福島県沖地震など全国で頻発する災害の影響を受けている皆様に心よりお見舞い申し上げます。日本図書館協会は微力ですが被災した図書館をできうる限り支援をいたします。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ

JLAメールマガジンバックナンバー

2022/02/16

第1072号

=================================================<2022/1/12発信>
           JLAメールマガジン 第1072号
================================================================ 
編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2022 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます 
  JLAホームページアドレス https://www.jla.or.jp/default.aspx
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   http://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
================================================================
▼目次▼
■図書館界ニュース
■新聞記事より
■集会等のお知らせ
■『図書館雑誌』1月号のお知らせ
■求人情報
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース

〇全国公共図書館研究集会(サービス部門 総合・経営部門)報告書完成
  公共図書館部会等主催、福岡県立図書館主管で昨年11月25日(木)から12月
 9日(木)までの期間YouTube開催された研究集会の報告書が作成され部会の
 ホームページに掲載されました。
  研究課題は「デジタルアーカイブの構築と活用法」で、主な内容は次のとお
 りです。
 
 情勢報告 日本図書館協会 理事長 植松 貞夫
 基調講演 「デジタルアーカイブと図書館サービスの新段階」
  慶應義塾大学文学部 准教授 福島 幸宏 氏
 調査報告 「新型コロナウイルス感染症の図書館対応状況について」
  青山学院大学コミュニティ人間科学部 教授 大谷 康晴 氏
 事例発表1 「とっとりデジタルコレクション」の取組み
          -他機関との連携による地域資料の公開-」
   鳥取県立図書館 資料課長 野沢 敦 氏
  事例発表2 「瀬戸内市民図書館のデジタルアーカイブについて」
  瀬戸内市民図書館 館長 村上 岳 氏
  事例発表3 「田川市立図書館のデジタルアーカイブについて-
   「筑豊・田川デジタルアーカイブ」の活用と持続可能な学び活動-」
  田川郷土研究会 会長 中野 直毅 氏
 
 報告書(61ページ)はこちら(公共図書館部会ホームページ)からご覧
 になれます。
  http://www.jla.or.jp/tabid/272/Default.aspx

〇日本図書館協会資料保存委員会『ネットワーク資料保存』No.126を掲載
 内容は以下の通りです。
 「書き込み式図書館資料保存の基本 資料をより永く利用するために」につ
 いて(小島浩之)
 「保存管理自己点検表」専門図書館版のご紹介(専門図書館協議会研修委員
 会)
 資料紹介『やってみよう資料保存』(JLA Booklet no.8)
 〈参加報告〉第107回全国図書館大会第12分科会・資料保存「やってみよう
 資料保存2 資料保存の疑問解決!」(宮原みゆき)
※『ネットワーク資料保存』No.126 
 http://www.jla.or.jp/Portals/0/data/iinkai/hozon/network/NW126.pdf
※資料保存委員会のページ
 http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/96/Default.aspx

----------------------------------------------------------------------
◆新聞記事より

○生活や交流拠点に 境港[市]で図書館応援団設立 [さかいみなと図書館応
 援団] (日本海9/5)

○予約本受け取り ファミ[リー]マ[ート]2店[道の駅かわはら店、道の駅西
 いなば気楽里店]増 鳥取市立図書館 (読売〈鳥取〉9/5)

○[岡山]市が中央図書館大改修 10月着工来春完成 内装一新、授乳室も 
 工事中は仮設対応 (山陽8/28)

○[岡山]県立図書館全国トップ 20年度入館者、貸出冊数 2年ぶり コロナ
 禍ネット予約増  (山陽9/3)

○視覚障害者向け 本の内容音声化 「録音図書」利用伸びる 20年度 件数
 5年前の1.8倍 ネット普及や在宅増要因 [徳島県視聴覚障がい者支援セン
 ター] (徳島9/25)

○[美馬市]三島中[学校]生が“お薦め本” POP、コースターで紹介 美馬市
 立図書館 (徳島10/7)

○2階建て延べ2175平方メートル 南国市 新図書館に23年度着工 
 (日刊建設工業9/24)

