しています。
持参するもの:カッターナイフ、定規(30cm以上) 、ハンドタオル(小)2枚、ハサミ、ハードカバーでホローバックの壊してもよい本。厚さ1cm以上(実習用)。
参加費:無料
定員:20名(申込先着順、ただし1機関1名となる場合もあります)
申込方法:申込方法:氏名、住所、電話番号、所属を明記の上、E-mailにてお申し込みください
申込先:日本図書館協会資料保存委員会担当:川下 E-mail:kawashita_at_jla.or.jp

第40回(2018年度)図書館建築研修会「新しい複合施設図書館の建築と運営」

主催:日本図書館協会図書館施設委員会
日時:2019年2月9日(土)10:00~17:40
会場:大和市文化創造拠点シリウス(小田急江ノ島線・相鉄本線 大和駅徒歩3分)
内容:基調報告「多機能融合型複合図書館について」植松貞夫氏(図書館施設委員会)/中井孝幸氏(図書館施設委員会)/ランチタイム情報交換会/事例報告:(1)「長野県塩尻市立図書館本館(えんぱーく)」 伊東直登氏(松本大学図書館館長)(2)「愛知県安城市図書情報館(アンフォーレ)」岡田知之氏(安城市アンフォーレ課長兼図書情報館長) (3)「玉川大学教育学術情報図書館」武林輝曉氏(玉川大学教育学術情報図書館次長)(4)「神奈川県大和市文化創造拠点シリウス」前嶋清氏(大和市図書・学び交流課課長),山口健児氏(株式会社佐藤総合計画プロジェクトリーダー),來嶋芙実氏(大和市立図書館 館長)/質疑応答,意見交換/見学会「大和市文化創造拠点シリウス」/懇親交流会
定員:100名(申込先着順・定員次第締切)←募集終了しました
申込方法:詳細HP内の申込書に必要事項記載のうえE-mailまたはFAXにてお申し込みください。
*①資料代:会員 3,000円,一般 5,000円,学生 2,000円,②昼食代:1,000円(予定),③懇親会:5,000円(予定,別会場)
申込・問合せ先:FAX 03-3523-0841 E-mail: shisetsu_at_jla.or.jp
詳細・申込フォーム:http://www.jla.or.jp/tabid/283/Default.aspx
申込締切:2019年1月11日(金)

図書館基礎講座in香川

主催:図書館基礎講座in香川開催実行委員会
日時:2019年1月15日(火)、2月12日(火)10:30~16:30
会場:高松市国分寺図書館 研修展示室
内容:[1/15]「現代の図書館の動向」嶋田学氏(瀬戸内市民図書館)、「図書館の基礎」山重壮一氏(高知県立図書館)、特別講座「会計年度任用職員と同一労働同一賃金」小形亮氏(JLA非正規雇用職員に関する委員会)、[2/12]「出版流通と資料選択」小形亮氏(練馬区立石神井図書館)、「図書館の自由」鈴木章生氏(高知県立図書館)、特別講座「ことひらまちじゅう図書館の取り組み」嶋田貴子氏(ことひらまちじゅう図書館代表)
定員:各科目40名(先着順受付)
参加費:1講座500円 ※当日会場で申受けます(特別講座は無料)
申込方法(締切):1氏名(ふりがな)、2所属(勤務先図書館名等)、3電話番号(当日連絡可能なもの)、4メールアドレス、5受講希望講座を記入のうえ,メールまたはFAXで以下までお申し込みください。
申込先:E-mail:kikaku_at_jla.or.jp FAX:03-3523-0841
問合先:日本図書館協会・秦 TEL:03-3523-0816

「図書館システムのデータ移行問題検討会報告書」報告会及び学習会

主催:元日本図書館協会図書館システムのデータ移行問題検討会
日時:2018年12月17日(月)午後2時~5時
場所:日本図書館協会2階研修室
内容:「報告書」説明 米田渉(検討会元委員・成田市立図書館)/学習会「図書館システム個人パスワードの管理と移行の課題(仮題)」吉本龍司氏((株)カーリル代表取締役)
参加費:500円
申込:下記アドレスまで、電子メールでお申込みください。件名は「12月17日報告会参加」として、氏名・所属・連絡先をお知らせください。
 電子メール:oba_at_jla.or.jp
※当日参加も可能ですが、資料準備の都合上できるだけご連絡ください。
詳細HP:http://www.jla.or.jp/tabid/590/Default.aspx

大和市文化創造拠点「シリウス」:大和市立図書館見学

主催:日本図書館協会 企画・担当:健康情報委員会
日時:2018年12月17日(月)13:20~15:00
会場:大和市立図書館(神奈川県)
対象:健康情報サービスに関心がある図書館員および一般の方
定員:40名(先着順) 参加費:500円
申込方法:件名を「見学会参加」として、(1)氏名, (2)所属を記入しメールでご連絡ください。 申込先:E-mail:kenko@jla.or.jp
問合先:日本図書館協会健康情報委員会・柚木
HP:http://www.jla.or.jp/committees/kenko/tabid/266/Default.aspx

