令和6(2024)年能登半島地震について

この度、地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げ、一日も早く平穏な日々に戻る事をご祈念申し上げます。
日本図書館協会及び図書館災害対策委員会も微力ではありますが、支援を模索し、対応してまいります。
被災情報並びにお困り事がありましたら、メールにてご一報いただければ幸いです。
saigai★jla.or.jp
(★を半角@に換えてください。)








第17分科会 ICTと図書館

テーマ「情報システムと危機管理 ―非日常的危機に対応できるために―」

日時:平成23年10月14日(金) 10:00 ~ 16:30
会場:調布市文化会館たづくり 映像シアター
     <注意!:この会場は会場内が飲食禁止ため、お弁当はご注文いだけません。近隣のレストラン等をご利用ください。>

 東日本大震災においては、地震や津波、原発事故により、図書館も多数被災し、コンピューターシステムや利用者データ、所蔵データも大きな損害を受けました。
 一方、ソニーPS ネットワークの管理システムへのハッカー攻撃による個人情報の流出は全世界に及び、子会社を含め1 億人の情報が外部に流出するという未曽有の事態が現出しています
 東日本大震災によるシステム自体の流失、ソニーPS ネットワーク情報流出事件などから、非日常的事態に可能なかぎり対応できる情報システムの在り方について学び、危機に強い情報システムの在り方について考える分科会にしたいと思います。併せて、昨年6月に起こった岡崎市立図書館librahack 事件から導かれる教訓についても、共に考える分科会にしたいと思っております。


日程

時間 内容
9:30 ~ 10:00 受付
基調講演  内田勝也 氏(横浜市CIO補佐監/情報セキュリティ大学院大学 名誉教授
「情報システムの危機管理 ―今日的な課題」
報告  戸松啓二 氏(デルター株式会社 取締役社長/りぶらサポータークラブ 顧問)
「岡崎市立図書館とlibrahack事件のこと ―事件のあと変わったこと、変わらなかったこと」
報告  吉田大祐 氏(三菱総合研究所公共ソリューション本部 主任研究員)
「CIO補佐監からみた自治体および図書館システム構築のあり方」
報告  大木隆志 氏(さいたま市立中央図書館)
「図書館システムのセキュリティーチェック表作成の試み」
16:30 閉会
トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841