○海関連の蔵書豊富に 須崎[市]の新図書館計画素案 (朝日〈高知〉10/8)

○〔水平社創立百年を部落問題解決のゴールに〕76 市民敵視の「部落差別解
 消条例」ではなく人権を本音で語れる言論市場づくりを 北九州市、暗黒の
 「同和行政」10年 12 言論弾圧と同和書籍の「魔女狩り」 市内全図書館、
 学校、公民館で (小倉タイムス9/11)

○[JR]折尾駅高架下に公共施設 北九州市、来春完成目指す 記念館・図書館
 分館 「街のシンボルに」 (読売〈福岡・北九州〉10/8)

○10代を選書委員に 筑後市立図書館が企画 (西日本〈筑後〉10/8)

○〔とぴっく〕菊池市 八方建設が[きくちの泉こども]文庫基金に1千万円寄
 付 (熊本日日10/18)

○「安心して利用を」 市民図書館を消毒 宇佐[市]の専門業者団体[匠の技
 倶楽部] (大分合同9/7)

○命守る行動考えよう 豊後大野市図書館に [救急・防災図書]特設コーナー
 [豊後大野市消防本部] (大分合同9/12)

○読書感想文、書き込もう 大分市民図書館が[家読]ノート配布
 (大分合同9/14)

○豊後大野[市]の図書館好評 オープン7ヵ月 5万3千人が利用 開放的な
 雰囲気 「ゆっくり読める」 (大分合同9/16)

○読書習慣 家庭や地域とも連携 中津[市]・下郷小[学校] 朝の読書大賞 
 全国で3校のみ 読み聞かせ会も (朝日〈大分〉10/9)

○俳諧、神楽研究の故山口保明さん収集 俳壇資料杉田文庫へ [宮崎]県立図
 書館 明治~昭和期、活用期待 (宮崎日日9/14)

○本に囲まれ結婚式前撮り 指宿図書館 夫妻の希望快諾 [結婚式前撮り]証
 明書も発行 門出祝う (読売〈鹿児島〉9/28)

----------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ

○国立女性教育会館「女性アーカイブ研修(オンライン)」参加者募集
  国立女性教育会館では、女性の歴史を今に生かし未来につないでいくため
 に、女性に関わる原資料(女性アーカイブ)の保存と活用に取り組んでおり、
 その一環として研修を実施しています。
 資料保存・提供に携わる実務者の方のご参加をお待ちしております。
 ・Zoomによるライブ配信 
  期日:令和4年1月28日(金) 40名程度
 ・YouTubeによるオンデマンド配信 
  配信期間:令和4年2月2日(水)~3月2日(水) 定員なし
 詳しくはホームページをご覧ください。
 https://www.nwec.jp/event/training/archive2021.html

○IFLA 地域資料と系図学分科会によるウェブ講演会「New ways to approach
  the fields of local history and genealogy」
 日時:2022年1月25日(火)14時-15時(日本時間)
 会場:オンライン
 費用:無料(事前登録が必要です)
 主催: IFLA Local History and Genealogy (LHG) Section
 講師:
 Makoto GOTO: New methods for knowledge discovery from local 
  historical materials and data: Japan Search
 Yumiko Imaizumi: Oral History Research: A unique historical and 
  ongoing relationship between the peoples of Okinawa and Micronesia
 講演言語:英語(日本語への通訳はございません)
 詳細及び登録:
 https://www.ifla.org/events/new-ways-to-approach-the-fields-of-local-history-and-genealogy/
 ご参加をお待ちしております。
 問い合わせ先:長塚隆(email: nagatsuka-t[@]tsurumi-u.ac.jp)

