図書館政策企画委員会

お知らせ

指定管理者制度について

図書館における指定管理者制度の導入について
公立図書館の指定管理者制度について-2016(パンフレット)

   

「専門職制度検討チーム報告~非正規雇用職員が職員数の多くを占める時代における職員制度のあり方について~」を出しました。

 図書館政策企画委員会の専門職制度検討チームは2017年4月に発足、非正規雇用職員が大多数を占める中での職員制度のあり方について2年間にわたり検討し、昨年3月に報告を出し、終了しました。その後、図書館政策企画委員会、理事会での審議、修正を経て、このたび報告を公開することとなりました。
 公共図書館のみならず学校、大学、専門の各図書館についても、それぞれの非正規雇用化の状況とそれに伴い生じている様々な問題点を分析しています。また体系的な専門職制度について積極的な提案はできませんでしたが、館種ごとの職員制度については様々な提案を盛り込んでいます。現在の図書館における職員制度を考える上での一つの材料になるかと思います。ぜひご覧ください。
専門職制度検討チーム報告~非正規雇用職員が職員数の多くを占める時代における職員制度のあり方について~

 

図書館への調査について

「公立図書館の業務委託等に関する調査」 実施中(締切は12/28)

「都道府県立図書館への無償提供を求める政府刊行資料に関するアンケート調査」 2011年
「都道府県立図書館への無償提供を求める政府刊行資料に関するアンケート調査」 2009年 


開催行事

■図書館基礎講座■

◎ これからの予定 ◎

 ・2016年度は、

  8月に福島県で開催、ほか九州、関西、神奈川などでの開催を予定しています。

 

   詳細は、決定次第、メールマガジン、『図書館雑誌』でも、順次更新していきます。

図書館基礎講座の開催につきまして、ご相談を承ります。
詳細は、日本図書館協会 非正規雇用職員問題検討チームまでお問い合わせください。
(お問い合わせ先は、企画調査部まで)


トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841