令和6(2024)年能登半島地震について

この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








詳細表示

図書館のマンガを研究する

図書館情報学サイエンスカフェ講演録

JLA Booklet no.16


著者・編者:共同研究グループPICNIC編著

発行:日本図書館協会

発行年:2024.02

判型:A5判

頁数:73p

ISBN:978-4-8204-2311-9   本体価格:1,000

内容:図書館情報学の若手研究者グループ「共同研究グループPICNIC」による「海外図書館の大規模所蔵調査に基づく日本文化としてのマンガ受容に関する総合的研究」の成果を踏まえた講演録です。
4つの話題提供「図書館の所蔵データに基づくマンガの類型化」,「オープンデータやSNSを用いた日本マンガ書誌リスト作成の試み」,「国内のマンガの書誌データとメディア芸術データベースにおける整備」,「日本のマンガの翻訳版の書誌学的な研究」と2つのコラムを収録しています。マンガの海外での受入状況を調査する際,書誌同定などの克服すべき課題があると指摘する一方,今後の図書館におけるマンガ受容の必要性についても言及されています。マンガという資料特有の課題を知る一冊です。

【目次】
1 イベント趣旨説明(大谷康晴)
2 話題提供①:図書館の所蔵データに基づくマンガの類型化(江藤正己)
3 話題提供②:オープンデータやSNSを用いた日本マンガ書誌リスト作成の試み(安形輝)
 コラム① オランダのマンガと書誌データ(杉江典子)
4 話題提供③:国内のマンガの書誌データとメディア芸術データベースにおける整備(三原鉄也)
 コラム② アメリカの図書館はマンガをどのように排架・分類しているのか(橋詰秋子)
5 話題提供④:日本のマンガの翻訳版の書誌学的な研究(安形麻理)
6 ディスカッション

本体価格 1,000
トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841