令和6(2024)年能登半島地震及び同年4月17日に愛媛・高知で発生した地震について
 この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、それぞれの地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








JLAメールマガジンバックナンバー

2018/03/14

第885号

===================================================<2018/2/14発信>
  JLAメールマガジン 第885号
=====================================================================
 編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2018 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます 
  JLAホームページアドレス http://www.jla.or.jp/
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   http://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
=====================================================================
▼目次▼
 ■図書館界ニュース
 ■新聞記事より
 ■集会等のお知らせ
 ■『図書館雑誌』2月号のお知らせ
 ■求人情報
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース
○図書館の地方交付税積算に人口密度補正を適用
 総務省自治財政局財政課は1月25日、「平成30年度の地方財政の見通し・予
 算編成上の留意事項等について」を都道府県、指定都市の財政担当課等に発
 し、同日全国都道府県財政課長等会議を開催した。地方税が増えていること
 を理由に地方交付税は6年連続して減額となるが、図書館の交付税算定にあ
 たっては、人口密度に応じた補正を行うことを明らかにした。「平成の合併
 により、市町村の面積が拡大する等市町村の姿が大きく変化したことを踏ま
 え、平成28年度又は平成29年度に見直しを行った事項については、引き続き
 段階的に交付税の算定に反映することとしていること。新たに、その他の教
 育費における図書館及び社会体育施設に要する経費について人口密度に応じ
 た補正の適用…を行うこととし、平成30年度以降3年間かけて段階的に交付
 税の算定に反映することとしていること。」とのことである。
 さらに公共施設の「適正管理」についても指摘しており、2020年までに策定
 を求めている個別施設計画に並行して公共施設等適正管理推進事業債の活用
 を述べている。図書館の廃止、複合化の動きが各地で見られるが、これとの
 関連の追究が求められる。
 http://www.soumu.go.jp/main_content/000529630.pdf

○図書館政策セミナー「「指定管理者制度モデル条例案」(日弁連法務研究財
団作成)を学ぶ」のお知らせ
 日本図書館協会では、標記セミナー開催します。奮ってご参加ください。
 日時:2018年2月22日(木) 午後6時30分(予定)~
 場所:日本図書館協会 2階研修室
 参加費:300円 事前申込不要
 詳細:http://www.jla.or.jp/jlaevent/tabid/93/Default.aspx#seminar20180222
 ちらし:http://www.jla.or.jp/Portals/0/data/content/JLAevent/seminar20180222.pdf

 *訂正
 本メールマガジン先週号(第884号)本コーナーの「町田市立さるびあ図書
 館の存続を求める請願」を3月議会に提出予定』記事中のリンク先に誤り
 がありましたので、次のとおりお詫びして訂正いたします。
 町田の図書館活動をすすめる会:https://machida-library.jimdo.com/
 まちだ未来の会ブログ:https://blogs.yahoo.co.jp/machida_future_0625
 まちだ未来の会Twitter:https://twitter.com/machida_future

--------------------------------------------------------------------
◆新聞記事より
○貸し出し簡単 [松阪市立]徳和小[学校]読書室 1日平均150人,昨年
 の倍 コーナー設置 装飾も工夫 市内小学校唯一の[学校用図書]システ
 ム(夕刊三重11/29)

○図書館や交流スペース 四日市市 中心市街地拠点施設 市が基本計画案
 (日刊建設工業12/15)

○〔この1年 2017 鈴鹿・亀山〕3 JR亀山駅前再開発 批判相次ぎ予算
 凍結 [亀山市 図書館など](中日<三重・鈴鹿亀山>12/28)

○〔2018.1.28 綾部市長選〕図書館核に[JR綾部]駅周辺整備 山崎市長出
 馬会見 2期実績強調(京都<西丹>12/3)

○〔とことんサーチ〕移動図書館豊富な大阪[府] 「身近に本を」70年続く
 思い 財政難で少ない「常設」補完 [大阪市,豊中市など]
(日経<大阪本社>12/14夕)

