JLAメールマガジンバックナンバー

2017/04/26

第844号

====================================================<2017/4/12発信>
  JLAメールマガジン 第844号
=====================================================================
 編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
  Copyright,2017 Japan Library Association  無断転載転送を禁じます 
  JLAホームページアドレス http://www.jla.or.jp/
  JLAメールマガジンのバックナンバー
   http://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
=====================================================================
▼目次▼
 ■図書館界ニュース
 ■新聞記事より
 ■求人情報
 ■JLAからのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース
○2017年度公益社団法人日本図書館協会活動部会総会のご案内
 2017年度の定時代議員総会が、6月16日(金)午後に開催されます。これに
 先立ち、同日午前中に活動部会の総会が行われます(学校図書館部会総会
 は6月3日(土)、図書館情報学教育部会総会は6月4日(日)に開催)。
 http://www.jla.or.jp/divisions/tabid/70/Default.aspx#bukaisokai2017
 部会総会に出席できない会員は、必ず委任状をお出しください。出欠連絡お
 よび委任のご連絡は、ホームページのフォームからご送信ください。図書館
 雑誌4月号にもご案内を綴じ込んでいます。フォームからご回答いただいた
 場合はFAXおよびハガキのよる返信は不要です。
 
○「平成27年度社会教育調査報告書」公表
 文部科学省は3月27日、2015年10月1日現在で実施した「平成27年度社会教育
 調査報告書」を公表した。概ね3年毎に実施している調査であるが、今回は
 2011年以来4年ぶりである。図書館に関しては28の調査項目結果を明らかに
 している。今回は「運営状況に関する評価の実施状況」が新たに加えられた。
 2008年の社会教育法改正により「評価」についての努力義務が課せられたこ
 とによるものである。
 ・図書館数:3,331館、うち私立図書館23館
 ・所管別図書館数:公立図書館3,308館中、首長部局所管136館(2011年106
  館)
 ・指定管理図書館:516館(15.6%。2011年347館10.7%)。社会教育施設全体
  の導入率28.9%)
 ・指定管理者の種別:地縁による団体(自治会・町内会等)8館、社団・財
  団法人55館、会社381館、NPO法人40館、その他32館
 ・職員:専任11,448人(司書・司書補5,862人)、兼任1,198人、非常勤19,511
  人、指定管理者6,673人
 ・指定管理者職員の内訳:館長・分館長435人(うち司書有資格者259人)、
  司書・司書補3,887人
 ・図書館協議会等の設置図書館数:2,219館
 なお公表にあたって文部科学省担当部局は、「社会教育施設は全体的に減少
 傾向にある中、図書館については前回調査から増加し、過去最高」、「児童
 1人当たりの貸出冊数が増加し、過去最高」と述べている。児童1人当たりの
 数値は、児童図書の貸出冊数を児童数で割ったものである。児童書は子ども
 のみが借りる実状にはないので不適切である旨、2011年調査の際と昨年10月
 の中間発表の際に連絡をしたが(本メールマガジンン第822号 2016/11/2発
 信)、直されていない。
 http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa02/shakai/kekka/k_detail/1378657.htm

○総務省「地方公務員の臨時・非常勤職員に関する実態調査」公表
 総務省は、3月31日付で「地方公務員の臨時・非常勤職員に関する実態調査」
 (平成28年4月1日現在)を公表した。
 地方自治体における非正規雇用の職員は近年急速に増加しており、「官製ワ
 ーキングプア」という造語まで生み出している。実態調査によれば、地方公
 務員の臨時・非常勤職員は643,131人で平成17年調査が始まってから約19万人、
 70%増加している。職種別では。事務補助職員が約10万人でもっとも多く、
 次いで教員・講師が約9万人、保育所保育士約6万人、給食調理員約4万人、図
 書館職員1.6万人、看護師.6万人、清掃作業員7千人、消費生活相談員2千人な
 どとなっている。図書館職員は、臨時・非常勤職員全体の2.6%を占めている。
 図書館職員の内訳を見ると、フルタイム21%、勤務時間3/4超39%、勤務時間
 3/4以下40%となっており、他の職種に比べてフルタイム率の低さが際立って
 いる。
 地方公務員の臨時・非常勤職員は、契約関係が不明瞭、時間外手当や通勤手
 当の規定の未整備、再度任用時の応募制限、休暇・休業制度の未整備、社会
 保険及び労働保険の不適用など、労働条件の未整備についての指摘が数多く
 出されており、総務省では2014年7月に「臨時・非常勤職員及び任期月職員
 の任用等について」でこれらの問題への取り組みについて各自治体に改善を
 促す通知を行っている。また、2016年7月より「地方公務員の臨時・非常勤
 職員及び任期月職員の認容等のあり方に関する研究会」(座長:高橋滋法政
 大学法学部教授)を設置しており、2016年12月に報告書が提出されている。
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei11_02000078.html
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chihoukoumuin_ninyou/index.html

