福島県沖地震など全国で頻発する災害の影響を受けている皆様に心よりお見舞い申し上げます。日本図書館協会は微力ですが被災した図書館をできうる限り支援をいたします。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ

詳細表示

子ども司書のすすめ

JLA図書館実践シリーズ 44


著者・編者:アンドリュー・デュアー著

発行:日本図書館協会

発行年:2021.10

判型:B6判

頁数:184p

ISBN:978-4-8204-2106-1   本体価格:1,600

内容:「子ども司書」とは,読書推進の取り組みの1つです。この取り組みは,学校や公共図書館関係者以外のかかわりが少なかったことから最近まで一般にあまり知られていなかったものの,文部科学省の「第四次子供の読書活動の推進に関する基本的な計画」で子ども司書のことが明記されたことをきっかけとして,各地で注目されるようになりました。
本書では,「子ども司書」がどのような役割を担っているかを明らかにし,その取り組みが誕生した福島県矢祭町をはじめとした多くの実践事例をご紹介します。
「子ども司書」の取り組みを始めたいと考える図書館員にとって必見の1冊です。

【主な目次】
1章 「本の力,子どもの力」
2章 子どもと読書
3章 読書文化の伝承
4章 子ども司書の心理作戦
5章 「子ども司書」取り組みの開始
6章 子ども司書になる
7章 子ども司書になった!
8章 これからの子ども司書
本体価格 1,600
トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841