令和6(2024)年能登半島地震及び同年4月17日に愛媛・高知で発生した地震について
 この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、それぞれの地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








JLAメールマガジンバックナンバー

2018/11/20

第915号

===================================================<2018/10/3発信>
  JLAメールマガジン 第915号
=====================================================================
 編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2018 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます 
  JLAホームページアドレス http://www.jla.or.jp/
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   http://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
=====================================================================
▼目次▼
 ■図書館界ニュース
■新聞記事より
■集会等のお知らせ
■求人情報
 ■JLAからのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース
○文部科学省組織令の改正法、施行
 文部科学省組織令の一部を改正する法律が10月1日より施行された。
 生涯学習政策局を総合教育政策局に改組する、総合教育政策局等関係改正令
 は、9月28日に閣議決定され,10月3日に公布、10月16日から施行される。
 10月16日の総合教育政策局等関係改正令の施行の際には、社会教育の振興等
 を横断的に総括する社会教育振興総括官の設置をはじめ,各課に置かれる室
 を定めるなど省令・訓令等の改正が行われる。それとともに担当局、担当課、
 担当係が変更される業務などの情報は、あらためて10月16日以降に発出され
 る予定とのことである。
 これまで生涯学習局社会教育課の所管事務であった公立図書館は、10月中旬
 以降は、総合教育政策局地域学習推進課が所管することが予定されている。
 また、初等中等教育局が所管していた学校図書館も地域学習推進課の所管と
 なることが想定されている。
 文化庁関係改正令の概要は、(1)文化庁の長官官房及び部を廃止し,同庁に
 次長二人,審議官二人及び文化財鑑査官一人を置くこと。(2)文化庁に政策
 課,企画調整課,文化経済・国際課,国語課,著作権課,文化資源活用課,
 文化財第一課,文化財第二課,宗務課及び参事官二人を置くこと。
 これに伴い、文部科学省生涯学習政策局社会教育課の所掌であった「博物館
 に関する事務」は企画調整課に移管された。
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/1409585.htm

○第104回全国図書館大会東京大会 当日受付のご案内
 当日受付は次の場所で行います。
 10月19日(金)カルチャー棟1階大ホール入口 当日受付窓口
 10月20日(土)センター棟1階102 センター棟の入って左側の奥の部屋です。
 大会事務局企画「埜納タオ先生講演会」もそれぞれの日の受付窓口で申し込
 みください。また、事前に下記フォームでお申込みください。
 https://goo.gl/forms/BxL04yREZMlf9QMc2

○日本図書館協会会員の集いの開催
 全国図書館大会2日目分科会終了後に日本図書館協会会員の集いを開催しま
 す。日本図書館協会の運営の在り方や事業について、意見交換し、相互の交
 流を図る機会です。大会に参加されていなくても、また、会員・非会員問わ
 ずどなたでも参加できますので、奮ってご参集ください。。
 日時:2018年10月20日(土)17:30~19:00
 会場:国立オリンピック青少年総合センター センター棟405会議室
 内容:西日本豪雨による被災した図書館の調査報告(図書館災害対策委員・
  名取市図書館 加藤孔敬氏)、日本図書館協会協会のこの1年(森茜日本図
  書館協会理事長)、意見交換

○朝日新聞の図書館大会広告特集面について
 第104回全国図書館大会東京大会の広報記事が朝日新聞に掲載されます。
 掲載ページ:10月6日(土)読書欄の前の広告特集面
 内容:作家、辻村深月さんのインタビュー
 10月19日(金)の大会当日もその紙面を配布する予定です。

○来年度の全国図書館大会等の予定
 ・全国図書館大会
 開催地:三重県(三重県総合文化センター)
 開催期日:2019年11/21(木)・11/22(金)
 ・全国公共図書館研究集会 サービス・総合経営部門
 開催地:千葉県 千葉市生涯学習センターホール
 開催期日:2019年12/12(木)~12/13(金)
 ・同 児童青少年部門
 開催地:島根県松江市内で検討中
 開催期日:2019年11/28(木)・11/29(金)
 