○全国学校図書館協議会、「学校図書館整備施策の実施状況」を発表
 全国学校図書館協議会は「学校図書館整備施策の実施状況-2016年度悉皆調
 査の結果」を発表した。小中学校図書館の図書費、新聞配備費、担当職員報
 酬は地方交付税措置されているが、全国の市区町村ではそれぞれ2016年度に
 予算化されているかを調査したものである。1,741市区町村のうち、回答の
 あった1,103市区町村(63.4%)の結果が個別に明らかにされている。
 http://www.j-sla.or.jp/material/research/post-45.html

○千代田図書館、一橋・駿河台図書館の関係資料集を刊行
 千代田区立千代田図書館は戦前の一橋図書館、駿河台図書館の業務資料約
 130点を保存しているが、このたび『千代田図書館所蔵「一橋・駿河台図書
 館業務資料」関係資料集』を刊行した。昨年の「紹介パンフレット」に続く
 ものである。全資料の目録のほか、現物の写真、講演録、展示内容などが収
 録されている。展示企画にあたっては、協会資料室も協力した。資料集の入
 手については下記。
 http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/findbook/gyomushiryo/

○伊藤忠記念財団「子ども文庫助成」
 平成29年度伊藤忠記念財団「子ども文庫助成」の贈呈先候補の募集が行われ
 ている。この助成事業は1975年より財団が中心事業として毎年実施している
 もので、これまで2179件の文庫やグループが助成を受けている。次の1から3
 が贈呈先募集、4が推薦の募集となっている。
 http://www.itc-zaidan.or.jp/
 1.子どもの本購入費助成(助成金30万円)
 2.病院・施設子ども読書活動費助成(助成金30万円)
 3.子どもの本100冊助成(当財団が選んだ児童図書セット)
 4.子ども文庫功労賞
 http://www.itc-zaidan.or.jp/

○『多文化サービス実態調査2015報告書』刊行
 日本図書館協会多文化サービス委員会は、2015年、全国の公立図書館および
 大学・短期大学・高等専門学校図書館を対象に「多文化サービス」に関する
 アンケート調査を行い、このほど、調査結果をまとめた報告書を刊行した。
 本調査は、1988年、1998年に続く3回目の全国調査で、在住外国人や留学生
 に対するサービスの進展具合、直面する課題を探る目的で実施した。
 今回の調査報告書は、「公立図書館の多文化サービス」と「留学生等への図
 書館サービス」の2つの調査を1冊にまとめた。公立図書館と大学図書館等が
 実施しているサービスの状況を理解し、自治体や館種を越えた連携によって、
 多文化サービスを進展させる手がかりとなるよう期待している。
 報告書は日本図書館協会施設会員Aに配布されるほか、2,500円で一般販売も
 される。

---------------------------------------------------------------------
◆新聞記事より
○視覚障害者に読書の喜び 韮崎[市立]・大村[記念]図書館 代読ボランティ
 ア[韮崎さくらの会]が活動 発声、解説 勉強会で質高める 臨機応変に 
 広がる交流(山梨日日2/8)

○掲示不可 8項目明示 北杜[市]・中央図書館が新基準 「館長の認定」は
 削除(山梨日日2/24)

○向山雅重さんが撮影した伊那谷 記録写真2万枚閲覧可能に 市立伊那図書
 館 昭和20~50年代の生活や文化伝える(信濃毎日1/7)

○予約本の提供より迅速に 諏訪広域図書館ネットワーク[すわズラー] 3月
 システム更改 モバイルアプリも4月から(長野日報1/18)

○市立図書館、購入費が半減 1443万円→689万円 市側「蔵書そろった」/
 利用者「リクエスト応じて」 舞鶴[市] (朝日<京都>2/10)

○蔵書検索精度アップ クラウドソーシング導入 [京都]府立図書館 府民協
 力 書誌情報を整理 システム向上へ 「気軽に参加を」(京都2/16夕)

○東大阪商[工会]議所移転へ 19年、図書館などを併設(日経<大阪>2/24)

○移動図書館新車2台導入 [明石]市「本のまちづくり」推進 学校と連携 
 授業活用も ひまわり号は廃止へ(神戸2/9)

○市民交流施設基本計画案 図書館核に延5000平方メートル想定 海南市
 (日刊建設産業1/17)

○図書館 ビジネス支援充実 地元企業の利用増 職員も専門知識/DB資料無
 償で 販路開拓や研修に活用 [鳥取県立図書館、島根県立図書館、倉吉市立
 図書館](山陰中央新報2/8)

○1階にホール/図書館を設置 境港市の複合施設 防衛省補助 基本設計案
 公表(山陰中央新報1/22)