○三宮再開発 中央区役所,勤労会館移転 神戸市配置計画 市役所3号館跡
 へ [神戸市立三宮図書館など](読売<神戸>11/21)

○管理者ツタヤ運営会社に 和歌山[市] 新図書館カフェなど併設
 (読売<和歌山>12/1)

○ツタヤ図書館 市側理解求める 和歌山市議会[経済文教]委[員会]
 (読売<和歌山>12/12)

○ライブラリー・オブ・ザ・イヤー2017 瀬戸内市民図書館大賞 [岡山]県
 内初 市民参加型の整備評価(山陽11/21)

○図書館・公民館開館から8ヵ月 入館者30万人(年間目標)超える 効果大
 きい「閉館9時」 多彩な事業展開も [玉野市立図書館・中央公民館]
(山陽<玉野>12/9)

○鹿島ら4社グループに 三原市駅前東館跡活用 図書館,ホテルなど3棟整
 備(日刊建設工業12/28)

○下松市立図書館が優秀賞 [第66回]読売教育賞 出前授業や活用ガイド
 (読売11/4)

○「先輩の本棚」設置 豊北高校卒業生の著作を集めた [下関市立図書館]
 豊北図書室 「再編統合前に歴史感じて」(山口11/9)

○障害者ら手製のパン 図書館内で試行販売 宇部[市](朝日11/15)

○電子図書館[みる会図書館徳島館]徳島[市]に開設 持参タブレット端末
 で閲覧(読売<徳島>11/11)

○仕事も学びもお助け 図書館24時間開放 高知工科大[学](日経<四国>11/28)

○鹿島ら5社グループに 図書館等複合施設PFI 行橋市(日刊建設工業10/24)

○住民投票条例を本請求 行橋市新図書館整備で市民団体[「図書館建設まっ
 た!」の会] 事業契約案と同日に議会へ(西日本<北九州>12/8)

○〔リポート2017〕[北九州市立]八幡西図書館好調続く 開館5年 入館250
 万人,貸し出し400万冊 自動貸出機を導入,畳の読書コーナーも
 (西日本<北九州>12/10)

○行橋市新図書館整備 市民団体請求の住民投票条例案 市長反対意見付け提
 案事業契約案も同時に議会へ(西日本<北九州>12/14)

○行橋市の複合文化施設整備 推進,反対の2案可決 契約締結と住民投票
 市議会2委員会[建設経済委員会,総務委員会](西日本<北九州>12/19)

○〔リポート2017〕行橋[市]新図書館建設の是非 市長選の争点に浮上か
 住民投票条例案僅差で否決(西日本<北九州>12/25,関連1紙)

○「認知症カフェ」再び開店 市民図書館喫茶店内に 伊万里市 第4日曜 
 地域との交流拠点に(佐賀11/24)

○移動図書館車[とりんす号]25年ぶり更新 鳥栖市 雨の日もゆっくり読書
 屋内移動型 全国3例目 来年1月から巡回へ(佐賀12/3)

○〔この人に聞く〕文化向上へ学びの場に 「街なか図書館 濱まち」呼びか
 け人 高尾眞知子さん(64) [宇城市](毎日<熊本>12/10)

○46年間ありがとう 都城市立図書館が休館 来春移転オープンへ準備
(宮崎日日12/5)

○[沖縄]県立図書館来年4月休館 旭橋[再開発事業区域]に移転,12月新
 館(琉球新報12/7)

----------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ
○図書館九条の会 第14回学習会「日本国憲法の核心を考える-自民党憲法改
正草案と九条の表現の自由の問題等にも触れながら-」
 日時:2018年3月4日(日)13:30~15:30(13:00開場)
 会場:日本図書館協会2階研修室
 講師:伊藤真氏(法学館憲法研究所所長、伊藤塾塾長、弁護士)
 参加費:無料
 問合先:「図書館九条の会」事務局・佐藤 TEL/FAX:03-3611-0206
  E-mail:info★toshokan9jo.net

