図書館イベントカレンダー

ここには図書館をテーマとする図書館員向けイベントを掲載しています。各地の図書館が催す利用者向けの講演会や展示会はそれぞれの図書館のホームページをご覧ください。

研究集会等の情報をお寄せください。
E-mail:info_at_jla.or.jp
※メールアドレスの@はスパム防止のため_at_としています。送信する時は@(半角)にしてください。

2017/11/18

日本図書館研究会第12回国際図書館学セミナー

日時:2017年11月18日(土)~11月19日(日)
テーマ:国際的視点で図書館・図書館サービスを考える:日本・中国・北欧・アメリカの実践・思想・課題
会場:同志社大学烏丸キャンパス 志高館SK112教室
参加費:日本図書館研究会会員2,000円,非会員3,000円,学生1,000円(事前申込要)
詳細HP:http://www.nal-lib.jp/events/seminar/2017/kokusai-invit.html

2017/11/14

平成29年度 障害者サービス担当職員向け講座

主催:日本図書館協会
共催:国立国会図書館関西館
講義日時:11月14日(火)~15日(水)
実習日時:11月16日(木)・17日(金)・20日(月)・22日(水)のいずれか
[講義]会場:国立国会図書館関西館
[実習]会場:各実習協力機関
内容:障害者サービスと障害者差別解消法,視覚障害者へのサービス,聴覚障害者へのサービス,知的障害者に対するサービス,障害者サービス用資料(入手方法,相互貸借,サピエ図書館・国立国会図書館サーチの活用方法),著作権法と障害者サービス,障害者向け機器の紹介,発達障害のある利用者に対するサービス,障害者サービスの始め方/その他/ 実習:小グループに分かれて、先進館で1日実務を体験します/デモ:障害者サービス用資料展示
対象:公共図書館職員、大学図書館職員ほか
定員:30人(実習は公共図書館職員を優先し申込先着順)
参加費:無料
申込締切:10月12日(木)
申込方法:講義は国立国会図書館関西館障害者図書館協力係、実習は日本図書館協会障害者サービス委員会事務局にお申込ください。(実習のみの申込はできません)詳細は、以下のホームページをご覧ください。
[講義]国立国会図書館 視覚障害者等への図書館サービスのHP:http://www.ndl.go.jp/jp/library/supportvisual/supportvisual-kouza.html
[実習]日本図書館協会障害者サービス委員会HP:http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/2017kansai.html

2017/10/30

図書館基礎講座2017 in関西

主催:日本図書館協会図書館基礎講座関西地区実行委員会
共催:和歌山大学クロスカル教育機構学術情報センター図書館
日時:10月30日(月),11月7日(火)10:00-16:30
会場:和歌山大学クロスカル教育機構学術情報センター図書館3階 マルチルーム1(10月30日),和歌山県立図書館2階講義・研修室(11月7日)
内容:1(10/30午前)著作権法と図書館(南亮一),2(10/30午後1)図書館サービスの動向(日置将之),特別講座1(10/30午後2)和歌山大学図書館の取り組み+施設見学(渡部幹雄・予定),3(11/7午前)図書館の基礎(相宗大督),4(11/7午後1)図書館の自由(奥野吉宏),特別講座2(11/7午後2)高齢者と絵本(喜多由美子)
資料費:1科目200円(特別講座は無料)
定員:先着順受付(10月30日:50名/11月7日:80名)
申込方法:1名前,2電話番号,3所属,4受講希望科目を明記の上,Eメールで次まで
申込先:E-mail:jlakiso_at_gmail.com
問合先:日本図書館協会・秦(TEL.03-3523-0816 FAX.03-3523-0841)

2017/10/26

平成29年度アジア情報研修

日時:2017年10月26日(木)~27日(金)
会場:日本貿易振興機構アジア経済研究所
テーマ:台湾情報の調べ方~諸制度と統計を中心に~
対象:各種図書館、調査研究・教育機関、中央省庁・地方公共団体等に属する方。
定員:12名(原則、1機関につき1名)。応募多数の場合は調整します。
参加費:無料。ただし旅費・滞在費などは受講者の負担とします。
申込締切:2017年10月1日(日)(参加の可否は、平成29年10月5日(木)までにお知らせします。)
申込・問合先:国立国会図書館関西館アジア情報課 E-mail:ml-k-asia_at_ndl.go.jp FAX:0774-94-9115 TEL:0774-98-1371(直通)
申込方法・詳細HP:http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-workshop29.php

2017/10/23

日本図書館研究会第333回研究例会

日時:2017年10月23日(月)14:00~15:30
会場:近畿大学中央図書館及びビブリオシアター
テーマ:近畿大学中央図書館及びビブリオシアター見学
参加費:無料(要事前申込)
詳細HP:http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2017/333invit.html

