福島県沖地震など全国で頻発する災害の影響を受けている皆様に心よりお見舞い申し上げます。日本図書館協会は微力ですが被災した図書館をできうる限り支援をいたします。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ

JLAメールマガジンバックナンバー

2021/04/08

第1037号

=================================================<2021/4/7発信>
  JLAメールマガジン 第1037号
================================================================
編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2021 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます
  JLAホームページアドレス https://www.jla.or.jp/default.aspx
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   http://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
================================================================
▼目次▼
■図書館界ニュース
■新聞記事より
■集会等のお知らせ
■『図書館雑誌』4月号のお知らせ
■求人情報
■JLAからのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース

〇『日本の図書館の歩み 1993-2017』刊行
日本図書館協会『日本の図書館の歩み:1993-2017』編集委員会は、このほ
ど、2021年3月に『日本の図書館の歩み 1993-2017』を刊行した。本書は、
『近代日本の図書館の歩み』本篇・地方篇(日本図書館協会、1992-1993年)
の続篇として企画されたもので、その後の四半世紀を対象に、図書館界の歩
みを館種・課題・地域の視点から展望するとともに、日本図書館協会25年の
歩みを記している。
(B5判 653p. 定価:6,000円(税別) ISBN 978-4-8204-2008-8)
http://www.jla.or.jp/publications/tabid/87/pdid/p11-0000000566/Default.aspx

○第11期日本図書館協会認定司書、更新6名新規12名を認定
 日本図書館協会は、4月1日付けで第11期日本図書館協会認定司書(更新)6
名、(新規)12名の氏名を公表した。認定司書の有効期間は更新・新規とも
に10年間であり、2031年3月末日までとなる。認定された方の氏名と認定司
書番号は、協会サイト内認定司書事業委員会ページで認定期間にある他の認
定司書とあわせて公表されている。なお、第11期認定司書の名簿と審査報告
は、機関誌『図書館雑誌』5月号に掲載される。
※ 認定司書事業委員会ページ
http://www.jla.or.jp/committees/nintei/nintei/tabid/210/Default.aspx

〇日本図書館協会資料保存委員会『ネットワーク資料保存』No.123を掲載
 内容は以下の通りです。
 連邦資料保存センター(FDCC)における活動(1)-VOC測定調査について-
(吉川也志保)、何を「消毒」するのが有効か?(横山道子)、国立国会図
書館第31回保存フォーラム「戦略的「保存容器」の使い方-さまざまなカタ
チで資料を護る-」(川原淳子)、全国図書館大会(和歌山大会)第8分科会(資
料保存)「やってみよう資料保存-実演・ワークショップ特集-」をオンラ
インで開催して(田崎淳子)、第8分科会に寄せられたご意見・ご感想、図書館
資料の取り扱い(新型コロナウイルス感染防止対策)について-人と資料を守
 るために-・2021年3月1日改訂
※『ネットワーク資料保存』No.123
 http://www.jla.or.jp/Portals/0/data/iinkai/hozon/network/NW123.pdf
※資料保存委員会のページ
 http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/96/Default.aspx

○IFLA「絵本で知る世界の国々」(The World Through Picture Books)リスト
改訂第3版選書への協力のお願い(締切日の延期のお知らせ)
 IFLA(国際図書館連盟)児童・ヤングアダルト図書館分科会では、絵本を通じ
て国際理解を深めることを目的に、各国から10冊ずつ絵本を紹介してもらう
ことになりました。皆さんがお好きな、世界に紹介したい日本の絵本を教え
てください。日本担当コーディネーターである日本図書館協会児童青少年委
員会とIFLA児童・ヤングアダルト図書館分科会国内常任委員で整理し、上位
10冊に絞り込みます。なお、締切日を当初4月5日までとしていましたが、
年度の切り替え時期でもあり、4月30日まで延期いたします。
※ 詳細は下記の協会HPをご覧ください。ぜひ、ご協力をお願いします。
 https://www.jla.or.jp/committees/jidou/tabid/275/Default.aspx#kokusai

○NDL、「国立国会図書館ビジョン2021-2025 -国立国会図書館のデジタルシ
 フト-」を公表
 2021年4月1日、国立国会図書館(NDL)は、「国立国会図書館ビジョン2021-
 2025 -国立国会図書館のデジタルシフト-」を公表した。NDLは、2021年度
から2025年度までの5年間を「国立国会図書館のデジタルシフト」推進期間
と位置づけており、基本的役割である「国会活動の補佐」、「資料・情報の
 収集・整理・保存」、「情報資源の利用提供」、「各種機関との連携協力」
 の遂行に加え、情報資源と知的活動をつなぐ、以下の7つの重点事業に取り
 組むとしている。
 ・国会サービスの充実/インターネット提供資料の拡充/読書バリアフリー
 の推進/「知りたい」を支援する情報発信/資料デジタル化の加速/デジタ
 ル資料の収集と長期保存/デジタルアーカイブの推進と利活用
※国立国会図書館ビジョン2021-2025 -国立国会図書館のデジタルシフト-
 https://vision2021.ndl.go.jp/

