東日本大震災について

東日本巨大地震と津波により甚大な被害に遭われた皆様にお見舞申し上げます。
一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

日本図書館協会理事長  森 茜

図書館イベントカレンダー

ここには図書館をテーマとする図書館員向けイベントを掲載しています。各地の図書館が催す利用者向けの講演会や展示会はそれぞれの図書館のホームページをご覧ください。

研究集会等の情報をお寄せください。
E-mail:info_at_jla.or.jp
※メールアドレスの@はスパム防止のため_at_としています。送信する時は@(半角)にしてください。

2015/02/19

平成26年度法令・議会・官庁資料研修

主催:国立国会図書館
日程:平成27年2月19日(木)、20日(金)
募集締切:平成26年12月5日(金)17時
会場:国立国会図書館東京本館 新館3階研修室
対象:公共図書館、大学図書館、専門図書館および地方議会図書室の職員などで、日本の法令・議会・官庁資料に関する基礎的な知識の習得を目指す方。
1機関からの参加は原則1名。定員30名。応募多数の場合、調整いたします。あらかじめご了承ください。
内容:日本の法令・議会・官庁資料の特徴ほか概要の解説、資料の調査方法等。一部演習あり。
詳細HP:http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1207488_1485.html
問合先:国立国会図書館関西館図書館協力課研修交流係(電話0774-98-1474)

2015/02/18

平成26年度アジア情報研修

主催:国立国会図書館
日時:平成27年2月18日(水)10:00~17:00
会場:国立国会図書館  関西館 第1研修室
対象:各種図書館、調査研究機関、地方公共団体の国際交流部門等に属しており、初級程度の中国語能力と情報検索の基礎知識を持つ方。参加者の方には、事前課題にご回答いただきます。
定員:20名。申込多数の場合は調整します。
参加費:無料。ただし旅費・滞在費などは受講者の負担とします。
テーマ:中国・台湾の諸制度・統計を調べる
内容:「実習① 中国・台湾の諸制度(法令・政府情報)を調べる」(講師:国立国会図書館関西館アジア情報課) 「実習② 中国・台湾の統計を調べる」(講師:日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館) 質疑応答、調査方法に関する意見交換 アジア情報室・書庫見学
申込締切:平成27年1月16日(金)
詳細HP:http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-workshop26.php
申込・問合先:国立国会図書館関西館アジア情報課
 (TEL:0774-98-1371、FAX:0774-94-9115、E-Mail:k-azia_at_ndl.go.jp)

2015/01/29

公共図書館員のための医療情報サービス研修会 in 大阪

日時:2015年1月29日(木)10時~17時30分
場所:豊中市立岡町図書館 (大阪府)
主催:日本学術振興会 科学研究費基盤研究(B)「アクション・リサーチによる公共図書館課題解決のデザイン」研究班(研究代表者:慶應義塾大学田村俊作)
内容:医療情報サービスの現状と可能性:田村俊作(慶應義塾大学),ほか
参加費:無料
問合せ・申込み: 御名前と御所属を明記のうえ,メールまたは郵送でお申し込みください。
 library.websurvey_at_gmail.com (研修会実行委員会)
郵送先:〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学文学部 田村俊作研究室 研修会実行委員会

2015/01/27

平成26年度日本古典籍講習会

主催:人間文化研究機構国文学研究資料館、国立国会図書館
日程:平成27年1月27日(火)~30日(金)
会場:人間文化研究機構国文学研究資料館(27日~29日)
   国立国会図書館東京本館(30日)
対象:日本の古典籍資料を所蔵する機関の職員で、現在古典籍資料を扱う業務を担当している者。経験年数おおむね3年以内。
 1機関からの参加は1名。
定員:32名  *応募多数の場合調整します。
申込締切:10月30日(木)当日消印有効
詳細HP:http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1207042_1485.html
問合先:国立国会図書館関西館図書館協力課研修交流係 高橋、飯島
   (TEL.0774-98-1446)

2015/01/26

連続公開講座・児童サービス入門・わざ篇 「こんな本いかがですか-子どもに本を紹介する基本のわざを身につけよう-」(全5回)