2017/10/19

未来の図書館研究所 公開講演会

主催:株式会社未来の図書館研究所
後援:日本図書館情報学会
日時:2017年10月19日(木)15:30~17:40
会場:東京都文京区本郷5-23-12 鳩山ビル6階
テーマ:変わりゆく時代の図書館、図書館情報学教育、図書館情報専門職
 “The Global Transformation of Libraries, LIS Education, and LIS Professionals”
 (講演は英語、日本語逐次通訳付き)
講師(発表者):Sandra Hirsh(サンドラ・ハーッシュ)氏/サンノゼ州立大学教授・情報学研究科長,(2017年立教大学招へい研究員)
通訳者:中村百合子氏/立教大学教授
定員:35名 参加費:無料
申込方法:問合先へのメール、電話または以下の申込フォームよりお申込みください。
申込フォーム:https://www.miraitosyokan.jp/future_lib/lecture/201710/
問合先:未来の図書館 研究所 E-mail:info_at_miraitosyokan.jp
  TEL:03-6673-7287 FAX:03-6772-4395
交流会:講演会後、サンドラ氏・中村氏を囲んでの会食を予定。当日ご都合のつく方はご参加ください(参加費3,000円)。

2017/10/19

平成29年度レファレンス・サービス研修

主催:国立国会図書館
日程・会場:以下の2回実施します。
・「レファレンス・サービス研修-科学技術情報を中心に-」
 2017年10月19日(木)、20日(金)関西館第1研修室
・レファレンス・サービス研修-経済社会情報を中心に-」
 2017年12月14日(木)、15日(金)東京本館新館3階大会議室
内容:レファレンス・サービスの理論とともに、特定分野のレファレンスツールや調べ方について知識を深める。
対象:公共図書館職員、大学図書館職員及び専門図書館職員など。応募時点でレファレンス業務に従事しており、同業務経験3年程度以上の方を想定。(3年未満の方でもお申込みいただけます)
定員:各会場32名。応募多数の場合抽選を行います。
申込締切:2017年8月18日(金)17:00
問合先:国立国会図書館関西館図書館協力課研修交流係(担当:夏目、小篠、飯島)TEL:0774-98-1445 E-mail:training_at_ndl.go.jp
詳細HP:http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/170718_01.html

2017/10/13

第103回全国図書館大会東京大会 特別セッション「認知症と図書館を考える-超高齢社会をともに生きるために-」

第18分科会は「特別セッション」として開催されます。超高齢社会で図書館が果たすべき役割、認知症の方が住み慣れた地域で生活するために図書館が出来ることについて検討します。皆様のご参加をお待ちしております。
http://jla-conf.info/103th_tokyo/index.php/subcommittee/section18
日時:2017年10月13日(金) 13:30~16:30
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟4階セミナーホール
プログラム:第1部 基調講演「ともにつくる認知症にやさしい図書館とそのガイドライン」講師:呑海沙織(筑波大学図書館情報メディア系・知的コミュニティ基盤研究センター教授)、第2部 パネルディスカッション「超高齢化社会をともに生きるための図書館づくり」・VTRによる実践例の紹介
※当日に映像収録を行います。
申込方法:第103回全国図書館大会ホームページの「大会参加申込」からお申込ください。
問合先:日本図書館協会第103回全国図書館大会事務局
http://jla-conf.info/103th_tokyo/index.php/registration

2017/10/12

平成29年度(第103回)全国図書館大会東京大会

開催期間 2017年10月12日(木)~10月13日(金)
開催会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
大会テーマ :まちづくりを図書館から
大会ホームページ: http://jla-conf.info/103th_tokyo/index.php/
参加申込案内:http://jla-conf.info/103th_tokyo/index.php/registration

2017/10/11

第103回全国図書館大会関連行事 東京本館見学及び展示会ガイダンス

開催日:2017年10月11日(水)
時間:午前の回(定員20名):10:00~11:30(受付開始:9:45) 午後の回(定員20名):14:00~15:30(受付開始:13:45)
会場:国立国会図書館 東京本館
対象者:図書館大会参加者、その他の図書館関係者及び図書館に関心のあるすべての方
主催:国立国会図書館
費用:無料(要申込)
詳細・申込:http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20171011librarytour.html

