福島県沖地震など全国で頻発する災害の影響を受けている皆様に心よりお見舞い申し上げます。日本図書館協会は微力ですが被災した図書館をできうる限り支援をいたします。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ

JLAメールマガジンバックナンバー

2022/02/04

第1070号

=================================================<2021/12/15発信>
           JLAメールマガジン 第1070号
================================================================ 
編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2021 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます 
  JLAホームページアドレス https://www.jla.or.jp/default.aspx
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   http://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
================================================================
▼目次▼
■図書館界ニュース
■新聞記事より
■集会等のお知らせ
■求人情報
■JLAからのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース

○森林環境教育用の絵本『雨水のぼうけん』の無償配布について
  (一財)日本森林林業振興会大阪支部では、公益事業の一環として令和3
 年12月15日から森林環境教育用の絵本『雨水のぼうけん』(カラー刷り・A4
 横版・30ページ)を、希望者に対して無償配布する。限定1,000冊で、送料
 も同振興会が負担する。林野庁近畿中国森林管理局箕面森林ふれあい推進セ
 ンターの女性職員の矢放七海(やはなしななみ)さんが森林環境教育用教材
 として作製し、デジタル版を同森林管理局のホームページで無料公開してい
 るものです。
※https://www.rinya.maff.go.jp/kinki/minoo_fc/information/20210401.html
 希望される方は、メール又は FAXで、1.氏名又は団体名 2.郵便番号と住所 
 3.電話番号 4.メールアドレス 5.希望冊数(個人は2冊まで、団体は5冊ま
 で)を明記して、問合せ先の大阪支部までご連絡ください。
 【問合せ先】
 担当者:合田、小森 
 E-mail:jffosaka★center-green.or.jp(★は@に置き換えてください)
 Fax:06-6881-2773 Tel:06-6881-3556 
 URL:http://www.center-green.or.jp/osaka/

○大学設置基準改正タスクフォースによる文部科学省への資料提出について
  国公私立大学図書館協力委員会は、同委員会の大学設置基準改正タスク
 フォースが作成し、4月21日付で文部科学省へ送付していた大学設置基準改
 正試案を同委員会のウェブサイトで公開している旨、2021年12月6日に同委
 員会HPでお知らせしている。
  「現行大学設置基準の図書館に関する規定を見たとき、紙の資料を来館者
 に提供することのみを前提としたものとなっており、(中略)教育の質保証
 に貢献しうる図書館としての規定に改められるべき」であるとされている。
※大学設置基準改正タスクフォースによる文部科学省への資料提出について
 https://julib.jp/blog/archives/3178
※大学設置基準改正タスクフォース(大学設置基準改正試案)
 https://julib.jp/docs/university-establishment-standards

○「学校図書館図書等の整備・拡充を求める各界連絡会」開催
  (公財)文字・活字文化推進機構と学校図書館整備推進会議(日本図書館
 協会もメンバー)は、12月8日「学校図書館図書等の整備・拡充を求める各
 界連絡会」を衆議院第一議員会館大会議室(東京都千代田区)で開催した。
 「学校図書館図書整備等5か年計画」が今年度で終了となることから、10月
 5日にも開催され、さらなる図書の充実、新聞の複数配備、学校司書配置の
 促進を要望するアピールの採択が行われたが、次年度の予算を決定する時期
 となり、改めて開催されたもの。
  文部科学省藤原総合教育政策局局長から「学校図書館図書等の整備・拡充
 について」、全国学校図書館協議会磯部調査部長からは「第66回学校読書調
 査に見る読書推進の現状と方策について」、文字・活字文化推進機構の松木
 専務理事からは「学校図書館図書更新の現状について」の報告が行われた。
※文字活字文化推進機構のページ
 https://www.mojikatsuji.or.jp/news/2021/11/26/5257/

----------------------------------------------------------------------
◆新聞記事より

○学校司書の配置 小中[学校]で増 新聞の配備も進む 文部科学省調査
 (教育家庭8/16)

○電子図書館229自治体で導入 全自治体の12.7% 電[子出版制作・]流[通]協
 [議会]が調査発表 (新文化9/2)

○渋沢[栄一]や犬養[毅]の声ネット公開 [国立]国会図書館 落語や小唄も
 デジタル5万点 東郷元帥の朗読 [「歴史的音源」]サイトで検索 知って
 おこう (読売9/26)

○〔チーム学校 支援の現場から〕図書館を心の居場所に 学校司書 本と人
 つなぐ 学力や好みに合わせ 外部に開かれた「窓」 [大阪市立市岡中学
 校「はとばカルッチャ」] 全体の7割に配置 神戸女子大[学] 久野和子
 准教授に聞く 司書教諭 図書館に常駐は困難 (産経〈大阪本社〉10/13)

○I 一戸 t’図書館 s 速報 「イッツ」関心高く 新聞から身近な話題
 関連本紹介 ツイッター連動 [一戸町立図書館 岩手県] (岩手日報9/2)

○〔記写あれこれ〕周知もっと 盛り上げ活発 JR酒田駅前「ミライニ」 
 来春の図書館移転見据え [酒田市] (山形9/8)

○来館せずに貸し出しも [福島]県立図書館 来年度からサービス充実 
 (福島民報10/4)

○〔震災 10年7カ月 震災文書〕膨れる記録どう残すか[大熊町]  自治体
 保管場所手狭に[南相馬市、浪江町、葛尾村] 管理の人手「足りない」[双
 葉町、飯舘村、田村市、川俣町] アーカイブ施設で展示も[富岡町、広野町、
 楢葉町など] 県は集約「検討」 「基本方針がまず必要」 筑波大[学]図
 書館情報メディア系 白井哲哉教授  [福島県] (福島民友10/10)

