令和6(2024)年能登半島地震について

この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








JLAメールマガジンバックナンバー

2020/08/26

第1007号


=======================================================<2020/8/26発信>
  JLAメールマガジン 第1007号
=====================================================================
編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2020 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます
  JLAホームページアドレス https://www.jla.or.jp/default.aspx
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   http://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
=====================================================================
▼目次▼
■図書館界ニュース
■集会等のお知らせ
■求人情報
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース

〇ジャパンサーチ正式版公開、本格運用を開始
 国立国会図書館(NDL)は、国の分野横断型の統合ポータルであるジャパン
 サーチの正式版を2020年8月25日公開し、本格運用を開始した。
 ジャパンサーチは、書籍、文化財、メディア芸術など、さまざまな分野のデ
 ジタルアーカイブと連携して、我が国が保有する多様なコンテンツのメタデ
 ータをまとめて検索できる分野横断型統合ポータルで、約2,100万件のメタ
 データを検索することができるとしている。
 内閣府知的財産戦略推進事務局が事務局を担当する「デジタルアーカイブジ
 ャパン推進委員会及び実務者検討委員会」の方針のもと、NDLが中心となっ
 て 2017 年から構築を進め、2019 年 2 月に試験版が公開されていた。
 正式版では、新しく自分用の電子展覧会「ギャラリー」を作成できる「マイ
 ノート」や「ギャラリー」の共同編集機能等が追加された。
 ジャパンサーチ https://jpsearch.go.jp/

〇7月の豪雨などが激甚災害に指定、公立社会教育施設も補助対象に
政府は、九州地方などに大きな被害をもたらした7月豪雨を含む一連の災害
を激甚災害に指定する政令を、25日の閣議で決定した。また、適用すべき措
 置を指定する「令和2年5月15日から7月31日までの間の豪雨による災害につ
 いての激甚災害及びこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令」が決定
 され8月28日に公布・施行される。
 激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律の第16条に基づき、
 激甚災害(本激)により被害を受けた、特定地方公共団体が設置する公立社
 会教育施設(公民館、図書館、体育館、運動場、水泳プール等)の災害復旧
 事業に対する補助事業に要する経費の3分の2が補助される。
 http://www.bousai.go.jp/pdf/0825_gekijin.pdf
 
〇図書館情報学の授業における三ツールのオンライン配信申請手続の再開予定
について
 日本図書館協会(JLA)では、図書館情報学(司書、司書教諭、学校司書の
 養成のための教育課程を含む、以下同様)の科目をオンライン形態で行う大
 学を対象に、本年度に限って、著作権に関する特例的な措置(利用の許諾)
 を講じています。
 現在は申請受付をいったん休止しておりますが,秋学期(後期)にオンライ
ン形態で行う大学に対して、9月1日から申請の受付を再開します。再開時に
お知らせを掲載しますので、使用を希望される大学等機関は本法人ウェブサ
イトトップページにある「お知らせ」にご注意ください。
本件についてのお問い合わせ先:
日本図書館協会事務局出版部 shuppan★jla.or.jp

○自由委員会、「COVID-19に向き合う」に「では、どうすればよいのだろう」
を掲載
日本図書館協会図書館の自由委員会は、8月22日、委員会サイトの「COVID-
19に向き合う」に「では、どうすればよいのだろう」を掲載した。
「基本的な感染対策」について利用者にわかりやすく説明するポスターの事
例を紹介し「図書館資料による接触感染を防ぐには」では、資料保存委員会
の文書「図書館資料の取り扱い(新型コロナウイルス感染防止対策)につい
て-人と資料を守るために-」を紹介して資料利用前後の手洗いを呼びかけ
る。「来館記録を収集しない宣言!」では、図書館が来館者の記録を保有す
るのではなく、来館者自身による行動の記録を推奨する事例を紹介し、「接
触確認アプリや自治体ごとのコロナお知らせシステムってどうなの?」で関
連資料を紹介する。「来館記録を図書館はどう扱っているか」では、来館記
録を収集する図書館で、その廃棄時期・保存期間を明示している館が少ない
ことを示し、きちんと利用者に説明することを求めている。
最後に、来館記録の収集が「強制されるなら、図書館利用カードを作れない
人、ホームレスなど住所を持たない人、連絡先のない人は図書館を利用する
ことができなくなる」として、「どんな人も入口で拒否することのないよう、
来館記録の収集は任意でなければならない」とする。
 http://www.jla.or.jp/committees/jiyu///tabid/854/Default.aspx#note03

----------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ

〇 2021(令和3)年度全国公共図書館研究集会の開催予定
  来年度の児童青少年部門の研究集会は次のとおり開催予定です。
  会場:いわて県民情報交流センター(アイーナ)会議室804 定員300名
   (会場住所:岩手県盛岡市盛岡駅西通一丁目7番1号)
  日時:令和3年11月25日(木)13:00から(受付12:00~13:00)
         11月26日(金)12:40まで

 なお、来年度のサービス・総合経営部門は、九州沖縄地区で調整中です。

〇著作権法オンラインセミナー「近時の著作権法改正と専門図書館」開催
 日 時:2020年9月9日(水)18:30~20:00
 主 催:専門図書館協議会
 開催方式:Zoomによるオンライン会議
 内 容:2018年(平成30年)の著作権法改正と、2020年(令和2年)の通常
国会で成立した「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関す
る法律の一部を改正する法律」による著作権法改正について、専門図書館に
関係するポイントに絞って分かりやすく解説。
 講 師:澤田 将史 氏(弁護士)
 受講料:(専門図書館協議会)会員:無料、非会員:8,000円
     (非会員の方には『専門図書館と著作権Q&A 第4版』が付きます)
定 員:60名(先着順)
 お申込締切:2020年9月2日(水)※ 定員になり次第、受付終了
 ※ 詳細内容・申し込み方法はホームページをご覧ください。
   https://jsla.or.jp/2020-09-09_online-meeting/

--------------------------------------------------------------------
◆求人情報

○千葉大学附属図書館本館 事務補佐員(図書系)募集:2名
 応募締切日:2020年9月4日(金)

○令和2年度 障害者を対象とした千葉県職員採用選考(司書):1名程度
 応募締切日:2020年9月9日(水)

○奈良県立図書情報館 会計年度任用職員(専門事務)の募集:1名
 応募締切日:2020年9月11日(金)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

============================================================no.1007END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。mailmaga★jla.or.jp

 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841