日本図書館協会「図書館基礎講座in東海」

主催:日本図書館協会図書館基礎講座東海地区実行委員会
日時:12月2日(日)・3日(月)10:30~16:45
会場:[2日]田原文化会館、[3日]豊橋市中央図書館
内容:[2日]「現代の図書館の動向」是住久美子氏(田原市中央図書館)、「出版流通と資料選択」西千里氏(岡崎市立中央図書館)、田原市中央図書館見学ツアー、[3日]「図書館の基礎」高柳有理子氏(田原市中央図書館)、「図書館の自由」田中敦司氏(名古屋市北図書館)、豊橋市中央図書館見学ツアー、(豊橋駅周辺で懇親会、会費4,000円程度)
定員:各科目40名(先着順)
参加費:1科目500円(1科目でも受講可。見学ツアーは受講者のみ)
申込方法:(1)名前(ふりがな)(2)所属(3)受講希望科目(見学含)(4)電話番号(5)メールアドレス(6)領収書の有無(7)懇親会参加の有無を明記の上、件名「基礎講座東海申し込み」としてメール(kikaku_at_jla.or.jp) またはFAX(03-3523-0841)にお送りください(メール申込歓迎)。
申込締切:11月27日(火)14:00
問合先:日本図書館協会・秦 TEL:03-3523-0816

平成30年度全国公共図書館研究集会(サービス部門総合・経営部門)

研究主題:超高齢社会の中で図書館の果たすべき役割とは」
主催:公益社団法人日本図書館協会公共図書館部会、石川県教育委員会、石川県公共図書館協議会 主管:石川県立図書館
期日:2018年11月29日(木)・30日(金)
会場:石川県立美術館ホール
参加者:全国の公共図書館及び関係機関の職員、学校及び教育委員会の関係者、図書館活動の関係者ならびに図書館に関心のある方
内容:基調講演「超高齢社会と図書館」(筑波大学図書館情報メディア系教授 呑海沙織氏)、事例発表(1)「「親子で認知症を学ぶ会」について」(福井市立図書館主幹 岩城典子氏)、(2)「図書館と多世代の市民との協創から生まれるもの」(つづき図書館ファン倶楽部(横浜市)江幡千代子氏、(3)瀬戸内市民図書館の高齢者サービス:回想法(瀬戸内市民図書館館長 嶋田学氏)、全体会(パネルディスカッション)「超高齢社会の中で図書館の果たすべき役割とは」、情勢報告(公益社団法人日本図書館協会)
参加費等:研究集会参加費資料代3,000円 情報交換会参加費6,000円
申込方法:別紙「参加申込書」に必要事項を記入の上、FAX、郵送、Eメールにてお申し込みください。
申込期限:平成30年10月5日(金)必着
問合先:平成30年度全国公共図書館研究集会(サービス部門総合・経営部門)実行委員会(石川県立図書館企画協力グループ)高嶋、黒崎 920-0964石川県金沢市本多町3-2-15 TEL:076-223-9581 FAX:076-222-2531 E-mail:ibkikaku_at_pref.ishikawa.lg.jp
要項・申込書は日本図書館協会公共図書館部会HPからダウンロードできます。
http://www.jla.or.jp/divisions/koukyo/tabid/272/Default.aspx

平成30年度 障害者サービス担当職員向け講座

主催:日本図書館協会
共催:国立国会図書館関西館
講義日時:11月20日(火)~21日(水)
実習日時:11月22日(木)
[講義]会場:国立国会図書館関西館
[実習]会場:各実習協力機関
内容:障害者サービスと障害者差別解消法,障害者サービス用資料(入手方法、相互貸借、サピエ図書館・国会図書館サーチの活用方法),視覚障害者へのサービス,聴覚障害者へのサービス,国立国会図書館の障害者図書館協力サービス,発達障害者に対するサービス,障害者向け機器の紹介,障害のある子どもへのサービス,著作権法と障害者サービス,障害者サービスの始め方,/その他/ 実習:小グループに分かれて、先進館で1日実務を体験します/デモ:障害者サービス用資料展示
対象:公共図書館職員、大学図書館職員ほか
定員:30人(実習は公共図書館職員を優先し申込先着順)
参加費:無料
申込締切:10月18日
申込方法:講義は国立国会図書館関西館障害者図書館協力係、実習は日本図書館協会障害者サービス委員会事務局にお申込ください。(実習のみの申込不可)詳細は、以下のHPをご覧ください。
[講義]国立国会図書館
視覚障害者等への図書館サービスのHP:http://www.ndl.go.jp/jp/library/supportvisual/supportvisual-kouza.html
[実習]日本図書館協会障害者サービス委員会HP:http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/2018kansai.html

図書館政策セミナー「会計年度任用職員と同一労働同一賃金」

主催:日本図書館協会図書館政策企画委員会・非正規雇用職員に関する委員会
日時:2018年11月17日(土)13:30-16:30
会場:日本図書館協会  2階研修室(東京都中央区新川1-11-14)
講師:上林陽治(地方自治総合研究所研究員)
参加費:500円
申込み:事前申し込み不要 直接会場へおいでください
問合先:日本図書館協会・秦 TEL.03-3523-0816 E-mail:kikaku_at_jla.or.jp

1 2 3 4 5 ...

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841