○令和3年(2021年)度図書館司書専門講座
 文部科学省と国立教育政策研究所社会教育実践研究センターが主催する、令
 和3年度図書館司書専門講座が「社会的包摂の実現を目指す図書館」をテーマ
 に下記のとおり実施される。
 期間:令和3年(2021年) 6月17日(木)~6月30日(水) (14日間)
 対象:都道府県・指定都市教育委員会が推薦する次の者
 (1)図書館法第2条に規定する図書館に勤務する司書または職員で、勤務経験
 が概ね7年以上で指導的立場にある者
(2)上記(1)と同等の職務を行うと主催者が認めた者
 定員:50名
 研修の実施及び受講方法: Web会議システム「Zoom」を使用したオンライン
 受講及び一部は国立教育政策研究所社会教育実践研究センターでの集合受講
 受講者の推薦手続:都道府県・指定都市教育委員会は受講希望者の所属する
 関係機関から受講申込みを受け、適任者を選考の上、4月27日(火)〔必着〕
 までに受講申込書等を同センター宛送付
 問合先:国立教育政策研究所社会教育実践研究センター普及・調査係
 (TEL.03-3823-8420・8681)
※ 詳細については近日中に下記ウェブサイトに掲載予定。
 https://www.nier.go.jp/jissen/youkou/r03youkou/index.htm

○「第39回多摩デポ講座」の動画公開
2020年11月29日に開催した「第35回多摩デポ講座」、山口源治郎氏(東京学
 芸大学特任教授)「“市民の図書館”の保存問題」の講演の動画が公開され
 ている。下記 youtubeでの公開は、5月30日までの予定。
※山口源治郎氏講演会 youtube
https://www.youtube.com/watch?v=ZdrUm1XCYRc
※NPO法人 共同保存図書館・多摩
 https://www.tamadepo.org/index.html

----------------------------------------------------------------------
◆新聞記事より

○「司書AI」が読書促す ヨンデミー (日経産業1/5)

○仮想図書館のお試し版公開 大日本印刷など [図書館流通センター 「バー
チャル図書館」] (長崎1/28)

○〔東日本大震災10年〕後世へ電子記録8年で倍増 写真、映像、関連文書な
 ど収集 国立国会図書館が445万件 [東日本大震災アーカイブ「ひなぎく」]
  (西日本2/22夕)

○「えにあす」の[恵庭市立]図書館恵庭分館 手のひら認証来月稼働 カードな
しでも貸し出し ICタグ埋め込み蔵書管理 (北海道〈札幌近郊〉2/9)

○「[2020年度]ふるさとづくり[大賞]」全国2位 [岩手県]紫波[町] 町のオ
ガール[プラザ]整備評価[図書館など] 官民連携成功例と総務省
(岩手日報1/27)

○子育て世代集う場に 4階建物 市立図書館入居へ 八幡平市が[JR]大更駅西
側新施設の概要 (岩手日報1/28)

○「江戸学の宝庫」デジタル化 東北大[学附属]図書館の「狩野文庫」
(朝日〈第2福島〉1/26)

○新愛称「きららとしょかん」 秋田市5図書館 きららHDと命名権契約
(秋田魁新報2/3)

○セルフ方式で利用増 [山形県]真室川[町]・図書室 ネット検索,予約も
 (山形2/3)

○会津藩古文書を電子化 471点ネットに公開 [会津若松市立]会津図書館
(福島民友2/17)

○古河市 文化交流拠点を再検討 21・22年度で構想策定 (建設通信1/8)

○石岡市複合文化施設 鹿島鉄道跡地念頭に調査 PPP支援 第2四半期以降委託
 [図書館など] (建設通信2/12)

○ホール規模と跡地活用焦点 東松山市,中心部に複合施設 [図書館など]
(日刊建設工業1/13)

○〔地元力発見!〕12 佐藤建吉 「洸楓座」代表 コロナ禍で発揮される図書
館力 千葉県立図書館の場合 便利な図書搬送システム 戦後初の移動図書館
を設置した千葉県 (The Bunka News3/1)

○つながる図書館 交流の場 化石展示[昭島市民図書館] カフェも 各地に複合
施設 [武蔵野市 武蔵野プレイス] 継ぎ目ない施設に 著書「つながる図書
館」がある文筆家の猪谷千香さんの話 電子書籍貸し出しコロナで急増
(朝日〈東京〉2/28)

○京[浜]急[行電鉄]追浜駅前 立体道路制度を活用 官民で複合施設整備 関東
[地方]整備局 ターミナルや商業施設 [横須賀市 図書館など]
 (日刊建設工業1/25)

○求む雑誌スポンサー 秦野[市]と伊勢原[市]の市立図書館 (神奈川1/30)

○図書館運営見直しへ 電子図書導入、 移動[図書館]」は廃止 市教[育]委[員
会]素案 平塚[市] (神奈川2/11)

