部会規程

(総則)
第1条 公益社団法人日本図書館協会専門図書館部会(以下「専門図書館部会」という。)の組織及び運営等に関しては、公益社団法人日本図書館協会(以下「本法人」という。)の定款及びそれに基づく活動部会通則規程(以下「部会通則」という。)に定めるもののほか、この専門図書館部会規程(以下「部会規程」という。)に定めるところによる。

(事務局)
第2条 専門図書館部会の事務局は、専門図書館部会長(以下「部会長」という。)の在職する機関内に置くことを原則とする。

(専門図書館部会への所属)
第3条 専門図書館部会に所属する者の範囲は、部会通則第6条第1項及び同条2項の規定によって専門図書館部会に所属することとなった者とする。

(専門図書館部会の設置目的)
第4条 専門図書館部会は、専門図書館に共通する諸問題を研究し、その発展を図ることを目的とする。

(専門図書館部会の事業)
第5条 専門図書館部会は、前条の目的を達成するために必要な下記の事業を行う。
(1) 研修・セミナー等の開催
(2) 特定のテーマについての調査研究
(3) その他必要なグループ活動
2 前項の事業の実施に必要な時は、部会員以外のものを参加させることができる。

(関係団体との連携)
第6条 専門図書館部会は専門図書館協議会その他の関係団体との連絡を密にするよう努めるものとする。

(専門図書館部会の役員)
第7条 専門図書館部会に、原則として次の役員を置く。
(1) 部会長 1名
(2) 副部会長 1名以上2名以内
(3) 幹事 若干名

(役員の任務)
第8条 部会長は専門図書館部会を代表し、部会会務を統括する。
2 副部会長は、部会長を補佐し、部会長が欠け、又は部会長に事故があるときは、その職務を代理する。
3 幹事は、幹事会を構成し、部会長の指示を受けて会務の執行に当たる。

(役員の選任)
第9条 専門図書館部会の部会長その他の役員は、部会総会において出席者の互選により選任する。
2 第1項の専門図書館部会の役員の選任に当たっては、実効ある部会活動が確保されることを基本とし、個人会員及び施設会員相互の協力提携を図り、専門図書館部会の運営が円滑に行われるよう配慮するものとする。

(専門図書館部会の役員の任期)
第10条 専門図書館部会の部会長その他の役員の任期は2年とする。
2 部会長その他の役員は、2回まで再任されることができる。ただし、相当の理由がある場合は、その限りではない。
3 補欠により選出された役員の任期は、前任者の任期の残任期間とする。

(専門図書館部会の推薦理事候補者)
第11条 部会通則第10条第4項及び第5項に基づく理事候補者は、部会長を推薦することを原則とするが、特別な事情がある場合は、部会総会で選出した者を推薦することができる。

(部会総会の運営)
第12条 専門図書館部会総会は、部会長が招集する。
2 部会総会の議長は、部会総会において会員の中から選出する。
3 部会総会は、所属部会員の10分の1以上の出席(委任状の提出及び代理者の出席も含む。)をもって成立する。
4 部会総会の議事は、出席者の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
5 部会総会に付議する事項は次のとおりとする。
(1) 部会通則及びこの部会規程において部会総会で定めることとされている事項
(2) その他の重要事項

(専門図書館部会の経費)
第13条 専門図書館部会の経費は、次の収入をもって支弁する。
(1) 本法人からの部会活動配分経費
(2) 研修会参加費等、部会活動事業による受益者負担金
(3) 寄付金、賛助金その他の収入

(事業計画及び収支予算)
第14条 専門図書館部会の毎年度の事業計画及び収支予算は、その年度当初の部会総会に提出し、その承認を得なければならない。

(事業報告及び収支決算)
第15条 専門図書館部会の前年度の事業報告及び収支決算は、部会総会に提出し、その承認を得なければならない。

(会計年度)
第16条 専門図書館部会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(専門図書館部会規程の改廃)
第17条 専門図書館部会規程の改廃は、部会総会の議を経て、本法人理事会の議決により行う。

(専門図書館部会長への委任)
第18条 この部会規程に定めのない事項については部会長が定める。

附則 この部会規程は、2016 年6 月17 日から施行する。
2 この規程の施行に伴い、社団法人日本図書館協会専門図書館部会規程(昭和63年5月27日施行)は廃止する。
トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841