福島県沖地震など全国で頻発する災害の影響を受けている皆様に心よりお見舞い申し上げます。日本図書館協会は微力ですが被災した図書館をできうる限り支援をいたします。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ

JLAメールマガジンバックナンバー

2021/09/29

第1060号

=================================================<2021/9/29発信>
           JLAメールマガジン 第1060号
================================================================ 
編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2021 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます 
  JLAホームページアドレス https://www.jla.or.jp/default.aspx
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   http://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
================================================================
▼目次▼
■図書館界ニュース
■集会等のお知らせ
■求人情報
■JLAからのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース

○公共図書館部会通信No.12を発行しました
 今回の部会通信の内容は次のとおりです。
  令和3年度全国公共図書館研究集会(サービス部門 総合・経営部門)に
 ついて
 http://www.jla.or.jp/Portals/0/data/bukai/public/bukaituusin12.txt

  なお、デジタルアーカイブは古文書や歴史資料のデジタル化だけを想定し
 たものではなく、現代的な資料や、印刷物=文字資料に限らない範囲を含ん
 だデジタル化を想定しています。申込フォームは福岡県立図書館のホーム
 ページをご覧ください。
 https://www2.lib.pref.fukuoka.jp/index.php?page_id=1035

○saveMLAK、COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/09/23)の結果公表
  saveMLAKは、2021年9月17日から9月21日にかけて実施された第23回目の
 「COVID-19の影響による図書館の動向調査」の結果を発表している。当初、
 東京都等の緊急事態宣言期間が9月12日までとされていたことから、緊急事
 態宣言が開けた直後にあたるこの時期に調査が設定されていた。結果的には
 緊急事態宣言は9月30日まで延長になり、第22回調査以後、緊急事態宣言は
 19都道府県に拡大し、まん延防止等重点措置は16県から8県に減少した。
   COVID-19の影響で休館している図書館は前回の264館から350館に増加し、
 入館記録を取っている図書館は276館と5館減少している。また、災害等で休
 館している図書館は4館となっている。
 saveMLAKのプレスリリース
 https://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9/20210923

○国際子ども図書館の学校図書館セット貸出し
  国立国会図書館国際子ども図書館では、学校図書館に対する支援の一環と
 して、外国語の図書を含む児童書等約40冊をセットにして、学校図書館に貸
 し出すサービスを行っている。
  令和3年度3学期貸出分の受付期間は、11月1日(月)から11月15日(月)まで。
 <学校図書館セット貸出し>
 https://www.kodomo.go.jp/promote/activity/rent/index.html
 <セット貸出しのご案内>
 https://www.kodomo.go.jp/promote/activity/rent/pdf/R3_setkoho.pdf
 問い合わせ先:国立国会図書館 国際子ども図書館 児童サービス課
 児童サービス企画係
 TEL:03-3827-2065(直通) FAX:03-3827-2043

○第54回「造本装幀コンクール」展示始まる
  第54回「造本装幀コンクール」(日本書籍出版協会・日本印刷産業連合会
 主催)の展示が9月22日から出版クラブビル3階(東京都千代田区神田神保町
 1-32)のクラブビルライブラリーで開催されている。文部科学大臣賞の『花
 森安治選集(全3巻)』(暮しの手帖社刊)、日本図書館協会賞の『楽しい
 雪の結晶観察図鑑』(緑書房刊)等、応募作品約460点が展示されている。
 10月1日からは審査会で話題になった10点から読者が気に入った作品をSNSで
 投票する「読者賞」も実施される。展示は11月30日まで。

○(公財)田嶋記念大学図書館振興財団 図書館活動等に対する助成の募集
  公益財団法人田嶋記念大学図書館振興財団では、大学図書館振興のための
 助成事業を行っている。令和3年度の募集内容は以下のとおり。
 助成対象:
 (1)大学図書館の図書・文書・資料の保管・管理設備に対する助成
 (2)大学図書館の図書・文書・資料の整備に対する助成
 (3)大学図書館の図書・文書・資料等の管理システム・保存技術に対する研
   究者又は研究団体に対する助成
 (4)大学図書館の図書・文書・資料の保存環境の整備並びに長期保存施策に
     対する助成
 募集対象:
 国内に所在する大学図書館又は研究者・研究団体を募集対象とする。
 募集期間:
 申し込みは所定の申請書用紙により、令和3年10月1日より同年11月30日迄の
 間に当財団事務局宛に行う。
 問い合わせ先:
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2
 公益財団法人 田嶋記念大学図書館振興財団事務局
 Tel:03-5294-1666 Fax:03-5294-3012

