令和6(2024)年能登半島地震について

この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








JLAメールマガジンバックナンバー

2023/10/06

第1127号

=================================================<2023/3/15発信>
  JLAメールマガジン 第1127号
================================================================
編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2023 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます
  JLAホームページアドレス https://www.jla.or.jp/default.aspx
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   https://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
================================================================
▼目次▼
■図書館界ニュース
■新聞記事より
■集会等のお知らせ
■求人情報
■JLAからのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース

○『日本の図書館 2022』出版
  『日本の図書館 統計と名簿』2022年版(日本図書館協会発行)が3月10日
 に発行された。
  公共図書館については、図書館設置市区町村の数は1,345から1,347へ、図
 書館設置率は77.3%から77.4%に増加、図書館数は市区立2,600館(昨年比8館
 減)、町村立628館(昨年比2館減)となった。大学図書館数は1,476館(昨
 年比8館増)、短期大学図書館数は156館(昨年比5館減)となった。
 電子媒体版の購入申し込みは、4月上旬開始予定。
 (B5判 521p 定価:本体15,000円(税別)ISBN978-4-8204-2217-4
  施設AB会員配付)

○「グローバル・マネー・ウィーク2023」参加図書館でイベント等開催
  「グローバル・マネー・ウィーク(GMW)2023」が2023年3月11日(土)か
 ら3月31日(金)まで開催されているが、20を超える図書館で、お金に関す
 る図書(児童書)の企画展示等が実施される。GMWのポスターにその趣旨の
 説明を付記したうえで、お金関係の書架を利用者に紹介する事例もあるとい
 う。
  また、今回は参加できないが、来年度にお金に関する企画を実施したいと
 の依頼も金融広報中央委員会(愛称「知るぽると」、事務局は日本銀行)に
 寄せられている。知るぽるとでは、通年で刊行物等の送付に無料で対応し、
 刊行物については、在庫があれば発注から1週間以内でお届けするとのこと。
※GMWのお知らせ(知るぽるとHP)
 https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/oshirase/oshirase072.html
※問合せ先:金融広報中央委員会(事務局:日本銀行情報サービス局内)
     Tel:03-3277-1062 Email:post.prd90★boj.or.jp
              ※★は@に置き換えてください。

○中央教育審議会「次期教育振興基本計画について(答申)」を取りまとめ
  中央教育審議会では、令和5年3月8日の第134回総会において「次期教育振
 興基本計画について(答申)」を取りまとめた。
  次期計画の基本的なコンセプトは、「2040年以降の社会を見据えた持続可
 能な社会の創り手の育成」「日本社会に根差したウェルビーイングの向上」
 とされ、今後の教育政策に関する基本的な方針としては、「グローバル化す
 る社会の持続的な発展に向けて学び続ける人材の育成」「誰一人取り残さず、
 全ての人の可能性を引き出す共生社会の実現に向けた教育の推進」「地域や
 家庭で共に学び支え合う社会の実現に向けた教育の推進」「教育デジタルト
 ランスフォーメーション(DX)の推進」「計画の実効性確保のための基盤整
 備・対話」が挙げられている。また、今後5年間の教育政策の目標と基本施
 策の内、目標2では「豊かな心の育成」として、「読書活動の充実」が謳わ
 れている。
  今後は、この答申を踏まえ、閣議決定に向けたプロセスが進められる。
※次期教育振興基本計画について(答申)(中教審第241号)(文部科学省)
 https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1412985_00005.htm

○被災した図書館のために~「チャリボン」による寄附を募集しています~
  日本図書館協会では、3月1日から31日を「チャリボン」による災害対策支
 援のためのキャンペーン期間として、寄附を募集しています。皆様からのご
 寄附によって、速やかに図書館を復旧し、地域の学びを止めずに活動を行う
 ことが可能となります。
  「チャリボン」は、株式会社バリューブックスが行っている古本買取の仕
 組みを生かし、本の寄附を集めてNPO・NGO団体や大学の活動資金に変える仕
 組みです。ご寄附いただいた本を一旦お金に変えることで、本当に現地で必
 要としている本やものを贈ることができ、図書館へのより良い支援となりま
 す。ぜひ、この機会にご寄附いただければ幸いです。
  この期間にいただいたご寄附のうち、90%を災害対策支援に、10%を法人
 運営等に活用させていただきます。
 期間:2023年3月1日(水) ~ 3月31日(金)
 申込:下記「チャリボン」日本図書館協会サイトよりお申し込みください。
    https://www.charibon.jp/partner/jla/

----------------------------------------------------------------------
◆新聞記事より

○正確な「がん情報」図書館に 国立[がん]研究センター 寄贈500館超え 
 目にする機会を そのまま展示可 新たな展開 [和歌山県立図書館など]
 (宮崎日日12/20)

○普及を先導「絵本専門士」 狭き門の民間資格 地域の「核」担う 読書啓
 発へ 「認定絵本士」も養成 (読売12/22)