○日本図書館文化史研究会2017年度第3回研究例会
 日時:2018年3月10日(土)14:30~16:50
 会場:日本図書館協会2階研修室
 内容:「『図書館人物事典』編集の経緯」奥泉和久氏(法政大学兼任講師) 、
  「事例としての個人と図書館人物類型」小林昌樹氏(国立国会図書館)
 参加費:日本図書館文化史研究会会員500円、非会員1,000円
 申込先:office★jalih.jp
 申込締切:3月5日(月)
 詳細:http://jalih.jp/events/events.html#reikai

----------------------------------------------------------------------
◆『図書館雑誌』2月号(60ページ・定価1008円)のお知らせ
○特集「トピックスで追う図書館とその周辺」
 ・アクティブラーニングと学校図書館の新しい機能(溝上慎一)
 ・大学生に「図書館」を伝える-文教大学越谷校舎における教養教育授業
  「現代社会を生きるための図書館学」の試み(鈴木正紀)
 ・図書館職員による館内サイン改善の取り組み
   -Library with Design and Ideas(吉野知義)
 ・50周年を迎えた矯正図書館(重松 弘)
 ・読む喜びを広げよう-一人ひとりに合った読書スタイルの提案(矢部 剛)
 ・国立国会図書館オンライン,その新しいサービス(小林芳幸)
 ・ALAが展開する「地域を変革する図書館」プロジェクト-地域とともに歩む
図書館の新たな役割(豊田恭子)

----------------------------------------------------------------------
◆求人情報
○越谷市立図書館 非常勤職員(図書館司書)の募集:1名
 応募締切日:平成30年2月15日(木)

○平成30年度 中央区立図書館 非常勤職員 募集:若干名
 応募締切日:平成30年2月16日(金)

○東京大学工学・情報理工学図書館 事務補佐員 募集:1名
 応募締切日:平成30年2月19日(月)

○神戸大学附属図書館 事務補佐員(パートタイム職員)募集 :若干名
 応募締切日:平成30年2月23日(金)

○専修大学生田校舎図書館 契約職員 募集:1名
 応募締切日:平成30年2月26日(月)

○国立研究開発法人防災科学技術研究所 総合防災情報センター
 自然災害情報室 :1名
 応募締切日:平成30年2月26日(月)

○キャリエールホテル旅行専門学校 情報ライブラリー司書
 (嘱託職員 フルタイム):1名
 応募締切日:平成30年2月26日(月)

○一橋大学学術・図書部学術情報課 事務補佐員 募集:2名
 応募締切日:平成30年2月27日(火)

○滋賀県野洲市 野洲図書館・中主分館 臨時職員募集:1名
 応募締切日:平成30年2月27日(火)

○有明教育芸術短期大学 図書館司書(正職員)募集:1名
 応募締切日:平成30年2月28日(水)

○早稲田大学図書館(文学部キャンパス内)リーダースタッフ募集:1名
 応募締切日:平成30年2月28日(水)

○学習院大学 法学部・経済学部図書センター アルバイト募集:若干名
 応募締切日:平成30年2月28日(水)

○独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所 非常勤職員(図書業務)募集:1名
 応募締切日:平成30年2月28日(水)

○柏市立図書館 司書補助員(臨時職員)募集:1名
 応募締切日:平成30年2月28日(水)

○首都大学東京 非常勤契約職員(日野・司書)公募:1名
 応募締切日:平成30年3月2日(金)

○岡崎市立中央図書館 嘱託職員(司書)募集:1名
 応募締切日:平成30年3月2日(金)

○日本医科大学 図書館司書採用情報(社会人経験者採用):1名
 応募締切日:平成30年3月7日(水)

○公益財団法人 日本近代文学館 資料整理スタッフ募集:1名
 応募締切日:平成30年3月14日(水)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

============================================================no.885END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。mailmaga★jla.or.jp 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841