大阪北部地震により被害に遭われている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

熊本県を中心に発生している地震により、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
図書館災害対策委員会のページ
東日本大震災対策委員会のページ

「東日本大震災 体験記」募集について

 

「東日本大震災 体験記」募集について

 日本図書館協会出版委員会では「『3.11から10年 被災地の図書館と職員たち(仮称)』編集小委員会」(以下「3.11記録編集委員会」という。)を立ち上げ,東日本大震災発生からこれまでの図書館の出来事を,岩手・宮城・福島の3県を中心に「東日本大震災の体験の記録」として1冊にまとめるため,体験記を募集します。
 
 今回の企画に取り組む必要があると考えた理由は以下の通りです。
 ① タイムリミット:震災直後から,業務に携わってきた職員が退職・異動し,記録の収集が困難になってきている。
 ② 体験者の記憶:日々の業務に追われ,震災を想起することが少なくなり,記憶の風化により必要なこと大切なことが,忘れ去られる恐れがある。
 ③ 支援者について:支援の内容は多様であり,支援内容を記録に残すことで,今後の震災などの災害支援を考える参考にしてもらいたい。
 
 東日本大震災の体験・経験はさまざまな災害時の対応に活かせると考えます。
 次の事項を明記のうえメールまたはFAXでご応募ください。
 

 応募件名:東日本大震災体験記について(応募) ※メール,Faxのタイトルに入れてお送りください。

 記載内容:①お名前
      ②現在のご所属
      ③ご連絡先FAX番号
      ④ご連絡先メールアドレス
      ⑤震災当時(2011年3月11日)のご所属
      ⑥伝えたいこと(400字程度)
                    (書き残したいこと,箇条書きでも結構です)
 

 応募用紙は、こちら → 応募記入用紙( WORD文書PDF文書 )

   応募締切:2018年3月15日(木)

 応募先:公益社団法人日本図書館協会3.11記録編集委員会事務局
     (E-mail:shuppan★jla.or.jp,FAX:03-3523-0841)
 

※メールアドレスの@はスパム防止のため★としています。送信する時は@(半角)にしてください。
 
※応募をお受けした時点で事務局から受付の通知を差し上げます。1週間以内に通知がない場合は,恐れ入りますがFAXにてご連絡ください。

※2018年春頃に執筆依頼の連絡を差し上げます。
 なお,ご応募いただいた「⑥伝えたいこと」が,他の応募者と内容等で重複した場合,調整させていただくことがあります。
 

 今後の編集に関する進捗状況については『図書館雑誌』等にて報告します。ご期待ください。

 
トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841