----------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ

○日本アーカイブズ学会2021年度大会
 日時:2021年4月24日(土)・25日(日)
 開催方法:オンライン(Zoom)
 内容:
 ・大会講演会 4月24日(土)15:15~16:30
「公文書管理法の10年-何が変わって何が変わらなかったのか」三木由希子
(特定非営利活動法人情報公開クリアリングハウス理事長)
 ・自由論題研究発表会 4月25日(日)9:00~12:30
 ・大会企画研究会 4月25日(日)13:30~17:00
 「公文書管理法の10年―これまでとこれから―」論点提示、グループセッシ
  ョン、全体討論
 参加費:日本アーカイブズ学会会員・非会員ともに無料
 参加登録:下記Googleフォームからご登録ください。
 https://forms.gle/P1zeJ8Nt4LE6d1Fw9
 問合先:日本アーカイブズ学会事務局
 〒105-0004 東京都港区新橋1-5-5 国際善隣会館5階
 E-mail:office@jsas.info HP:http://www.jsas.info/

○新任者向けオンラインイベント「専門図書館とは何か?」開催のお知らせ 
日時:2021年4月15日木曜日 15時00分から16時30分時まで (90分)
開催方式:Zoomによるオンライン開催
主催:専門図書館協議会
 講師:新屋 朝貴(しんや ともき)氏(三康図書館 図書部主任/専門図書館協議
会研修委員・著作権委員)
定員:60名(先着順)
参加費:どなたでも無料でご参加いただけます。
申込期間:4/12(金)まで  ※ 定員になり次第終了いたします。
詳細&お申込み:https://jsla.or.jp/2021-04-15_online-meeting/

○日本図書館研究会情報組織化研究グループ2021年4月月例研究会
 日時:2021年4月10日(土) 14:30~16:00
 会場:Zoomミーティング
 発表者:谷合佳代子氏(エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館))
 テーマ:アーカイブズ組織化の新国際概念モデルRiCと図書館目録のマッピ
     ング 典拠データから考える
 参加資格 :どなたでも 人数制限なし 要事前申込
 参加費用 :無料
 申込サイト(要事前申込):https://forms.gle/JEQPZ2bqmhDWdCUE6
 詳細HP:http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#202104

--------------------------------------------------------------------
◆『図書館雑誌』4月号(68ページ・定価1026円)のお知らせ

〇特集「SDGsと図書館」
・持続可能な開発目標(SDGs)と図書館(千葉潔)
・図書館は地球のために何ができるのか?-千代田区立日比谷図書文化館の
 SDGsの取り組みから考えること(樋口万季)
・「いつでも・どこでも・だれもが」-SDGsと大阪市立「知識創造型図書館」
 (岡本泰子)
・東京女子大学図書館におけるSDGs常設WEBページ開設の経緯と今後の計画
 (上田志帆)
・ジェンダー平等の実現に役立つ情報提供とは-大阪府立男女共同参画・
 青少年センター(ドーンセンター)情報ライブラリーの取り組みから
 (久野美鶴)
・学校図書館でSDGsに出会う-自分ごとを自分の手で(前田千草)
・SDGsとJICAにおける開発教育(前橋俊輔)
・「絵本でSDGs」の活動について-一冊の絵本から世界とつながる方法
 (朝日仁美)
○第36回日本図書館協会建築賞
○2020年度大学図書館シンポジウム「オンライン授業における図書館の役割」
 報告(日本図書館協会大学図書館部会大学図書館シンポジウム担当)

--------------------------------------------------------------------
◆求人情報

○東京歯科大学 図書館職員(パート)募集:1名
 応募締切日:2021年4月16日(金)

○昭和館 図書情報部図書係 司書募集:1名
 応募締切日:2021年4月22日(木)

○栃木県宇都宮市 図書館司書 募集:若干名
 応募締切日:2021年4月27日(火)

○関西医科大学 司書有資格者 募集:若干名
 応募締切日:2021年4月27日(火)

○甲南大学図書館 閲覧スタッフ募集:1名
 応募締切日:2021年4月30日(金)

○順天堂大学 三島キャンパス 司書募集:1名
 応募締切日:2021年5月5日(水)

○国立新美術館 学芸課研究補佐員 募集:1名
 応募締切日:2021年5月7日(金)

○一橋大学学術・図書部学術情報課 事務補佐員募集:1名
 応募締切日:2021年5月10日(月)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

----------------------------------------------------------------------
◆JLAからのお知らせ

○JLA新刊
 司書が書く 図書館員のおすすめ本
 (JLA図書館実践シリーズ 43)
 日本図書館協会図書紹介事業委員会編
 日本図書館協会刊 2021.3
 B6判 186p 定価1,600円(税別)
 ISBN:978-4-8204-2009-5
 http://www.jla.or.jp/publications/tabid/87/pdid/p11-0000000565/Default.aspx

 日本の図書館の歩み 1993-2017
 日本図書館協会『日本の図書館の歩み:1993-2017』編集委員会編
 日本図書館協会刊 2021.3
 B5判 653p 定価6,000円(税別)
 ISBN:978-4-8204-2008-8
 http://www.jla.or.jp/publications/tabid/87/pdid/p11-0000000566/Default.aspx

=====================================================no.1037END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。mailmaga@jla.or.jp  

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841