2017/10/11

未来の図書館 研究所 第2回シンポジウム「図書館とソーシャルイノベーション」

主催:株式会社未来の図書館 研究所
日時:2017年10月11日(水)13:30~16:30
会場:日比谷図書文化館内(地下1階) 日比谷コンベンション大ホール
内容:図書館のこれからのあり方として、種々の社会的ニーズに新たな枠組みで対応して、よりよい社会を目指すソーシャルイノベーションとの関わりが注目されています。今回は、この観点から、二人の有識者をお招きし、図書館のあり方について考えていきます。
講演者・パネリスト:太田剛氏(図書館と地域をむすぶ協議会チーフディレクター)、宇陀則彦氏(筑波大学図書館情報メディア系准教授)
コーディネーター:永田治樹(未来の図書館研究所所長)
定員:200名
参加費:無料
申込方法:以下のアドレスまたは申込フォームよりお申込ください。
申込フォーム:https://www.miraitosyokan.jp/future_lib/symposium/2nd/
交流会参加費:3,000円(定員80名,交流会参加希望者は10月4日までにシンポジウムと共にお申込みください)
問合先:未来の図書館 研究所 E-mail: info_at_miraitosyokan.jp TEL:03-6673-7287 FAX:03-6772-4395

2017/10/09

シンポジウム「学校図書館の出番です」

主催:公益財団法人 文字・活字文化推進機構
日時:2017年10月9日(月・祝)13:30~16:00
会場:びわ湖ホール 小ホール
内容:第1部 シンポジウム「学校図書館の出番です」第2部 講演「子ども時代の読書と図書館づくり」 講師:安藤忠雄(建築家、東京大学名誉教授)
参加費:無料
詳細・申込:http://www.mojikatsuji.or.jp/katsudou.html#deban

2017/10/06

読書支援サポート講座

主催:科学研究費助成事業「公共図書館における知的障害者のための合理的配慮のあり方に関する研究」研究委員会
会場:吹田市立中央図書館 3階第2集会室
日程・内容:3回連続講座。(1日単位の受講可。)10月6日(金)「図書館の障がい者サービスと知的障がい者」野口武悟氏(専修大学文学部教授)、「知的障がい者にとってわかりやすい本と視聴覚資料」藤澤和子氏(大和大学 保健医療学部 教授)、10月20日(金)「知的障がい者との関わり方」打浪文子氏(淑徳大学短期大学部准教授)、「知的障がい者への本の紹介と読み聞かせ(実習付)」山内薫氏(元墨田区立ひきふね図書館司書)、10月27日(金)「知的障がい者への代読の方法 その1・その2(実習付)」吉田くすほみ氏(大阪特別支援教育振興会 言語聴覚士)
時間:各日とも13:30~16:45
対象:図書館員・特別支援学校の教員・ガイドヘルパー等の福祉関係者・一般市民
定員:各日30名(先着順)
参加費:無料
申込方法:9月5日(火)10:00より吹田市立中央図書館に来館または電話でお願いいたします。
問合先:吹田市立中央図書館 担当 唐木・澤井
詳細HP:http://www.lib.suita.osaka.jp/?page_id=255

2017/10/01

日本図書館協会会員のつどい 2017 IN 埼玉

主催:日本図書館協会長野県・埼玉県選出代議員
日時:2017年10月1日13:00~16:45
会場:武蔵浦和コミュニティセンター8階 第一集会室
内容:「選書が苦手な認定司書の選書・配架術」湯川康宏氏(埼玉県立飯能高校)、「広がるつながる学校司書のコミュニケーション術」木下通子氏(埼玉県立春日部女子高校)
参加費:200円
懇親会会費:5,000円程度
申込締切:講演会のみ 9月29日(金)、講演会+懇親会 9月22日(金)
申込方法:お名前,連絡先をお知らせください
申込・問合先:田沼澄子 FAX:0493-73-2168 E-mail:tanumasu_at_yahoo.co.jp

2017/09/28

図書館員のためのブラッシュアップ講座 XVI―すべての人に開かれた図書館サービスを目指して

主催:明治大学リバティアカデミー
日時:2017年9月28日 ~ 2018年3月8日 19:00~20:30(原則)
会場:明治大学アカデミーコモン11階(駿河台キャンパス)
内容:「ウエブ/IoT社会のなかの図書館」岡本真、「知と情報へのアクセスを阻むもの(予定) 」みわよしこ、「ヒューマン ライブラリー(予定)」横田雅弘、「死刑という刑罰を考える」海渡双葉、「刑罰制度を考える(予定)」森達也、「北タイ農村部で図書館を運営するということ」堀内佳美、「難民として異国で生きる(予定)」岸磨貴子、「障害者の権利と図書館サービス(予定)」河村宏、「コンテンツは民主化をめざすー表現のためのメディア技術」宮下芳明、「高齢者の健康医療情報」宮本孝一、「こっそり ごっそりまちをかえよう」三浦丈典、「利用状況から図書館デザインのヒントを掴むー建築とは変えていけるもの。」柳瀬寛夫、「【フィールドワーク】防災図書館(予定)」阪田蓉子
受講料:19,500円
受講資格:原則として司書有資格者および司書資格受講中の方
申込締切:9月20日(水) ガイダンス:9月7日(木)19:00~20:00
詳細HP:https://academy.meiji.jp/course/detail/3930/

2017/09/25

図書館問題研究会のはじまり...そして、神奈川県立図書館のはじまりを知ろう!