主催:図書館問題研究会・兵庫支部 共催:同・大阪支部
第3回 ブックトーク(二井治美 草津市立図書館)
   ※ブックトークで取りあげてみたいテーマをご紹介ください。
日時:2015年1月26日(月)14:00-16:00
会場:神戸市勤労会館406会議室(三宮図書館の上4階)
参加費(資料費,会場費):200円 ※図書館問題研究会 会員無料
申込先:E-mail hyo-tmk_at_shisho.jp (図書館問題研究会・兵庫支部)
    FAX 0798-45-5004(西宮市立鳴尾図書館・島崎晶子)

2015/01/22

国際シンポジウム「デジタル文化資源の情報基盤を目指して:Europeanaと国立国会図書館サーチ」

主催:国立国会図書館
日時:2015年1月22日(木)13:00~17:00(12:30開場)
会場:国立国会図書館東京本館新館講堂
参加費:無料 定員:300名(先着順)
締切:1月20日(火)(定員に達した時点で受付終了)
内容:講演「オープンデータの潮流とEuropeana」生貝直人氏(東京大学)
 「Europeanaの今後の展開:戦略計画2015-2020」ニック・プール氏(Europeana)
 国立国会図書館サーチの事例報告、パネルディスカッション
詳細HP:http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20150122sympo.html
 問合先:国立国会図書館 電子情報部 電子情報サービス課(E-mail:ndl-search_at_ndl.go.jp)

2015/01/11

平成26年度東日本大震災アーカイブシンポジウム-4年目の震災アーカイブの現状と今後の未来(世界)へ繋ぐために-

日時:平成27年1月11日(日)13時~17時
場所:東北大学災害科学国際研究所棟1階多目的ホール(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
基調講演:杉本重雄氏(筑波大学 図書館情報メディア系教授 図書館情報メディア研究科研究科長)
参加費 :無料
申込方法:以下の「みちのく震録伝」のトップページ掲載のシンポジウム案内をご覧ください。 
 http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/
問い合わせ先:東北大学災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門災害アーカイブ研究分野 (担当 小野、柴山)
 電話:022-752-2099 メールアドレス:archiveforum_at_irides.tohoku.ac.jp
※シンポジウムの資料・動画等の一部は後日、国立国会図書館東日本大震災アーカイブで公開する予定です。

2014/12/13

日本図書館文化史研究会2014年度第2回研究例会

日時:2014年12月13日(土)14:15-16:45
会場:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー19階
内容:個人発表2件(清水玲子氏,杉山悦子氏)
参加費:会員500円,非会員1000円
申し込み先:office_at_jalih.jp(12月10日必着)
詳細:http://jalih.jp/events/events.html#reikai2

2014/12/13

矯正と図書館サービス連絡会 第1回研究会

テーマ:少年院・少年鑑別所の読書環境~全国調査から見えてきたこと~
日時:12月13日(土)15:00-17:00
場所:成城大学3号館301教室
講師:日置将之(大阪府立中央図書館)
参加費:無料・申込不要
詳細HP:http://kyotoren.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-3400.html
E-mail:kyotoren_at_gmail.com

2014/12/11

国際シンポジウム「日仏交流の過去と現在―国立国会図書館・フランス国立図書館の所蔵資料から」

日時:2014年12月11日(木) 15:00~18:00(14:30開場)
場所:国立国会図書館    東京本館新館講堂(定員200名)
報告1 日本におけるフランスのイメージの形成―電子展示会「近代日本とフランス―憧れ、出会い、交流」の紹介
 渡邊幸秀(国立国会図書館利用者サービス部司書監)
報告2 フランスにおける日本文化受容の一側面―フランス国立図書館の電子展示会プロジェクト
 ヴェロニク・ベランジェ氏(フランス国立図書館日本資料担当司書)
ショート・スピーチ「日本の近代化とフランスの影響」三浦信孝氏(中央大学教授)
パネルディスカッション「日仏交流の諸相―近代的制度、産業技術と芸術文化を中心に」
参加費:無料 ※事前申込みが必要です。
申込方法(先着順):国立国会図書館ホームページの参加フォームからお申し込みください。
 http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20141211lecture.html
主催:国立国会図書館 
お申込み・お問合せ先:利用者サービス部サービス企画課展示企画係 電話03-3506-5260 FAX03-3580-3559
 メールアドレス:tenji-kikaku_at_ndl.go.jp

