令和6(2024)年能登半島地震について

この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








JLAメールマガジンバックナンバー

2023/10/06

第1123号

=================================================<2023/2/15発信>
JLAメールマガジン 第1123号
================================================================
編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
Copyright,2023 Japan Library Association 無断転載転送を禁じます
JLAホームページアドレス https://www.jla.or.jp/default.aspx
JLAメールマガジンのバックナンバー
https://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
================================================================
▼目次▼
■図書館界ニュース
■新聞記事より
■集会等のお知らせ
■求人情報
■JLAからのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース

○「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」の変更等について
2月10日に開催された新型コロナウイルス感染症対策本部において、「マ
スク着用の考え方の見直し等について」が決定され、「新型コロナウイルス
感染症対策の基本的対処方針」が変更された。これでは、「着用は個人の判
断に委ねることを基本とし、政府は各個人のマスクの着用の判断に資するよ
う、感染防止対策としてマスクの着用が効果的である場面などを示し、一定
の場合にはマスクの着用を推奨する」との方針が示されている。また、「マ
スクの着用は個人の判断に委ねられるものであるが、事業者が感染対策上又
は事業上の理由等により、利用者又は従業員にマスクの着用を求めることは
許容される。」としている。このマスク着用見直しの考え方は、3月13日か
ら適用される。これにともない、内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策
推進室から、業種別ガイドラインの見直しが依頼され、日本図書館協会にお
いても、「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」
について見直し作業を進めている。
※内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室
「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」
https://corona.go.jp/emergency/
「マスク着用の考え方の見直し等について」(
https://corona.go.jp/news/news_20230210_01.html

〇「千葉県読書バリアフリー推進計画(原案)」に関する意見募集を実施中
千葉県は、2023年2月6日(月)から2月28日(火)まで、「千葉県読書バリア
フリー推進計画(原案)」に関する意見募集(パブリックコメント)を実施
している。発表には、同県の実情を踏まえ、全ての人が等しく読書活動を行
うことができる環境を整備することを目指し、県の読書バリアフリー推進に
係る施策を総合的に推進するための指針として、策定を進めているとある。
計画の中では、計画策定の趣旨、同県における現状と課題、基本的な方針、
施策の方向性と取組が示されている。計画期間は2023年度から2027年度まで
の5年間。
※「千葉県読書バリアフリー推進計画(原案)に関する意見募集について」
https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shougaku/iken/2022/dokusho-bf.html

○「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2022」発表
埼玉県の高校図書館司書が、過去一年に発行された本の中から、高校生に
ぜひ読んでほしいとおススメする「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオ
シ本2022」が発表される。
発表は2月17日(金)20:00からホームページで行い、翌2月18日(土)から
は、埼玉県内の約60書店でイチオシ本フェアーが開催される他、埼玉県立図
書館をはじめとする約90の公共図書館でパンフレットが配布される。
今年度も全国の公共図書館、学校図書館に向けて、POP&パンフレットを
実費で頒布する。
お申込み、詳細は埼玉県高校図書館フェスティバルHPから
http://shelf2011.net/

○国立国会図書館、カレントアウェアネス・ポータルの利用者アンケートを実

国立国会図書館は、2023年2月6日から3月31日まで、カレントアウェアネ
ス・ポータルの利用者アンケートを実施している。
カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最
新の情報をお知らせする国立国会図書館のサイト。カレントアウェアネス・
ポータルをより充実したものとするため、ぜひご協力をお願いしたいとのこ
と。
※アンケートページ
https://enquete.ndl.go.jp/187474
※カレントアウェアネス・ポータルについて
主に以下のようなコンテンツが掲載されている。
・カレントアウェアネス-R(CA-R):図書館の「いま」がわかるニュースを
中心に紹介するブログ。
・カレントアウェアネス-E(CA-E):図書館及び図書館情報学に関する最新
ニュースをコンパクトに紹介するメールマガジン。原則月2回木曜日に発

・カレントアウェアネス(CA):図書館及び図書館情報学における、国内外
の近年の動向及びトピックスを解説・レビューする情報誌。年4回発行。
・調査研究:国立国会図書館が実施している図書館及び図書館情報学に関す
る調査研究の成果等。
お問い合わせ先:国立国会図書館関西館図書館協力課調査情報係
chojo@ndl.go.jp

○JLA健康情報委員会、オンラインセミナーを開催
健康情報委員会では、2023年2月6日にオンラインセミナー『多様な図書館
利用者への健康情報を考える-表現の分かりやすさから見えてくるもの』を
開催した。一般社団法人日本グラフィック・メディスン協会代表の中垣恒太
郎氏を招き『コミックス表現にみる医療情報の提供』のテーマで講演をいた
だいた。
グラフィック・メディスンとは、2007年にイギリスのコミックス・アーテ
ィストであるイアン・ウィリアムズを中心に提唱された概念である。当日の
講義では、歴史的な経緯の他、これまでコミックス表現が医療の領域をどの
ように扱ってきたかについて、国内外の作品を通じて解説していただいた。
健康情報委員会のホームページでは、講義で言及された資料の図書リスト
を掲載している。
※健康情報委員会URL
https://www.jla.or.jp/committees/kenko/tabid/266/Default.aspx
※一般社団法人日本グラフィック・メディスン協会
https://graphicmedicine.jp