○図書館に地域情報[コミュニティ]ラボ 島根大[学]が開設 学生に県内企業
 紹介(中国2/8)

○未来託しきょう開館 高梁市「ツタヤ」図書館 選書は市教[育]委[員会]が
 確認(朝日<岡山>2/4)

○岡山[県]・玉野[市]の大型SC改装 宇野港土地 [図書館など](日経<中国>2/11)

○萩市立[萩]図書館 来館200万人 リニューアル後6年(朝日<山口>1/26)

○麻植協[同病院]跡[地]にアリーナ 19年度完成 子育て施設や図書館も整備
 鴨島駅前を再生 [吉野川市](徳島11/29)

○36.8億の合田工務店 伊予市 図書館・文化ホール(建設通信1/27)

○事業方針を再検討 行橋市 図書館等複合施設整備(日刊建設産業1/11)

○炭鉱文化の拠点再び 筑豊文庫資料 直方市へ 上野英信さんの遺族寄贈 
 [直方市立図書館](西日本1/7)

○雑誌の付録プレゼント 筑後市立図書館 応募28日まで カードやバッグな
 ど(毎日2/1)

○選定手続きを中止 行橋市の図書館等複合施設整備(建設通信2/3)

○全九州[学校図書館コンクール]と県[学校]図書館コンクール 柳川市の3小
 学校表彰 六合[小学校]、有明[小学校]、豊原[小学校] ICT活用で成果
 (西日本2/7)

○新図書館撤回要求 署名1万5000人超す 行橋[市]、市民団体[「図書館建
 設まった!」の会(通称)]が発表(朝日<福岡・京築>2/15)

○図書2分館来月で利用停止 [福岡県]苅田[町]・北公民館と小波瀬コミュニ
 ティーセンター 町、行財政改革の一環(朝日<福岡・京築>2/15)

○入館10万人突破 基山町立図書館 目標超え開館9カ月で [佐賀県] 基山
 町(佐賀1/8)

○武雄市図書館 300万人来館 新装4年 福岡市の一家に記念品 武雄市
 (佐賀1/9)

○移動図書館車「ぶっくん」更新 旧2号車に別れ、感謝 伊万里市(佐賀2/15)

○武雄市のこども図書館 指定管理料半年3017万円(佐賀2/23)

○脊振庁舎、計画まとまる 12億円、20年度完成目指す 神埼市 [図書館など]
 (佐賀2/25)

○佐世保市立図書館、祝日も開館へ 市民の声受け「夜間」は火~土に拡大
 (朝日<長崎>12/27)

○老樹、名勝/民俗芸能… 昭和初期の熊本今に ガラス乾板939枚発見 歴
 史・植物研究者 故上妻博之氏撮影 [熊本]県立図書館(熊本日日2/2)

○〔街かどクリップ〕熊本市 生命保険協会が市に図書寄贈(熊本日日2/22)

○都城市中心市街地活性化へ 施設計画の概要発表 デパート跡→13階建て高
 級ホテル 市立図書館→表現活動支援拠点に(南日本1/7)

○〔指宿支局 発〕NPO[本と人とをつなぐ]「そらまめの会」指定管理10年 
 「つながる図書館」挑戦 カフェ風や駐車場に畑 まちづくり拠点へ 「活
 発さ全国トップ級」 専門誌発行 岡本[真]さん評価 [指宿市 指宿図書館、
 山川図書館](南日本1/20)

○伊江[村]に「空飛ぶ図書館」 [沖縄]県[立図書館]と[伊江]村[教育委員会]
 共催 950冊、読み聞かせも(琉球新報2/23)

○未来創造センター承認 宮古島市議会 工事契約案を可決、18年開館 [図
 書館など](琉球新報2/25)
 
---------------------------------------------------------------------
◆求人情報
○佐賀市立図書館 平成29年度嘱託職員募集:若干名
 応募締切日:平成29年4月13日(木)

○台東区立図書館 図書館奉仕員(非常勤職員)募集:1名
 応募締切日:平成29年4月17日(月)

○川崎市立看護短期大学図書館司書嘱託員(非常勤嘱託員)募集:1名
 応募締切日:平成29年4月28日(金)

○博慈会記念総合病院 図書館司書(非常勤)募集:1名
 応募締切日:平成29年4月30日(日)

○物質・材料研究機構 図書館司書募集:1名
 応募締切日:平成29年4月30日(日)

 求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx
 
---------------------------------------------------------------------
◆JLAからのお知らせ
○2017年度中堅職員ステップアップ(2)研修申込受付中!!
 詳細は『図書館雑誌』3月号および当協会ホームページをご覧ください。
 http://www.jla.or.jp/committees/kenshu/tabid/653/Default.aspx
 問合先:研修事業委員会担当(kenshu★jla.or.jp TEL.03-3523-0811(代表))

============================================================no.844END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。mailmaga★jla.or.jp 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841