日本図書館協会の見解・意見・要望

2015/12/22

図書館利用における障害者差別の解消に関する宣言

「図書館利用における障害者差別の解消に関する宣言」


                             2015年12月18日  
公益社団法人日本図書館協会



 2016年4月1日に予定される「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の施行を控え、 

・国際障害者年(1981年)の全国図書館大会(埼玉大会)全体会における「著作権問題の解決を求める決議」とその後の著作権法改正活動を含む図書館利用に障害がある人々へのサービス(障害者サービス)の発展を回顧し、

・障害者の権利に関する条約(障害者権利条約)が、その第二十一条で締約国に「障害者に対し、様々な種類の障害に相応した利用しやすい様式及び機器により、適時に、かつ、追加の費用を伴わず、一般公衆向けの情報を提供すること」を求めていることに特に留意するとともに、障害者との意思疎通に努め、

・全国のすべての図書館と図書館職員が、合理的配慮の提供と必要な環境整備とを通じて、図書館利用における障害者差別の解消に、利用者と手を携えて取り組むことを宣言する。


(この宣言は、2015年第101回全国図書館大会(東京大会)障害者サービス分科会に提案し参加者に承認されたものである。
 日本図書館協会ではこれを協会宣言として発表し、全国のあらゆる図書館及びその職員に対し、障害者権利条約でいう合理的配慮の提供と基礎的環境整備を行うことで、図書館利用における障害者差別の解消、つまりすべての人が利用できる図書館に図書館自らが変わるべきことを求める。)




 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841