令和6(2024)年能登半島地震について

この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








図書館の分類に関する調査(2023)

※「図書館の分類に関する調査(203)」の回答は締め切りました。
 ご協力をいただき、誠にありがとうございました。


はじめに

JLA分類委員会は、日本十進分類法(NDC)の維持管理のため、分類法に関する調査活動を行っています。2008年4月には、2007年度『日本の図書館』のミニ付帯調査として「図書の分類に関する調査」を実施し、調査結果を『図書館雑誌』(vol.104, no.3, 2010.3,p166-169)に公表しました。その後の状況を把握するため、2023年7月に全国の公共図書館、大学図書館等を対象に、以下の要領でアンケート調査を実施します。

参考資料:JLA分類委員会「『図書の分類に関する調査』結果報告-平成19年度『日本の図書館』ミニ付帯調査-」「『図書館雑誌』(vol.104, no.3, 2010.3,p166-169)

調査の目的

・日本の図書館における分類法の適用、活用方法等の現況を把握し、情報を共有する。
・NDCの維持管理並びに改訂の検討にあたっての参考情報とする。

調査対象

2008年の調査との継続性を考慮し、『日本の図書館』の統計による公共図書館、大学図書館等とします。中央館、分館、地域館等それぞれの館が調査対象です。
 参考:2008年の調査館数は、公共図書館(私立含む)3,126館、
    大学図書館(短大、高専、大学校、大学共同利用機関含む)1,660館

調査方法

ウェブアンケートを基本とし、Googleフォームによる調査票を用います。
下記、アドレスより調査票へアクセスして回答をお願いいたします。

 調査票(Googleフォーム):https://forms.gle/jxrcegYzxxMXJYPg9

 ※Googleフォームでの回答が難しい場合は、Excelファイルでの回答も可能です。
  調査票をダウンロードし、下記へメールでご送付ください。
  ○調査票(Excelファイル)
  ○ファイル名は「調査対象館名 調査票」としてください。
   例)○○市立図書館の場合 「○○市立図書館 調査票」
  ○送付の際の件名は「送付図書館名 分類調査 回答」
   例)○○市立図書館の場合 「○○市立図書館 分類調査 回答」
  ○送付先:bunruichosa★gmail.com (送信時に★は@(半角)に変えてください)

 ※分類調査の記入上の注意事項については、下記をご参照ください。
  ○「図書館の分類に関する調査(2023)」回答方法説明 (Googleフォーム用) <2023/7/14追記>
  ○「図書館の分類に関する調査(2023)」回答方法説明 (Excel調査票用) <2023/7/14追記>
 ※参考:「図書館の分類に関する調査(2023)」の実施について

回答期間

2023年7月3日(月)~ 8月4日(金) ​8月25日(金) ※延長しました!

調査結果の公表

『図書館雑誌』の記事として掲載する予定です。

調査に関する問い合わせ

※分類調査に関するお問い合わせは、原則として、下記メールアドレスよりお問い合わせください。
   JLA分類委員会 分類調査担当
   メール:bunrui★jla.or.jp (送信時に★は@(半角)に変えてください)

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841