○フォーラム「デジタル化及びデジタルアーカイブ構築の現状と未来」
 日時:令和4年2月9日(水)13時30分~16時30分
 会場:オンライン開催(Web会議システムを使用)
 対象:デジタル化及びデジタルアーカイブ構築に関心のある図書館職員等
 定員:900名程度
 参加費:無料
 プログラム詳細・申込方法:
 (プログラム)
 事例報告(13:35~14:50)
  福井県文書館 長野 栄俊(ながの えいしゅん)氏
  東京国立近代美術館 長名 大地(おさな たいち)氏
  滋賀県愛荘町立愛知川図書館 三浦 寛二(みうら かんじ)氏
 国立国会図書館のデジタル化事業の報告(15:00~15:25)
  関西館電子図書館課職員 南波佐間 望(なばさま のぞむ)氏
 意見交換(15:25~16:25)
 (申込み方法)
 以下のウェブフォームより必要事項をご記入の上お申し込みください。
 https://ndl2.webex.com/ndl2-jp/onstage/g.php?MTID=e73228d4d03a9b22dd751c002d80f2938
 参加申込~当日のフォーラム参加方法について(PDF:1.59MB)
 https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20220209_participation_manual.pdf
 ※お申込受付後すぐにWebexから登録したメールアドレス宛に「登録承認
 メール」が送信されます。「登録承認メール」が届かない場合は、受付が完
 了していない可能性がございますので、お手数ですが問合せ先までご連絡く
 ださい。
 問合せ先
 国立国会図書館 関西館 「デジタル化及びデジタルアーカイブ構築の現状
 と未来」フォーラム担当
 メールアドレス:digi-soshin[@]ndl.go.jp
 電話:0774-98-1321(直通)

○公開オンラインシンポジウム(英語)
 Road to the Future:  Discussion for Developing the International
  Children’s Literature Course
 日時:2022年1月28日午前5時~午前7時
 主催:立教大学司書課程
 共催:School of Information, San Jose State University
 事前申し込み先(要・事前申し込み)
 問い合わせ先等の詳細は以下のリンク
 https://drive.google.com/file/d/1kGGrWXeeZwzqL7ZBELbNyupKIyRw4_v1/view

○日本図書館研究会情報組織化研究グループ2022年1月月例研究会
 日時:2022年1月22日(土)14:30~16:00
 会場:Zoomミーティング
 発表者:飯野勝則氏(佛教大学図書館)
 テーマ:新たな図書館システム・ネットワークにおけるメタデータ:共同利
     用システムをめぐる様相
 参加資格 :どなたでも参加可。人数制限なし
 参加費用 :無料
 参加申込サイト:https://forms.gle/UZh9EV6pqLJM8U6W9
 詳細HP:http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#202201

○オンライン連続講座「知の継承(バトン)」第2回
  東京大学経済学図書館は「知の継承(バトン):2020-2023」記念事業とし
 て、オンライン連続講座「知の継承(バトン)」第2回を第1回に引き続き下記
 の通り開催することになりました。参加費は無料です。
 参加申込・問い合わせは、Peatixの専用ページ 
 https://peatix.com/event/3103019 からお願いします。
 締め切り:2月3日(木)

 オンライン連続講座「知の継承(バトン)」第2回
 海を渡った「アダム・スミスの蔵書」~西欧思想の伝播と日本
 開催日時:2022年2月7日(月)19:00-20:30
 開催方法:オンライン開催
 主  催 :東京大学経済学図書館・東京大学東アジア藝文書院(EAA)
          ・(一社)読売調査研究機構
 プログラム
 (1)開会挨拶:石原俊時(東京大学経済学図書館長)
 (2)プレゼンテーション(野原慎司氏):「旧蔵書から見るアダム・スミ
    スの知的世界」
 (3)トークセッション(野原慎司氏、矢野正隆氏):
   「近代における西欧思想の伝播の歴史~アダム・スミス文庫が私たちに
   伝えるもの」
 (4)Q&A

○令和4年度筑波大学大学院「図書館経営管理コース」受講者募集のお知らせ
 働きながらスキルアップしませんか?
 筑波大学では東京キャンパス(文京区)において、履修証明プログラム「図
 書館経営管理コース」を開設しています。公共図書館や中小規模の大学図書
 館の経営管理、大規模図書館の部門管理に携わるうえで必要な知識と能力を
 開発するために、最新の実践的知識を学ぶ機会を提供することを目的として
 おり、図書館情報学分野の第一線の研究者、総務省からの招聘講師など、一
 流講師陣が図書館現場のニーズに対応した授業を展開します。

