2月13日に発生した福島県沖を震源とする地震等の災害で被災された皆様、新型コロナウイルス感染症により影響を受けられている方々に心よりお見舞い申し上げます。早期に健やな日常が戻りますよう祈念申し上げます。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ
東日本大震災対策委員会のページ

 

NCR2018年版エレメント・語彙等データ提供

日本図書館協会目録委員会

XLSX形式・2020.5.9時点でRDFデータの作成(およびXLSX形式・TSV形式データの一部見直し)を行い、チェック作業等を経て2020.12.27に公開しました。


『日本目録規則2018年版』で規定している実体、エレメント、語彙のリストの用語、関連指示子について、1) XLSX形式・TSV形式データ、および2) RDFデータの提供を行います。なお、データ表現等において両者は異なる部分を含みます。
LOD(Linked Open Data)の実現に向けて、可能な範囲のデータ提供から実施いたします。



XLSX形式・TSV形式データ

提供ファイル

TSV形式ファイルは、システム上の事情により、拡張子を.txtとしています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
これらのファイルは クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供します。

凡例

収録項目

各ファイルの収録対象は、以下の通りです。なお、各ファイルの先頭行はヘッダ行です。

実体
#0.3.1に規定している実体を収録しています。加えて、RDFデータ用に実体を追加登録しています。
エレメント
第2章~第12章に規定している属性のエレメントおよび第42章~第46章に規定している関連のエレメントを収録しています。エレメント・サブタイプおよびサブエレメントを含みます。また、第21章以降に規定するアクセス・ポイントを収録しています。
語彙のリストの用語
第2章~第6章および付録B.1において、表形式で掲げている語彙のリストの各用語を収録しています。
関連指示子
付録C.1~C.4に掲げている関連指示子を収録しています。
統合データ
上記4ファイルのデータを統合したものです。
データ項目

各ファイルはすべて同一のフォーマットで、「ID」「種別」「条項番号」「名称」「名称(英語)」「定義域」「値域」「対応エレメント」「上位」「逆方向」「定義」「更新日」「備考」の各列から成っています(先頭行をヘッダ行としています)。ただし、ファイルにより不使用(すべて空値)の列もあります。
各セルに複数の値を格納する場合は、「個人|団体|家族」のように縦棒で区切っています。

ID
数字6桁の、本データ内で一意の番号です。先頭2桁は10(実体)、20(エレメント)、30(語彙のリストの用語)、40(関連指示子)、50(アクセス・ポイント)のいずれかで、続く4桁は一連に付番しています。すべての行に値があります。
種別(語彙種別)
10(実体)、20(エレメント)、21(サブエレメント)、22(エレメント・サブタイプ)、30(語彙のリストの用語)、40(関連指示子)、50(アクセス・ポイント)のいずれかの値を格納しています。すべての行に値があります。
条項番号
エレメント、関連指示子に対しては、当該エレメント等を規定した条項番号を格納しています。語彙のリストの用語に対しては、当該用語を収めた表の番号を格納しています。実体の場合は空値です。
名称
当該エレメント、用語等の名称を格納しています。すべての行に値があります。
名称(英語)
エレメント、用語等に対応する英語名称を格納しています。RDAによる名称を基本的に採用しています。適切な英語名称がない場合には、空値としています。
対応するRDA語彙
対応するRDAのエレメントや語彙のリストの用語等に付与されたURIを格納しています。
定義域
属性のエレメントおよびアクセス・ポイントに対しては、当該エレメント等が属する実体の名称を格納しています。関連のエレメントおよび関連指示子に対しては、関連元となる実体の名称を格納しています。その他の場合は空値です。
値域
関連のエレメントおよび関連指示子に対して、関連先となる実体の名称を格納しています。その他の場合は空値です。
対応エレメント
語彙のリストの用語に対して、当該用語が用いられるエレメントの名称を格納しています。また関連指示子に対して、当該指示子が用いられる関連のエレメントの名称を格納しています。実体およびエレメント、アクセス・ポイントの場合は空値です。
上位
エレメント・サブタイプの場合に上位となるエレメントの名称を、関連指示子がより上位の(包括的な)指示子をもつ場合にその名称を、それぞれ格納しています。また、サブエレメントの場合に、構成上の上位となるエレメントの名称を格納しています。その他の場合は空値です。
逆方向
関連のエレメントについて逆向きの関係にあるエレメントの名称を格納しています。付録C.1およびC.4に掲げた関連指示子に対して、表中で左右に示されている逆関係の関連指示子の名称を格納しています。その他の場合は空値です。
定義
付録B.1、C.1~C.4、Dの定義文を格納しています。原則として付録そのままの定義文を収めていますが、一部に補正したものもあります。付録B.1と付録Dに同一の語が定義されている場合は、付録B.1の定義文を優先しています。付録中に定義が存在しない場合は空値です。
更新日
当該データの最終更新日付をYYYY-MM-DDで格納しています。
備考
更新履歴等を想定していますが、当初段階ではすべて空値です。

RDFデータ

提供ファイル
RDFは、TurtleとJSON-LDによるシリアライゼーションを適用したファイルを提供いたします。
  • 実体
  • エレメント
  • 語彙のリストの用語
  • 関連指示子

併せて、語彙の定義用に新規に導入したプロパティについてもRDFデータを提供いたします。

  • 定義用プロパティ

ファイル(ZIP形式)は以下からダウンロードしてご利用ください。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
これらのファイルは クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供します。

RDFデータの特徴など

RDFによるデータ化に当たっては、NCR2018が依拠する概念モデルをそのままRDFモデルで表したものではなく、エレメントにおける実際の記録方法などを考慮したRDFモデルといたします。それゆえ、XLSX形式・TSV形式データで公開している定義情報とは、異なる部分を含んでいます。詳細については、説明資料「NCR2018語彙のRDFデータ提供」を参照ください。


URIの構成
NCR2018が規定する実体やエレメント等の語彙に対するベースURIは、下記の通りといたします。
http://jla.or.jp/term/ncr2018/
また、語彙に対するRDF定義用に新規に導入したプロパティ(独自プロパティ)のベースURIは、下記の通りといたします。
http://jla.or.jp/vocab/ncr2018#

データ項目など
NCR2018語彙に対するRDFデータの項目は、XLSX形式・TSV形式データで公開しているものを基本としていますが、RDFデータ用に追加したものもあります。詳細については、説明資料「NCR2018語彙のRDFデータ提供」を参照ください。

説明資料


更新履歴

2021.4.12
RDFデータについて一部のURIの変更、データ項目の追加などの更新。
2020.12.27
一部のデータの誤りを修正し、「対応するRDA語彙」を追加。
RDFデータを公開し、本ページを更新。
2019.7.31
「語彙のリストの用語」(及び統合データ)について、「定義域」列のデータが不適切と考え、削除。凡例「定義域」「更新日」を改めた。また、凡例「上位」「対応エレメント」について表現の修正。
2019.3.23
本ページを公開
トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841