--------------------------------------------------------------------
◆新聞記事より
○NDLサーチ 近刊情報を提供へ JPROとの連携強化 [国立国会図書館]
  (新文化8/2)

○〔今どき図書館〕2 子連れ歓迎 交流の場 [北区立中央図書館,鳥取県
 立図書館,杉並区立中央図書館,日立市立南部図書館] (読売8/3)

○〔教育の窓〕図書館民間委託悩む自治体 サービスの質に課題 利用者増え
 たが 「経費削減が優先」 委託業務を限定 「文化振興へ長期的視点必要」
 委託率16.5% 不適切購入の事例も [来年度から直営へ 守谷市,委託を
 窓口業務などに限定 土浦市] (毎日8/6)

○〔NEWS短信〕閲覧制限,6冊は不要 [平成即位の政府式典記録 国立国会
 図書館] (長崎8/10)

○〔今どき図書館〕3 起業 司書がお手伝い [くまもと森都心プラザ図書
 館・熊本市,広島市立中央図書館,小山市立中央図書館] (読売8/10)

○本や文化財一括検索 図書館・博物館 データベース統合 政府新サイト
 [「ジャパンサーチ」(仮称)](読売8/16)

○〔今どき図書館〕4 夏の宿題ヒント助言 [袖ヶ浦市立中央図書館,文京
 区立小石川図書館,白山市立松任図書館] (読売8/17)

○公民館 図書館 首長部局への移管の特例 「社会教育行政衰退の恐れ」 
 中[央]教[育]審[議会生涯学習]分科会報告 学会から批判 中立性確立の認
 識も後退 日本社会教育学会会長の長澤成次・千葉大[学]名誉教授の話
 (しんぶん赤旗8/18)

○〔いまどき図書館〕5 電子化 歴史的建物救う [函館市中央図書館,NPO
 長野県図書館等協働機構,下松市立図書館] (読売8/24)

○公立図書館自習も歓迎 若者の読書離れ防止へ各館工夫 SNS発信やイベント
 「時代とともに役割変化」 [大阪市立中央図書館,武蔵野プレイス](中国8/25)

○〔今どき図書館〕6 復興の軌跡 未来へ [岩手県立図書館,益城町図書館・
 熊本県,長岡市立中央図書館文書資料室] (読売8/31)

○図書館読書から学習の場へ 自習スペース広がる 身近な利用を呼びかけ
  [苫小牧市立中央図書館,札幌市中央図書館,大阪市立図書館,柏原市立
 図書館,紫波町図書館・岩手県] (北海道7/1)

○長井市公共複合施設基本計画 図書館,子育て支援施設合築 19~23年度で
 具体化へ(日刊建設工業8/3)

○〔平成をあるく〕井上ひさしの遅筆堂文庫 故郷に寄贈した22万点 自分で
 考えて生きろ 地方と中央関係問う 地球の中心 中央集権を風刺 残酷な
 時代 メモ 憲法絵本大きな反響 (宮崎日日8/4)

○〔北関東フォーカス〕駅前に図書館 にぎわい呼ぶ 交流の場,街づくりの
 核に 茨城[県]・土浦[市] 来館8ヵ月で40万人超 栃木[県]・那須塩原[市] 
 高校生立ち寄りやすく(日経<北関東>8/25)

○[栃木県]茂木[町]の[ふみの森もてぎ]図書館 [日本図書館]協会建築賞 木
 の温かみ,職員対応評価(読売<栃木>8/14)

○「地蔵の湯」北側に漫画図書館 群馬[県]・草津町 K計画事務所で設計進む
  (日刊建設工業7/5)

○古典芸能・演劇の図書4200冊寄贈 [日本]芸[能実演家]団[体]協[議会]が豊
 島区に (東京7/18)

○[日本]書[籍出版]協[会] 出版クラブビル・ライブラリー 寄贈500点を蔵書
 2次募集開始(新文化8/2)
 