 受講資格:司書資格を有し、図書館等に関わる3年以上の実践経験をお持ち
      の方
 特  色:土曜日及び平日夜間に行われる少人数の授業
      修了を認定された方には筑波大学長名の「履修証明書」を授与
 受講料 :3科目 62.5時間 計 65,625円
 受講申請期間:令和4年2月17日(木)~3月3日(木)
 その他  :本コースは、厚生労働省大臣から教育訓練給付金制度の指定を受
      けている講座です。
 詳しくは以下をご参照ください。
 https://informatics.tsukuba.ac.jp/admission/lm/
 お問い合わせ先:
 〒305-8550  茨城県つくば市春日1-2 
 筑波大学図書館情報エリア支援室大学院教務
 TEL:029-859-1053 FAX:029-859-1162 
 メールアドレス:tosyoss-daigakuin[@]un.tsukuba.ac.jp

○むすびめ講演会「在日の声~オールドカマーとして日本で生きてきて」
  -ZOOMによるオンライン講演会-
 主催:むすびめの会(図書館と多様な文化・言語的背景をもつ人々をむすぶ
    会)
 講師:チョン ガンホン(鄭剛憲)さん/元文化センターアリラン事務局
 日時:2022年1月22日(土) 午後2時~4時
 申込締切:2022年1月17日(月) 
 鄭さんは、金融不動産会社定年後、文化センターアリランの事務局に7年勤
 められました。大学は出ても就職先は限られた若い頃。日本で成長しても健
 康保険もない時代を生き抜き、いまだに選挙権等が認められない日本で暮ら
 していらっしゃいます。オールドカマーの立場から、日本への注文を語って
 頂きます。
 訳書:『歴史の歴史の不寝番(ねずのばん)「亡命」韓国人の回想録』藤原
 書店 2011、韓国の「ハンギョレ新聞」に2009年に連載された回想録の翻訳
 です。著者は、1970年朴軍事政権を批判して韓国を離れ日本に亡命した父の
 鄭敬謨さん。昨年2月96歳で亡くなられました。
 
 みなさまのご参加をお待ちします。
 申込方法:下記メールアドレス宛に<必要事項>を記入のうえ、送信してく
      ださい。
 ab.haruko[@]gmail.com (むすびめの会事務局 阿部治子 宛)
 [@]を半角にしてお送りください。
 <必要事項>
 [1] 氏名(フルネーム)
 [2] 住所(勤務先または自宅)あるいは所属
 [3] 今回の講演会のことを知った情報源(例)〇〇メーリングリスト、
   ( )さんの紹介など
 ※お申込み頂いた方には、前日までにZOOM入室URLをお送りします。

○「全国映画資料アーカイブサミット2022」(オンライン開催)
 【主催】文化庁(令和3年度アーカイブ中核拠点形成モデル事業[撮影所等に
  おける映画関連の非フィルム資料])
 【運営】特定非営利活動法人映像産業振興機構
 【日時】2022年1月20日(木) 10:30~17:45(予定)
 ・Zoomを使ったライブ配信での開催を予定しております
 ・お申込み後、メールにてライブ視聴のご案内をいたします。
 ・ご自身で受信、視聴環境を整えて下さりますようお願い申し上げます。
 【参加費・人数】 無料/500名(事前予約制)
 ※お申し込み後ご案内するURLはお申込みいただいたご本人様用です。
 【詳細情報掲載公式ウェブサイト】https://www.vipo.or.jp/news/28640/ 
   必ず詳細をご確認ください。
 【参加申込方法】次URLにて1月19日(水)まで受付(定員に達し次第締切)
 https://zoom.us/meeting/register/tJEof-GtrzMtH9Klitr3UM14n_Q3Cy2B24PI
 【関連動画】
 「全国映画資料アーカイブサミット2021」記録動画を本年度末まで公開して
 おります。
 https://www.youtube.com/channel/UC2FLJ8enRbZYx9kDV2fFcUg
 <プログラム概要>(時間は全て予定)
 開会(10:30~10:40)
 第1部:報告(10:40~11:55)「データベース/デジタルアーカイブの構
 築と活用―映画資料所在地情報検索システム(JFROL)の事例を元に―」
 第2部:セミナー(12:50~14:00)「映画資料をどう見せる?~リアル展
    示とオンライン展示」
 第3部:セミナー(14:15~15:30)「映画資料のNFT化・デジタル活用と著
    作権処理」
 第4部:シンポジウム(15:45~17:00)「映画資料の収集・保存・活用 
    全国的な連携からできること」
 第5部:発表(17:00~17:30)「映画資料にまつわる最前線の活動発表」
 事業説明、閉会(17:30~17:45予定)
 問合せ先:特定非営利活動法人映像産業振興機構令和3年度アーカイブ中核
      拠点形成モデル事業事務局
      nonfilm.archive[@]vipo.or.jp