2014/12/11

視覚障害サービス担当者研修会

日時:平成26年12月11日(木)13:30~16:30(受付:13:00~)
会場:視覚障害者総合支援センターちば5階会議室(JR総武本線・成田線四街道駅下車 北口徒歩5分)
 〒284-0005千葉県四街道市四街道1-9-3
講演1「日本ライトハウスにおけるテキストデイジーと音訳の取り組み-視覚障害者の読書環境の今後について-」(社会福祉法人日本ライトハウス情報文化センター 久保田文氏)
講演2「浦安市立中央図書館における視覚障害者サービスの取り組み」(浦安市立中央図書館 相馬幸代氏)
参加費:無料
申込方法:下記より申込書一式をダウンロードしていただくか、当センターまでご請求ください。
 http://center-aikoh.net/toshoMeeting/toshoMeeting20141211.zip
申込・お問合先:社会福祉法人愛光 視覚障害者総合支援センターちば 研修会担当 御園(みその)、中川(なかがわ)、六崎(むつざき)
 〒284-0005 千葉県四街道市四街道1-9-3 電話(貸出):043-424-2588 FAX:043-424-2486
 メール:its_at_center-aikoh.net  URL:http://www.center-aikoh.net
※当センターに駐車場のスペースはございません。なるべく公共交通機関をご利用ください。車でお越しの場合は事前にご相談ください。

2014/12/11

情報科学技術協会(INFOSTA)西日本委員会見学会

テーマ:一歩先をいく、特別支援学校の授業とは? IT機器活用が、子どもの学習を助ける! AT(支援テクノロジー)の1つ、マルチモダリティDaisyRingsとは?
日時:2014年12月11日(木)13:00~16:00
見学場所:京都府立南山城支援学校 http://www.kyoto-be.ne.jp/minamiyamashiro-s/cms/?page_id=13 
定員:20名(先着順) 参加はINFOSTAの会員、非会員は問いません。
参加費:無料(懇親会は、3,500円~4,000程度を予定)
申込方法:(社)情報科学技術協会まで郵送,FAX,またはINFOSTAホームページの申込フォームから。
申込先:一般社団法人情報科学技術協会
 〒112-0002東京都文京区小石川2-5-7 佐佐木ビル
 TEL:03-3813-3791 FAX:03-3813-3793 E-mail:seminar_at_infosta.or.jp
詳細:http://www.infosta.or.jp/seminars/semi141211/

2014/12/11

平成26年度レファレンス研修

主催:国立国会図書館
期日:2014年12月11日(木)~12日(金)
会場:国立国会図書館東京本館 新館3階研修室
対象:公共図書館、大学図書館または専門図書館の職員などで、以下の2つの要件をともに満たす者。
 (1)応募の時点で、レファレンス業務に従事している
 (2)レファレンス業務経験5年以上
定員24名。1機関からの参加は原則として1名。*応募多数の場合、調整します。あらかじめご了承ください。
内容:レファレンスサービスの理論/日本語・英語で調べるアジア諸国の情報/レファレンスの事例解説・ツール紹介(人文科学分野)/レファレンスサービスの広報の企画
締切:9月26日(金)17時
詳細HP:http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1206690_1485.html
問合先:国立国会図書館関西館図書館協力課研修交流係 高橋・飯島 (TEL.0774-98-1446)


2014/12/10

女性情報アーキビスト養成研修(基礎コース)+(実技コース)

期日:(1)基礎コース 12月10日(水)~12月11日(木) 1泊2日(どちらか一日だけの参加も可)
    (2)実技コース 12月11日(木)~12月12日(金) 1泊2日
主催:独立行政法人国立女性教育会館
会場:国立女性教育会館(東武東上線武蔵嵐山駅下車徒歩12分)
 URL:http://www.nwec.jp/
対象:女性関連施設職員、図書館の実務担当者、地域女性史編纂関係者
申込み・問い合わせ先:国立女性教育会館情報課 山崎、森、星野
 TEL:0493-62-6728 FAX:0493-62-6721 電子メール:infodiv_at_nwec.jp
詳細 http://www.nwec.jp/jp/archive/archivist2014.html

