令和6(2024)年能登半島地震について

この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








JLAメールマガジンバックナンバー

2023/10/06

第1131号

=================================================<2023/4/12発信>
  JLAメールマガジン 第1131号
================================================================
編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2023 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます
  JLAホームページアドレス https://www.jla.or.jp/default.aspx
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   https://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
================================================================
▼目次▼
■図書館界ニュース
■新聞記事より
■集会等のお知らせ
■求人情報
■JLAからのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース

○『日本の図書館』電子媒体版のオープンデータについて
  『日本の図書館』は、これまで冊子体の他に電子媒体版として販売してい
 たが、さらに多くの図書館・図書館員の皆さまに役立てていただけるよう、図
 書館調査事業委員会等にて協議の上、過年分の統計データの一般公開を4月11日より
 開始した。
  下記URLより利用規約をご確認の上、ご活用いただきたい。
  なお、最新5年分の電子媒体版は有償頒布を継続するが、今後定期的に見
 直しをはかる予定である。
 ・日本図書館協会 図書館調査事業委員会
  https://www.jla.or.jp/committees/chosajigyo/tabid/263/Default.aspx
 ・『日本の図書館』電子媒体版(オープンデータ・1996年~2017年)
  https://japanlibraryassociation.app.box.com/s/nmpekhc8rkjew30b8cgdgs2sm9fu5289

○2023年度文部科学省予算が成立
  文部科学省は、2023年3月28日に本予算が予算案のとおり成立したとHPに
 掲載している。
  読書活動総合推進事業では、2023年度からの「子供の読書活動に関する
 基本的な計画」や第6期「学校図書館図書整備等5か年計画」等を背景に、図
 書館・学校図書館等を活用した読書活動の推進(7,291千円)、「子ども読
 書の日」(4月23日)の理解推進(4,910千円)、読書活動の推進等に関する
 調査研究(11,699千円)等の取り組みが予算化されている。図書館・学校図
 書館等を活用した読書活動の推進では、委託事業として、発達段階などに応
 じた読書活動推進事業及び学校図書館図書の購入促進事業が盛り込まれ、委
 託先はそれぞれ2箇所が予定されている。
  この他、社会教育デジタル活用等推進事業では、全国の社会教育施設(公
 民館・図書館等)におけるデジタル環境の整備や効果的な活用、施設の整備
 や運営におけるPPP/PFIの活用を一層促進するため、社会教育施設(公民館・
 図書館)のデジタル機能強化・PFI活用アドバイザー事業が盛り込まれ、生
 涯を通じた障害者の学びの推進事業では、図書館における障害者利用の促進
 (12百万円)が予算化されている。
  ※令和5年度予算(文部科学省)
  https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420672_00008.htm

○千葉県読書バリアフリー推進計画の策定について
  千葉県は、全ての人が等しく読書活動を行うことができる環境を整備する
 ことを目指し、県の読書バリアフリー推進に係る施策を総合的に推進するた
 めの指針として「千葉県読書バリアフリー計画」を策定した。
  令和5年度から9年度までを計画の期間とし、アクセシブルな書籍等の利用
 機会の拡充や、量的拡充・質の向上、視覚障害者等の障害の種類・程度に応
 じたサービスの充実を図る。
  対象とされるのは、書籍について視覚による表現の認識が困難な方として
 いる。
  ※千葉県読書バリアフリー推進計画の策定について
  https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shougaku/dokusho-bf/keikaku.html 

○大阪府豊中市、「豊中市立図書館みらいプラン」を策定
  「豊中市立図書館みらいプラン」は、2021年2月に策定された「(仮称)
 中央図書館基本構想」に基づき、市立 図書館の基本方針等の関連内容を具
 現化し、新たな図書館サービス網の構築 を目指すものとして公表された。
 同プランでは、(仮称)中央図書館の候補地を3か所提示しており、令和5年
 度以降、計画地を選定し、将来にわたって 持続可能な図書館サービスの10
 項目を新たな展開として取り組むとしている。
  ※豊中市立図書館みらいプランを策定しました(豊中市立図書館)
  https://www.lib.toyonaka.osaka.jp/2023/04/post-218.html

○NDL ウェブ講演会「インクルーシブな情報社会実現に向けた図書館の役割―
 韓国国立障害者図書館における取組―」の動画公開
  2023年3月23日、韓国国立障害者図書館のチャン・ポソン氏をお迎えし開
 催したウェブ講演会「インクルーシブな情報社会実現に向けた図書館の役割
 ―韓国国立障害者図書館における取組―」の講演動画を、国立国会図書館公
 式YouTubeチャンネルで公開しました。
  障害がある方への図書館サービスの在り方について考える機会となれば幸
 いです。
  ※動画:https://youtu.be/oNTpzfjqFb8(日本語通訳版)
  https://youtu.be/YLQh-k-yT4k(韓国語のオリジナル音声版)
  ※動画で放映されるプレゼンテーション資料は韓国語版です。日本語版は
  下記講演会詳細ページを参照してください。
  ※一部、通訳音声が途切れている箇所があります。
  講演会詳細:https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20230323lecture.html

