図書館情報学教育部会 行事案内

図書館情報学教育部会 行事案内

図書館情報学教育部会では,全国図書館大会での分科会を担当するとともに,年2回の研究集会を開催しております。今後の行事案内は本ページをご覧ください。

2017年度・全国図書館大会分科会

第7分科会 図書館情報学教育:日本図書館情報学会シンポジウム

『図書館情報学教育の広がりと可能性:日本図書館情報学会の調査報告を基にして』

本分科会は、標題にもあるとおり、日本図書館情報学会との共催で開催します。 2016年度に日本図書館情報学会に設置された、図書館情報学教育に資する事業ワーキンググループの調査報告書『図書館情報学教育の拡がりと今後の方向性に関する調査報告書』が2017年3月にまとめられました。インターネットを基盤とした情報社会が進展する中、図書館の役割も変化し、情報専門職としての図書館員に求められる知識や技術、能力も高度化してきています。図書館情報学教育は、情報専門職の養成機関として、こうした変化に対応する必要がある一方で、学問としての図書館情報学もまた、この変化の中にあります。本調査報告書ではこうした背景を踏まえ、

(1)司書課程、図書館情報学の専門課程を設置している教育組織におけるカリキュラム等の調査

(2)北米の大学における図書館情報学教育の動向

(3)隣接領域からみた図書館情報学

の3つの視点から調査結果がまとめられています。

 そこで本分科会では、調査報告書を基に、図書館情報学教育の現状と今後について、先駆的取り組みや隣接領域の動向を踏まえつつ、その広がりと可能性を検討します。分科会では次の3名からの報告の後、パネル討議を行う予定です。図書館情報学を基盤とした教育の展開について、参加者のみなさんと議論を深めたいと考えています。

1 浅石卓真(愛知淑徳大学人間情報学部)

「「図書館情報学教育に資する事業ワーキンググループ」調査報告書にみる図書館情報学教育の現状」

2 宇陀則彦(筑波大学情報学群)

「図書館情報学の広がりを意識した教育:筑波大学の事例から」

3 永崎研宣(国際日本文化研究センター)

「デジタル人文学から図書館情報学教育に期待すること」

4 パネル討議

コーディネーター 小山憲司(図書館情報学教育部会幹事、中央大学)


過去の行事(終了した行事については、こちらをご覧ください)

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841