○社内図書館 交流・学び促す 本を通じ社外・地域と接点 集いたくなる空
 間意識 講習やライブも 発想転換の契機 [サツドラホールディングス
 (札幌市)、Speee(港区)、増田石油(福岡市)など] (日経12/24夕)

○学校図書費 自治体格差 小学校13倍 中学校27倍 [読売新聞]本社調査
 / 〔スキャナー〕調べる学習 図書格差が影 公立小[学校]13倍・中学
 [校]27倍 50年前の図鑑、情報機器優先… 交付税使途、自治体次第 段
 ボールに保管 財政事情[熊本市] 情報の拠点[図書充実を図る:島根県隠
 岐の島町、鳥取県琴浦町 学校図書館支援センター:松江市] 学校図書館
 人手不足 学校司書や司書教諭 (読売12/26)

○国立「MANGA」館実現なるか 超党派[「マンガ・アニメ・ゲームに関する議
 [員]連[盟]が活発化 麻生[太郎]氏も支援 [仮称「MANGAナショナル・セン
 ター」] (毎日1/10)

○〔解説〕非正規公務員「雇い止め」の不安 会計年度任用職員制度 更新・
 公募 見直し求める声 再任用2回まで 「無期転換」非適用 250万円未満
 8割 人件費抑制で4人に1人  [図書館など] (読売1/20)

○〔学校に本を〕古い学校図書 更新進まず 168自治体 [読売新聞]本社調
 査 廃棄勧めていない25% 蔵書数減に抵抗感 予算や司書不足
 (読売1/22)

○好評!黒石市立図書館 来館者数目標値を毎月クリア (東奥日報12/8)

○〔学校に本を〕「学力日本一の村」 [秋田県]東成瀬[村] 豊かな読書環境
 1人あたり 図書費 全国トップ級 (読売〈秋田〉1/11)

----------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ

○日本図書館協会非正規雇用職員セミナー「会計年度任用職員、3年目の今」
  会計年度任用職員制度発足後3年目、雇用止めなど各地でさまざまな問題
 が起きています。各地の情報交換を通して改善の方向を考えます。非正規雇
 用職員の皆さんの参加をお待ちします。
 内容:会計年度任用職員制度の学習と情報交換、交流の会
 日時:3月27日(月)13:00~16:00
 場所:福岡県立図書館別館2階研修室
 講演:「会計年度任用職員制度の問題点と日本図書館協会の提言」
    小形亮(日本図書館協会 非正規雇用職員に関する委員会委員長)
 報告:九州各地から
 事前申し込み:不要
 参加費:無料
 問合先:日本図書館協会事務局・星川 電話03‐3523‐0816
 E-mail:kikaku★jla.or.jp ※★は@に置き換えてください。

----------------------------------------------------------------------
◆求人情報

○京都華頂大学・華頂短期大学図書館臨時職員:若干名
 応募締切日:2023年4月7日(金)

○令和5年度(2023年度)北海道教育委員会職員(主事(図書館学))
 採用選考:2名 応募締切日:2023年5月12日(金)

○慶應義塾大学公的分析システマティックレビュー担当者:1名
 応募締切日:2023年5月31日(水)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 https://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

----------------------------------------------------------------------
◆JLAからのお知らせ

○JLA新刊
 日本の図書館 統計と名簿 2022 日本図書館協会図書館調査事業委員会
 日本の図書館調査委員会編 日本図書館協会刊 2023.3 B5判 521p
 定価15,000円(税別) ISBN978-4-8204-2217-4
 https://www.jla.or.jp/publications//tabid/87/pdid/p11-0000000623/Default.aspx
 ※『日本の図書館 統計と名簿 2022』は、施設AB会員配付資料です。
  (2023年3月27日発送)

○『情報資源組織演習 三訂版』(JLA図書館情報学テキストシリーズ 3-10)
 の正誤表について
  1月に発行した『情報資源組織演習 三訂版』(JLA図書館情報学テキスト
 シリーズ 3-10)に誤りがありました。深くお詫びいたします。
  下記リンク先の「お知らせ」欄に正誤表を掲載いたしましたので、ご確認
 ください。
 https://www.jla.or.jp/committees/syupan/tabid/264/Default.aspx

○2022年度第8回施設会員配付資料(3月17日発送予定)
 
 (1) 現代の図書館 vol.60 no.3
 (2) 日本の参考図書 四季版 No.226
 (3) 図書館記念日・図書館振興の月ポスター
 上記資料とともに『図書館雑誌』2023年3月号をお送りいたします。
 なお、A,B会員には、『日本の図書館 統計と名簿 2022』を別便にてお送り
 いたします。※3月27日送付予定
 これまでにお届けしている資料は下記でご案内しています。
 https://www.jla.or.jp/membership/tabid/159/Default.aspx
 問合先:会員係(TEL.03-3523-0811 FAX.03-3523-0841 somu★jla.or.jp)

=====================================================no.1127END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。
mailmaga★jla.or.jp
 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841