共催:図書館問題研究会神奈川支部/ 神奈川県異業種連携協議会
日時:2017年9月25日(月)14:00~16:00
会場:神奈川中小企業センター6階大研修室
講師:木村武子氏(元神奈川県立図書館職員)
申込・問合先:神奈川支部事務局つださほ E-mail:pralines_manoncafe_at_yahoo.co.jp
※懇親会もあります。

2017/09/25

「古来まれな図書館を愛する 川越峰子さんを囲む会」

元日図協図書選定委員、評議員、前図問研委員長
日時:2017年9月25日(月)18:00~20:00
会場:横浜地ビール醸造所 驛(うまや)の食卓バンケットルーム 40名
会費:5,000円
事前申込・連絡先:E-mail:YRA02452_at_nifty.com(塚田・伊沢)
TEL:090-8840-9835(塚田:当日緊急連絡先)

2017/09/22

ワークショップ「図書館員の未来準備」

主催:未来の図書館 研究所
日時:2017年9月22日(金)・9月25日(月)・9月29日(金)【3日間6科目】
会場:東京都文京区本郷5-23-12鳩山ビル6F (株)ヴィアックス研修センター
テーマ:「図書館の役割」の進化したあり方と、日進月歩を続けている「図書館システム」
対象:図書館勤務経験者  ※内容は主に公共図書館向けです
定員:各回10名程度(先着順,ただし全科目の方を優先いたします)
参加費:○領域単位の申込【図書館の役割1】3,000円【図書館の役割2】4,000円【図書館情報システム】6,000円 〇全科目受講 10,000円
申込方法:下記アドレスへのメール、または下記URLの申込フォームよりお申込みください
申込締切:8月10日(木)
問合先:(株)未来の図書館 研究所 E-mail:info_at_miraitosyokan.jp TEL:03-6673-7287 FAX:03-6772-4395
詳細HP:https://www.miraitosyokan.jp/future_lib/ws/201709/

2017/09/21

第1回ライブラリー・アカデミー公開セミナー

主催:図書館流通センター
日時:2017年9月21日(木)、9月22日(金)
会場:図書館流通センター本社
テーマ:「変わりゆく図書館とその環境」
プログラム概要:「建築から図書館を変える」植松貞夫氏(跡見学園女子大学教授)、「デジタル技術の普及・浸透が日本の図書館にもたらすもの」原田隆史氏(同志社大学大学院教授)、「デジタルアーカイブと図書館の可能性~各地の最新事例に学ぶ」田山健二氏(TRC-ADEAC(株)代表取締役)、記念講演「図書館の未来」銭谷眞美氏(東京国立博物館館長)、「図書館関係者に知っていただきたい出版流通の現状」成瀬雅人氏((株)原書房社長)、 「出版社と図書館をつなぐ~知らなかった出版社の秘密、知らなかった図書館の秘密」谷一文子氏((株)図書館流通センター代表取締役会長)、「次世代図書館のブランディング~魅力ある新しい図書館のアイデンティティを求めて」南山宏之氏((株)アクサム代表取締役)、「外見にもっとこだわりを持とう~魅力あるプロを目指すためのスタイリングのすすめ」広瀬容子氏((株)ラピッヅワイド代表取締役)
対象:公共図書館関係者(図書館勤務経験は問わない)、社会教育関係者、地方教育行政担当者等 定員:各コース30名(先着順)
申込方法:以下ウェブページよりお申込ください。
詳細HP:http://www.trc.co.jp/information/170921_seminar.html

2017/09/21

認知症にやさしい図書館とは by 阪大 Part IV

主催:大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻地域包括ケア学・老年看護学研究室
日時:2017年9月21日16:30~19:00(開場16:00)
会場:フェスティバルシティ12階 朝日新聞・アサコムホール
キーワード:「共創から協働へのランウェイ」
内容:図書館の取り組み 実例紹介:鶴見図書館、香芝市図書館 (予定)、グループワーク:こんなときどうする?認知症と思われるケース
特別参加:呑海沙織氏(筑波大学図書館情報メディア系)
対象:このテーマに関心のある図書館,行政関係者
定員:60名(先着順)
申込方法:件名に「認知症図書館参加」として、(1) 氏名, (2) 所属, (3)懇親会出席の有無を記入し、メールでご連絡ください。
申込締切:9月19日(火)
申込先:library2016kansai_at_gmail.com (_at_は半角@にかえてください)
※懇親会が19:30から近隣のレストランであります。会費最大4000円(定員30名)

1 2 3 4 5 ...

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841