--------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ
○公開シンポジウム「立教大学司書課程主催 アーカイブズの最新トレンド2018」
 日時:2018年11月12日(月)18:20~20:20
 会場:池袋キャンパス 1号館2階 1202教室
 講師:Karen M. Mason 氏(Mary Louise Smith Iowa Women's Archives・キュ
  レーター)、Cassie Findlay 氏(Gap Inc.・シニアアナリスト)
 対象:立教大学学生、教職員、校友、一般
 参加費:無料(申込不要)
 問合先:学校・社会教育講座事務室 司書課程 TEL:03-3985-2229

○図書館基礎講座in首都圏
 主催:日本図書館協会図書館基礎講座首都圏実行委員会
 日時:2018年11月12日(月)10:00~16:30、19日(月)10:00~16:30
 会場:関東学院大学 金沢文庫キャンパス3階
 内容:[12日]「図書館の基礎」高田淳子氏(獨協大学非常勤講師、日本図書
  館協会認定司書第1016号)、「図書館の自由」千錫烈氏(関東学院大学社
  会学部、図書館の自由委員会)、地域限定講座「障害者サービス~視覚障
  害者サービスとは、その現状について~」平井利依子氏(神奈川県ライト
  センター、日本図書館協会認定司書第1107号)[19日]「現代の図書館の
  動向」三村敦美氏(座間市立図書館、日本図書館協会認定司書第1080)、
  「出版流通と資料選択」吉田倫子氏(日本図書館協会認定司書第1090号)、
  地域限定講座「図書館の広報」岩永知子氏(相模原市立橋本図書館、日本
  図書館協会認定司書第1040号)
 参加費(資料費):1講座 500円 ※地域限定講座は無料(地域限定講座の
  みの参加は1講座500円)
 申込方法:(1)氏名(2)所属(3)受講希望科目(4)電話番号(5)メール
  アドレス(6)領収書の要・不要を記入のうえ、件名は「基礎講座首都圏申
  し込み」としてメールまたはFAX(件名は「基礎講座首都圏申し込み」)
  申込ください。
 申込先:E-mail:kikaku★jla.or.jp FAX:03-3523-0841
 問合先:日本図書館協会 秦 TEL:03-3523-0816

○[専図協]見学会(関西地区)
 日時:2018年11月15日(木)14:00~15:00
 会場:大阪府立男女共同参画・青少年センター (ドーンセンター)5階セミナー室2
 テーマ:「資料デジタル化・公開に伴う権利処理」
 講師:佐藤久美子氏(国立国会図書館関西館電子図書館課)
 定員:20名(申込先着順)
 参加費:専図協会員 無料/非会員 3,000円
 申込・詳細HP:https://jsla.or.jp/educational-program20181115/

○第11回日本図書館協会・四国ブロックの集い
 愛媛県図書館協会研修部会平成30年度図書館職員研修会
 「図書館は成長する有機体である」
 主催:愛媛県図書館協会
 日時:2018年11月19日(月)10:30~15:30(受付開始 10:00)
 会場:愛媛県立図書館 5階 多目的ホール
 内容:「これからの図書館」大串夏身氏(昭和女子大学名誉教授)、図書館の
  可能性は∞~低予算で地域の拠点となる方法~」綾野昌幸氏(伊丹市立図
  書館ことば蔵館長)
 定員:100名(先着順)
 申込方法:参加申込書に必用事項を記入のうえ、メールまたはFAXで。
 申込・問合先:愛媛県図書館協会研修部会(愛媛県立図書館内 担当:中村)
  TEL:089-941-1441 FAX:089-941-1454 Email:kyodo★libnet.ehimetosyokan.jp
 詳細HP:http://www01.ufinity.jp/ehime/index.php?key=jou7tratf-418