----------------------------------------------------------------------
◆『図書館雑誌』1月号(52ページ・定価1026円)のお知らせ

○特集「トピックスで追う図書館とその周辺」
 ・白河市立図書館におけるVTuberの協力を得た図書館利用PR活動(鹿内祐樹)
 ・「静岡書店大賞」官民連携の読書推進活動(丸林篤史)
 ・文化船「ひまわり」のふね遺産登録にあたり(植田佳宏)
 ・「覚え違いタイトル集」をめぐって(井藤久美)
 ・東京大学アジア研究図書館とサブジェクトライブライアン(河原弥生)
〇<竹内[さとる](折の下に心)元理事長を偲んで>
 ・現場に寄り添う学者であり、図書館員や学生一人ひとりを大切にした教育
    者(小池信彦)
○<新春エッセー>
 ・私と図書館(落合陽一)

----------------------------------------------------------------------
◆求人情報

○成蹊学園 有期契約職員(大学図書館):2名
 応募締切日:2022年1月13日(木)

○国立歴史民俗博物館 事務補佐員(パートタイム職員):1名
 応募締切日:2022年1月14日(金)

○滋賀県愛知郡愛荘町 図書館司書:2名
 応募締切日:2022年1月14日(金)

○ひょうご国際プラザ国際情報センター(図書室) 会計年度雇用職員:1名
 応募締切日:2022年1月17日(月)

○東京都立大学(晴海キャンパス図書室)非常勤契約職員:1名
 応募締切日:2022年1月19日(水)

○令和4年度 東京都中央区 会計年度任用職員(司書):若干名
 応募締切日:2022年1月19日(水)

○滋賀県公立図書館職員(司書・正規):1名
 応募締切日:2022年1月24日(月)

○福岡県みやま市 会計年度任用職員(図書館司書):1名
 応募締切日:2022年1月25日(火)

○東京都東久留米市立図書館 会計年度任用職員(図書館専門員):若干名
 応募締切日:2022年1月27日(木)

○共立女子大学・短期大学図書館 契約社員:3名
 応募締切日:2022年1月28日(金)

○神奈川大学 横浜図書館 参考・閲覧業務 契約社員:2名
 応募締切日:2022年1月28日(金)

○大阪府堺市立図書館 司書(令和4年度会計年度任用職員):若干名
 応募締切日:2022年1月28日(金)

○東京工業高等専門学校 学生課図書情報係 事務補佐員:1名
 応募締切日:2022年1月31日(月)

○国立大学法人神戸大学附属図書館 事務補佐員:若干名
 応募締切日:2022年1月31日(月)

○久留米大学 御井図書館 契約社員:1名
 応募締切日:2022年1月31日(月)

○福岡県八女市立図書館 本館司書:1名
 応募締切日:2022年2月1日(火)

○福岡県久留米市 会計年度任用職員(司書職):3名程度
 応募締切日:2022年2月4日(金)

○京都大学東南アジア地域研究研究所 事務補佐員(図書):若干名
 応募締切日:2022年2月14日(月)

○アーティゾン美術館 正職員(司書):1名
 応募締切日:2022年2月17日(木)

○令和4年度 沖縄県国頭郡恩納村 会計年度職員任用案内:若干名
 応募締切日:2022年3月10日(木)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

=====================================================no.1072END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。mailmaga[@]jla.or.jp 
                      

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841