○鉄道弘済会の朗読録音奉仕者 長林[かよ子]さん(郡山[市])全国表彰
 (福島民報10/13)

○[こども]図書館を開館 福島学院大[学]認定こども園 (福島民報10/14)

○[福島]県立図書館で懐メロ公演 国立国会図書館の音源活用 古関楽曲など
 披露 [れきおんミニコンサート] (福島民報〈福島・県北〉11/8)

○[JR石岡]駅駐車場と一体的活用検討 秋に業務委託、対話調査 石岡市の複
 合文化施設 [図書館など] (建設通信9/9)

○富津イオンに[富津]市立図書館 2023年開館目指す 11月までに基本計画案
 (読売〈千葉〉9/5)

○「村上春樹文学」「国際文学」「翻訳文学」の研究拠点を目指す 早稲田大
 学国際文学館を開館 田中[愛治]総長 「世界に文学と文化を発信する」 
 村上[春樹]氏 「学生が自由に意見を出し合う場所に」 (全私学10/13)

○全小中[学]生に「電子書籍を」 立川市 図書館利用カード配布 中2女子
 「紙よりページめくりやすい」 (東京〈多摩武蔵野〉10/26)

○〔教育ルネサンス〕寄ってみたくなる学校図書館 雰囲気に工夫 貸出数倍
 増 大和[市立]・上和田中[学校] 窓枠パステルカラー ポップにひかれ
  [2021年子供の読書活動優秀実践校]  (読売〈神奈川〉9/17)

----------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ

○オープンデータ作成の実際 ~世の中のオープンデータはどのように作られ
 ているのか~ 筑波大学エクステンションプログラム
 本講座は、オープンデータ作成のいろはを理解したい人や、オープンデータ
 に関するWebページや技術書を読んでも理解できなかった人向けの講座です。
 開催日程:2022年1月8日(土)・22日(土) 10:00~17:30
      オンライン講座(Zoom)リアルタイム(全2日間)
 カリキュラム:
 1月8日(土) XMLとRDFの概要
 10:00~12:00  (担当:鈴木)
  1.この講座の目的・概要
  2.XML
   a.XMLの基礎(要素、属性、実体、etc.)
   b.APIによるXMLデータの取得
   c.演習
 13:00 ~15:00  (担当:鈴木)
  3.RDF
   a.RDFの概要
   b.RDFのデータ形式
   c.演習
  4.他のデータ形式について
   a.JSON 
    b.CSV, TSVなど
 15:30~17:30  (担当:永森)
  5.メタデータ
   a.メタデータとは
   b.メタデータの語彙
 1月22日(土) LODの作成と検索
 10:00~12:00  (担当:永森)
  6.データのLOD化
   a.OpenRefineによるデータ変換
   b.linkdata.orgによるデータの作成・公開
 13:00~15:00  (担当:阪口)
  7.LODの検索
   a.SPARQLとは
   b.SPARQLの構文
   c.SPARQLエンドポイント
 15:30~17:30  (担当:阪口)
    d.SPARQL演習
  8.まとめ
 受講費用:25,000円(税込)
 受講対象者:Webやオープンデータに興味のある方、お手元のデータをオー
       プンデータ化したい方
 受講人数:先着40名まで(最低開講人数5名)
 修了証:2日間のプログラムに参加した受講者には、筑波大学から受講修了
     証を発行します。
 この講座について:
 ・パソコンやノートPCから受講できる方対象の講座
 ・このプログラムはオンラインで実施いたします。
 ・パソコンで受講できる方が対象です。
 ・リアルタイムで講義と演習を実施し、その場で質問にもお答えします。
 ・さらに、通信状況が悪かった場合などに考慮し、記録として残した映像を
  受講者だけに見逃し配信する予定です。
 講師紹介:鈴木 伸崇(筑波大学 図書館情報メディア系教授)
      阪口 哲男(筑波大学 図書館情報メディア系准教授)
      永森 光晴(筑波大学 図書館情報メディア系講師)
 お申し込み方法:
 WEBサイトにアクセスし、お申し込みフォームよりお申し込み下さい。
 http://extension.sec.tsukuba.ac.jp/archives/lecture-list/2164
 お問合せ先:
 筑波大学エクステンションプログラム事務局
 Tel:029-859-1648(受付時間:月~金 9:30~17:00)
 お問い合わせはこちらへ ep-sanren★un.tsukuba.ac.jp(★は@に置き換えてください)

----------------------------------------------------------------------
◆求人情報

○大阪府箕面市 任期付短時間勤務職員(学校図書館司書):1名
 応募締切日:2021年12月23日(木)

○東京工業大学 情報図書館課 事務支援員(情報管理):1名
 応募締切日:2022年1月12日(水)

○東京都荒川区立図書館 図書専門員(会計年度任用職員):6名
 応募締切日:2022年1月19日(水)

○埼玉県和光市図書館 会計年度任用職員(司書):3名
 応募締切日:2022年1月24日(月)

○学校法人郁文館夢学園 図書館(司書)契約職員:1名
 応募締切日:2022年1月28日(金)

○公立はこだて未来大学情報ライブラリー 契約職員:1名
 応募締切日:2022年1月31日(月)

○松蔭中学校・高等学校図書館 (学校図書館司書):1名
 応募締切日:2022年2月4日(金)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

----------------------------------------------------------------------
◆JLAからのお知らせ

 第38回日本図書館協会建築賞の応募締切は12月21日(消印有効)です。
 ご応募お待ちしております。
 詳細は『図書館雑誌』8月号綴込、又は以下HPをご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/committees/shisetu/tabid/283/Default.aspx

=====================================================no.1070END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。mailmaga@jla.or.jp 
                      

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841