○知ってる?この本-子どもの本を紹介しあう-
 主催:図書館問題研究会・兵庫支部 共催:同・大阪支部
 日時:2018年11月19日(月)14:00~16:30
 会場:神戸市立婦人会館4階あじさい
 テーマ:「連続公開講座・司書力アップ第2回 絵本」
 参加費:200円(資料費,会場費)/図書館問題研究会会員:無料
 申込方法:以下のアドレスに氏名と所属を明記のうえお申込ください。
 申込先:図書館問題研究会・兵庫支部 E-mail:hyo-tmk★shisho.jp

○[対話集会]「どうなる? どうする!どうする!市民自治と社会教育 市民
  自治と社会教育」
 日時:2018年11月25日(日)13:30~17:00(開場13:00)
 会場:町田市立国際版画美術館 講堂
 内容:「市民の社会教育・生涯学習を求めて―文科省の組織改編にどう対応
  するか」寺脇研氏(京都造形芸術大学教授)、[シンポジウム]荒井容子
  氏(法政大学教授)、寺脇研氏、山口源治郎氏(東京学芸大学教授)、薗
  田碩哉氏(まちだ未来の会代表・コーディネーター)
 参加費:500円(資料費、先着順)

○防災推進国民大会2018セッション「震災記録のポータルサイト~使ってみよ
 う東日本大震災アーカイブ」
 主催:国立国会図書館
 日時:2018年10月14日(日)10:00~11:30
 報告者兼パネリスト:三浦伸也氏(国立研究開発法人防災科学技術研究所主
  幹研究員)、池上三喜子氏(公益財団法人市民防災研究所理事・特別研究
  員)、清水弘明氏(NHK知財センターアーカイブス部副部長)、伊東敦子氏
  (国立国会図書館電子情報部主任司書)、モデレータ:柴山明寛氏(東北
  大学災害科学国際研究所 准教授)
 参加費:無料
 みフォーム:http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/bosaikokutai2018.html
 問合先:国立国会図書館電子情報部 電子情報流通課 情報流通係
  TEL:03-3581-2331(代表)E-mail:hinagiku★ndl.go.jp)

----------------------------------------------------------------------
◆求人情報
○学校法人ルーテル学院 図書館司書 募集:1名
 応募締切日:平成30年10月9日(火)

○九州国立博物館 有期雇用職員(時間雇用職員)の公募:1名
 応募締切日:平成30年10月11日(木)

○(株)KUサポート(駒澤大学事業会社/図書チーム)契約社員募集:若干名
 応募締切日:平成30年10月16日(火)

○神戸大学附属図書館 事務補佐員(パートタイム職員)募集:2~3名程度
 応募締切日:平成30年10月26日(金)

○公益財団法人 京都市生涯学習振興財団 嘱託職員の募集:20名程度
 応募締切日:平成30年11月20日(火)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

--------------------------------------------------------------------
◆JLAからのお知らせ
○JLA新刊
 読みたいのに読めない君へ,届けマルチメディアDAISY (JLA Booklet no.2)
 牧野綾編著 日本図書館協会刊 2018.9 A5判 83p 定価1000円(税別)
 ISBN978-4-8204-1809-2
 http://www.jla.or.jp/publications/tabid/87/pdid/p11-0000000508/Default.aspx

○頒布協力本(他団体発行)
平成29年度国際子ども図書館児童文学連続講座講義録 絵本はアート、絵本
 はメディア 国立国会図書館国際子ども図書館編刊 日本図書館協会(販売)
 2018.9 A4判 110p 定価1700円(税別) ISBN978-4-87582-819-8
JLA施設A会員配布資料
 http://www.jla.or.jp/publications/tabid/87/pdid/p11-0000000510/Default.aspx

○『図書館雑誌』10月号の発送は12日(金)を予定しております。
 問合先:会員係(TEL.03-3523-0811 FAX.03-3523-0841 somu★jla.or.jp)

○2018年度第5回施設会員配付資料(10月12日発送予定)
 
 (1)カレントアウェアネス No.337
 
 (1)日本の参考図書 四季版 No.208
============================================================no.915END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。mailmaga★jla.or.jp 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841