2014/12/10

第4回文化財IPMコーディネータ資格取得のための講習会と試験

主催:公益財団法人文化財虫菌害研究所
共催:九州国立博物館
時期:平成26年12月10日(水)~12日(金)
会場:九州国立博物館
対象:図書館等において展示,収蔵品の保管・管理,施設の維持・管理に携わる方,ほか
連絡先:公益財団法人文化財虫菌害研究所
 東京都新宿区新宿二丁目1番8号エスケー新宿御苑ビル6階
 電話03-3355-8355 FAX03-3355-8356

2014/12/08

連続公開講座・児童サービス入門・わざ篇 「こんな本いかがですか-子どもに本を紹介する基本のわざを身につけよう-」(全5回)

主催:図書館問題研究会・兵庫支部 共催:同・大阪支部
第2回 読み聞かせ(成川直子 加古川市立図書館)
   ※5,6歳児に読みたい絵本をご持参ください。
日時:2014年12月8日(月)14:00-16:00
会場:神戸市勤労会館403会議室(三宮図書館の上4階)
参加費(資料費,会場費):200円 ※図書館問題研究会 会員無料
申込先:E-mail hyo-tmk_at_shisho.jp (図書館問題研究会・兵庫支部)
    FAX 0798-45-5004(西宮市立鳴尾図書館・島崎晶子)

2014/12/07

学校図書館講演会「学校図書館の活性化と当面する課題~子どもたちの豊かな学びを支えるために~」

講師:塩見昇氏(大阪教育大学名誉教授、前日本図書館協会理事長)
日時:平成26年12月7日(日) 午後2時~4時
会場:山口県立山口図書館第2研修室
資料代:500円
問合先:学校図書館を考える会・やまぐち事務局 藤村 TEL0835-21-3643

2014/12/06

ガンバJLA三多摩 第6回

日時:2014年12月6日(土)午後7時から
会場:国分寺労政会館 第2学習室 最寄り駅:JR・西武線 国分寺
内容:「みんなで考える こんなときどうするの?」図書館での危機安全管理について
 講師: 戸張裕介氏(『こんなときどうするの?』改訂版編集チームメンバー 調布市立図書館)
参加費:200円、資料代:100円
申込・問合先:ガンバJLA三多摩(E-mail:jla3tama_at_gmail.com)
 http://researchmap.jp/kawakarpo/jla3tama/

2014/12/05

第25回保存フォーラム「続けられる資料保存-まねしてみたいマネジメントの工夫-」

主催:国立国会図書館
日時:平成26年12月5日(金)午後2時~4時(受付:午後1時30分~)
会場:国立国会図書館東京本館新館3階大会議室
内容:講演「京都大学の図書館における資料保存」(仮題)古森千尋氏(京都大学文学研究科図書館),質疑応答・意見交換
詳細HP:http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/coop/forum25.html
問合先:国立国会図書館収集書誌部資料保存課(TEL.03-3506-3356(直通))
    (E-mail:hozonka_at_ndl.go.jp)

2014/11/29

第62回日本図書館情報学会研究大会

日時:2014年11月29日(土)、30日(日)
会場:梅花女子大学 山草館F棟
事務局:〒567-8578 大阪府茨木市宿久庄2-19-5 梅花女子大学文化表現学部 情報メディア学科瀬戸口誠研究室内第62回日本図書館情報学会研究大会事務局 (Tel: 072-643-6221(代表)、E-mail: jslis2014_at_baika.ac.jp)
シンポジウム:11月30日(日)14:40~17:00(無料,要申込)
 テーマ:学びの空間デザインとファシリテーション~図書館を活用した学習支援を考える~ 
詳細:http://www.jslis.jp/conference/2014Autumn.html

1 2 3 4 5 ...

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841