----------------------------------------------------------------------
◆新聞記事より

○認知症の人の視点生かして 図書館利用しやすく[八王子市中央図書館] 当
事者交え対応例 (毎日11/5)

○全学校図書館をDB化 [文部科学省]有識者会議報告案 次期読書推進計画に
反映 (日本教育11/7)

○図書館の自由 戦時の反省と決意 「国策に加担」 続く権力介入 国の依
頼文に危機感 「良書か判断するのは読者」 (朝日11/16)

○手取り9万円台…非正規司書の悲鳴 多い女性「図書館愛あっても生活苦」
待遇改善求め7万人署名 減る正規職「新制度」逆行の動きも 本と人をつ
なぐ場 高度化する専門性 (朝日11/28)

○文[部]科[学]省 [子ども]読書[活動]推進[基本計画]へ具体策 (読売11/30)

○赤ちゃんに絵本寄贈「ブックスタート」 東北の自治体 6割で導入 英国
発祥 国内で事業開始20年 地域全体で子育て応援 (河北新報9/22)

○〔北海道新幹線〕[JR]倶知安新駅に複合ビル 南北隣接地 フジタなど再開
発構想 [北海道倶知安町 図書館など] (北海道9/28)

○〔発信 千歳 地域から みんなでつくる図書館〕上 好きな本持ち寄り交
流 イベント盛況 署名実り移転 [まちライブラリー@ちとせ]
(北海道10/26)

○フィルドグループに [北海道]弟子屈町 複合型地域観光交流拠点整備運営
(日刊建設工業10/27)

○〔発信 千歳 地域から みんなでつくる図書館〕中 利用者も提案 企画
続々 カードに感想 世代超え集う [まちライブラリー@ちとせ]
(北海道10/27)

○〔発信 千歳 地域から みんなでつくる図書館〕下 活発な民営 街も元
気に 市内に7カ所 相乗効果生む [まちライブラリー@ちとせ]
(北海道10/28)

○海と山のそばに小さな図書館 遊佐[町]の2施設,本棚設置 景色眺め読め
ます/持ち帰りもできる [遊佐町立図書館 サンセット十六羅漢内に「海
のとしょかん」、農林漁業体験実習館「さんゆう」内に「山のとしょかん」
山形県] (山形9/22)

○長井市交流施設[「くるんと」]の指定管理者候補 ニッケアウデオSAD(大
阪[市])に [図書館など] (山形11/11)

----------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ

○≪3月11日(土)開催≫眞野節雄先生のセミナー!申込受付中!
オンラインセミナー「資料を未来につなぐ 東日本大震災で考えたこと」、
開催決定!
「教えて!先生」シリーズ・第1弾の監修者である眞野節雄先生に図書館資
料を未来に繋げるために大切にしている“考え方”をお話しいただきます。
ぜひご参加をお待ちしています!
日程:3月11日(土)15:00~16:00
申込期限:3月10日(金)
定員数:100名
会場:オンラインにて実施いたします。
(お申し込みいただいた方に参加方法のご案内メールをお送りします。)
参加費:1,500円(税込)
講師:眞野節雄先生(都立中央図書館・資料保全専門員)
主催:株式会社DBジャパン(問合せ先:lib-service★db-japan.co.jp)
詳細はこちら https://www.db-japan.co.jp/news/osiete-seminar1/

----------------------------------------------------------------------
◆求人情報

○神奈川大学横浜図書館 契約社員(閲覧サブリーダー):若干名
応募締切日:2023年2月22日(水)

○神奈川大学横浜図書館 契約社員(閲覧スタッフ):若干名
応募締切日:2023年2月22日(水)

○神奈川大学横浜図書館 契約社員(レファレンススタッフ):若干名
応募締切日:2023年2月22日(水)

○千葉大学附属図書館松戸分館 事務補佐員(図書系):1名
応募締切日:2023年2月24日(金)

○日外アソシエーツ 編集契約社員:若干名
応募締切日:2023年2月27日(月)

○学校法人総持学園鶴見大学図書館臨時職員:1名
応募締切日:2023年2月28日(火)

○【契約社員募集】早稲田大学中央図書館内勤務:1名
応募締切日:2023年2月28日(火)

○田園調布雙葉小学校司書アルバイト募集:1名
応募締切日:2023年3月3日(金)

○清泉女子大学図書館事務室嘱託職員(常勤嘱託):1名
応募締切日:2023年3月3日(金)

○杉野服飾大学附属図書館 司書:1名
応募締切日:2023年3月6日(月)

○(国研)量子科学技術研究開発機構本部図書館事務支援業務:1名
応募締切日:2023年3月8日(水)

○(福井県)池田町役場庁舎図書館公民館複合施設建設に伴う
司書リーダー:1名 応募締切日:2023年3月31日(金)

求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
https://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

----------------------------------------------------------------------
◆JLAからのお知らせ

○メールマガジン掲載記事の募集
公共図書館・大学図書館・学校図書館・専門図書館など各種図書館に関す
るニュース、活動報告、今後開催する集会(図書館員向け)等、会員に共有
したい情報がございましたら、info★jla.or.jp 宛お送りください。
お送りいただいた内容は、掲載時に編集することもございますのでご了承
ください。ご協力よろしくお願いいたします。

=====================================================no.1123END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。
mailmaga★jla.or.jp
 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841