----------------------------------------------------------------------
◆新聞記事より

○最新号を除いてメール送信OK 図書館蔵書の電子データ [政府] (四国
 12/24)

○ゆるくて自由 私たちの学校図書館 マンガ・こたつ…もう一つの居場所 
 生徒支援のハブ機能も 公共施設 増える「くつろぎ重視」 [埼玉県立
 飯能高校「すみっコ図書館」,神奈川県立田奈高校「ぴっかり図書館」吹
 田市,「まちなかリビング」] (朝日2/2夕)

○〔オピニオン&フォーラム 耕論〕なぜ「図書館の自由」? 情報入手し
 育む民主主義 門井慶喜さん 作家 「知る自由」明確化の歴史 福井佑
 介さん 図書館学者 市民との協働自治の基本 嶋田学さん 前瀬戸内市
 民図書館長  (朝日2/4)

○電子出版1桁成長に鈍化 22年7.5%増 紙含めた市場,4年ぶり縮小
 (朝日2/5)

○多様な子向けに本を充実 文[部]科[学]省 [第5次子どもの]読書[活動
 の]推進[に関する基本的な]計画 (読売2/23)

○岩手[県]・大槌町文化交流センター 指定管理廃止,直営に 新年度 
 議会の反発を考慮 [図書館など] (河北新報1/13)

○公募型プロポ[ーザル]公告 湯沢市 [湯沢]駅周辺複合施設DBO [図書館
 など] (日刊建設工業1/24)

○読まなきゃもったいない 上山市立図書館 「貸出0回の本」 企画展 
 手に取りたくなるコーナー・仕掛け 司書の熱い思い (朝日〈山形〉2/4)

----------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ

○「今日からはじめる・カーリル学校図書館支援プログラム 2023 Spring」
2023年4月現在、1200校以上の学校図書館で導入されている「カーリル
学校図書館支援プログラム」(検索サービスの無償提供)について、概要や
利用までの手順などを分かりやすくご説明します。
今回は北海道・富良野市の学校司書・広嶋紀子さんをお招きして富良野市
の小中学校での活用事例を発表していただきます。

 日時:2023年5月12日(金)15:00-16:00
 場所:オンライン開催(Zoomミーティング)
 主催:株式会社カーリル
 参加費:無料
 詳細:どなたでも参加可能です。以下のURLからお申し込みください。
 https://gk.calil.jp
 ★当日参加できない方もアーカイブだけの申込みも可能です。
 申込締切:2023年5月11日(木)正午
 問い合わせ:gk★calil.jp (学校図書館支援プログラム 担当ふじた)

○第38回医学情報サービス研究大会高知大会
※プログラムが決定しましたので、あらためて「参加申込み」についてお知
らせします。

主催:第38回医学情報サービス研究大会実行委員会
共催:オーテピア高知図書館(高知県立図書館・高知市立市民図書館)
開催日:2023年7月1日(土)~2日(日)
開催方式:ハイブリッド形式(現地参加またはオンライン参加)
開催場所:オーテピア(高知県高知市追手筋2-1-1)
プログラム
・実践報告「オーテピア高知図書館 健康・安心・防災情報サービスの取組
  について」
・特別講演「公共図書館でなぜ健康情報サービスに取り組むのか」
 山重壮一氏(元高知県立図書館 専門企画員)
・継続教育「大学・大学院での研究活動と文献検索の現場」
 諏訪敏幸氏(大阪大学・国立成育医療研究センター)
・口頭発表、ポスター発表、参加者企画、プロダクトレビュー、企業展示
・オーテピア見学ツアー(希望者のみ)
申込期間・参加費
・早期申込割引期間 2023年5月27日(土)までに申込・送金完了:3,000円
・通常申込期間 2023年5月28日(日)以降6月23日(金)までに申込・送金
  完了:4,000円
・オンライン参加申込期間 2023年6月15日(木)までに申込・送金完了:
  1,500円
・学生参加:無料 ※社会人学生は除く
・懇親会:5,000円
申込方法:下記申込フォームより
https://forms.gle/9VKWY46nokYY8vyd7
プログラム等の詳細は大会HPをご覧ください。
https://plaza.umin.ac.jp/mis/38/
 
----------------------------------------------------------------------
◆求人情報

○同志社国際中学校・高等学校 学校図書館契約職員:1名
 応募締切日:2023年4月25日(火)

○杉並区区立小・中学校会計年度任用職員(学校司書):若干名
 応募締切日:2023年4月25日(火)

○東京弁護士会・第二東京弁護士会合同図書館職員:1名
 応募締切日:2023年4月25日(火)

○公立大学法人大阪 職務限定職員(司書)の募集:1名
 応募締切日:2023年4月26日(水)

○一橋大学附属図書館 事務補佐員:1名
 応募締切日:2023年5月9日(火)

○県立神奈川近代文学館(公益財団法人神奈川文学振興会)職員
(採用:令和6年4月):2~3名
 応募締切日:2023年5月31日(水)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

=====================================================no.1131END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。
mailmaga★jla.or.jp
 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841