----------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ

○「国際バカロレアと学校図書館」公開シンポジウム
 主催:「国際バカロレアと学校図書館」研究会
    (科学研究費補助金19K12721)
 後援:文部科学省IB教育推進コンソーシアム事務局
 日時:2021年11月23日(火・祝日)午後2時~午後5時
 開催方法:Zoomによるオンライン会議方式、事前申し込み制、参加無料
 [開催趣旨]
 アンソニー・ティルク著『国際バカロレア教育と学校図書館-探究学習を支
 援する』(根本彰監訳、中田彩・松田ユリ子訳、学文社刊)の刊行を機に、
 国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)のカリキュラムの中心にあ
 る探究学習を進めるのにあたり、学校図書館がどのような位置づけをもつの
 かについて、広く関係者の意見交換の場にする。
 [プログラム]
 総合司会  松田ユリ子(神奈川県立新羽高等学校司書)
 主催者挨拶 根本彰(東京大学名誉教授)
 ビデオメッセージ(日本語字幕付き)アンソニー・ティルク(オランダ・
 ハーグ、アメリカンスクール図書館長)
 <発言>
 ダッタ・シャミ(岡山理科大学教授・日本国際バカロレア教育学会副会長)
  「探究を基盤とした教授学習と学校図書館」
 梶木尚美(前大阪教育大学附属高等学校池田校舎教諭)「DP歴史の授業と学
  校図書館ー教科担当教員の立場よりー」
 高松美紀(東京都立狛江高等学校指導教諭)「国際バカロレアが示唆する日
  本の学校図書館の課題と可能性―21世紀型の学び のキーとなる図書館/
  ライブラリアン―」
 <休憩>
 小澤大心(文部科学省IB教育推進コンソーシアム事務局長)
 <パネルディスカッション>
 司会 中田彩(大阪市立水都国際中学校・高校司書教諭)
 ダッタ・シャミ(兼英語通訳)・梶木尚美・高松美紀・小澤大心
 ・アンソニー・ティルク

 [参加方法]
 参加希望者は、次のサイトで申し込みとアンケートへの回答をお願いします。
 https://forms.gle/BDxwASgMWvctcPFH8
 【問い合わせ先】ibdp.sl.inquiry★gmail.com (★は@に置き換えてください。)

○令和3年度レファレンスサービス研修「科学技術情報の調べ方」のご案内
 日程:令和3年11月26日(金)13:30~16:05
 開催方法:Web会議システム(Cisco Webex Events)を使用したオンライン
      形式
 定員:200名
 申込締切:令和3年11月8日(月)
           ※締切以前でも、定員に達した時点で受付を終了します。
 詳細は以下のページでご確認ください。
 https://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/210921_01.html
 問い合わせ先:国立国会図書館 関西館 図書館協力課 研修交流係
        メールアドレス:training★ndl.go.jp(★は@に置き換えてください。)
        電話:0774-98-1444 

○むすびめ講演会のお知らせ(ZOOMによるオンラインでの開催)
 「にほんでいきる」外国からきた子どもたちを取材して
 主催:むすびめの会
    (図書館と多様な文化・言語的背景をもつ人々をむすぶ会)
 ゲスト・スピーカー:奥山はるなさん、堀智行さん(毎日新聞「にほんでい
                      きる」取材班)
 日 時:10月30日(土曜日)午後2時から
 「外国籍の子どもの就学不明1.6万人」という毎日新聞社のキャンペーン報
  道は、文部省を動かし、初めての全国実態調査につながって、2万人以上の
 就学不明者をあぶり出しました。外国籍の子ども達の実態を追ったこの報道
 は、『にほんでいきる 外国からきた子どもたち』として、明石書店から昨
 年12月に発行されました。
 このたび、むすびめの会では、この取材班の中心として報道に携わったお二
 人をお招きし、取材をしながら思ったことなどをお話しいただきます。
 みなさまのご参加をお待ちします。
 申込期限:10月15日(金)【先着100名・申込多数の場合、期限前に締め切
            ることがあります】
 申込方法:下記メールアドレス宛に、<必要事項>を記入のうえ、送信して
            ください。
    ab.haruko[@]gmail.com (むすびめの会事務局 阿部治子 宛)  
  [@]を半角にしてお送りください
 <必要事項>
 [1] 氏名(フルネーム)
 [2] 住所(勤務先または自宅)
 [3] 電話番号
 [4] 所属
 [5] 今回の講演会のことを知った情報源(例)〇〇メーリングリスト、
     ( )さんの紹介など

----------------------------------------------------------------------
◆求人情報

○国連大学サステイナビリティ高等研究所 契約職員(司書)募集:1名
 応募締切日:2021年9月30日(木)

○埼玉県草加市 図書館司書1(会計年度任用職員)募集:若干名
 応募締切日:2021年10月15日(金)

○大阪府立男女共同参画・青少年センター情報ライブラリー 契約職員
 募集:1名
 応募締切日:2021年10月31日(日)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

---------------------------------------------------------------------
◆JLAからのお知らせ

○頒布協力本(他団体発行)
 令和2年度国際子ども図書館児童文学連続講座講義録 10代に手渡す物語
 -ヤングアダルト文学総論
 国立国会図書館国際子ども図書館編集 国立国会図書館発行 日本図書館協
 会販売
 2021.9 A4判 147p 定価1,800円(税別)
  ISBN:978-4-87582-884-6
 
 http://www.jla.or.jp/publications/tabid/87/pdid/p11-0000000575/Default.aspx

○新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の解除に伴う当協会の運営体制につ
 いて
  政府は28日、東京など19都道府県に発令中の緊急事態宣言と、8県に適用
 中のまん延防止等重点措置を30日の期限で全て解除する方針を正式決定いた
 しました。
  これにより、事務局の勤務体制は10月1日(金)から通常勤務(9時~17時)と
 し、通常業務となりますのでお知らせいたします。

=====================================================no.1060END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。mailmaga@jla.or.jp 
                    
 
 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841