JLAメールマガジンバックナンバー

2017/03/30

第838号

====================================================<2017/3/1発信>
JLAメールマガジン 第838号
=====================================================================
編集発行:公益社団法人 日本図書館協会
Copyright,2017 Japan Library Association 無断転載転送を禁じます
JLAホームページアドレス http://www.jla.or.jp/
JLAメールマガジンのバックナンバー
http://www.jla.or.jp/tabid/262/Default.aspx
=====================================================================
▼目次▼
■図書館界ニュース
■集会等のお知らせ
■求人情報
■JLAからのお知らせ
----------------------------------------------------------------------
◆図書館界ニュース
○公立図書館の貸出し、7億点回復 『日本の図書館2016』刊行
日本図書館協会図書館調査事業委員会がまとめた『日本の図書館-統計と名
簿 2016』が刊行された。公立図書館は貸出しの減少が続いていたが、2015
年度実績では7億3,401万点、前年度より1,306万点増となった。しかし2009
年度までには回復していない。貸出しを支える予約、相互貸借、都道府県立
図書館の協力貸出はいずれも前年度を上回った。2016年度資料費予算は295億
5,982万円と5億153万円増となったが、2011年度の水準までは回復していない。
専任職員は1万394人と減少は止まっていない。非常勤・臨時職員は1万6,674
人(年間実働1500時間を1人と換算)、委託・派遣職員は1万1,718人(同)とい
ずれも増加が続いている。
大学図書館(4年制)の2015年度資料費決算額は689億8,672万円で前年度より1
億3,61万円の増。専従職員数は4,442人で97人減、非常勤・臨時職員は4,184
人(同)で134人減。派遣職員等は3,749人(同)で、75人の増である。

○図書館へのトップランナー方式、指定管理者制度の導入について国会質疑
2月23日の衆議院総務委員会において、図書館へのトップランナー方式、指
定管理者制度の導入についての質疑が行われた。田村貴昭議員(共産党)は、
図書館などへのトップランナー方式導入の見送り、および今後について質し
た。高市総務相は“図書館などは業務の性格として、庁舎管理などの定型的
業務と異なり、教育、調査研究、子育て支援といった政策的な役割を有して
いること、司書や学芸員などの専門性の高い職員を長期的に育成、確保する
観点から、指定管理者制度を導入していないという意見が多いこと、実態と
して指定管理者制度導入が進んでいないことなどから見送った。この状況を
踏まえると今後も導入できる状況にはないと考えている。”と答弁した。
経済・財政一体改革推進委員会(内閣府所掌)制度・地方行財政ワーキング・
グループ(2016.9.23)では、トップランナー前進を主張する委員に対して総
務省は、“専門的な職種の人材は、自分たちのところで採用して育成するほ
うが安定的である。関係省庁でも懸念があり、図書館協会など関係団体も指
定管理導入に慎重な意見も多く、全体としては指定管理者制度について推進
している状況ではない。”と答えている。
地方財政審議会(総務省所掌)「今後目指すべき地方財政の姿と平成29年度の
地方財政への対応についての意見」(2016.12.14)では、“教育、調査研究、
子育て支援といった政策的な役割を有して民間委託等が進んでいないものに
ついては、トップランナー方式導入は適当ではない”と記されている。高市
総務相は、この意見書を踏まえて「適切に対応した」と、最後に答弁した。
さらに、文部科学省審議官は“「望ましい基準」を改正し、専門職員の確保
及び、資質、能力の向上を規定した”と答弁し、“法律に基づき司書など専
門職員が住民の多様なニーズに応じて教育活動を提供しているが、これらの
役割を担える指定管理者を得ることができない等の理由で導入していない自
治体が多い。指定管理者制度を標準とするトップランナー方式を導入した場
合、施設の機能が十分果たせなくなるとの懸念を伝達した。”と述べた。
国会会議録(この質疑については、まだ公表されていない。):
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_srch.cgi?SESSION=14864&MODE=2
制度・地方行財政ワーキング・グループの議事要旨:、
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg3/summary_13th.pdf
地方財政審議会意見書:http://www.soumu.go.jp/main_content/000457002.pdf

○図書館記念日・図書館振興の月のポスター作成、送付
日本図書館協会では、4月30日の図書館記念日・5月の図書館振興の月をPRし
た恒例のポスターを制作し、都道府県立図書館に2月24日に発送した。施設
会員には3月中旬に図書館雑誌と一緒に送付する予定となっている。
詳細および余部の入手方法は下記ページをご覧ください。
http://www.jla.or.jp/publications/goods/tabid/230/Default.aspx#kinenbiposter

○映画『天使のいる図書館』公開中
奈良県の葛城地域(大和高田市、御所市、香芝市、葛城市、広陵町)の地域
振興から制作され、企画段階より日本図書館協会が協力している映画『天使
のいる図書館』が現在公開されている。葛城地域の四季の風景の中で新人司
書を主人公に図書館を舞台にした物語が展開される。
http://www.toshokan-movie.com/

---------------------------------------------------------------------
◆集会等のお知らせ
○第21回図書館利用教育実践セミナー in 名古屋
館種を超えた情報リテラシー教育の枠組みづくりに向けて
生涯にわたって学びを支える図書館 -実践と理論の融合をめざして-(仮)
日時:2017年3月12日(日)13:00~16:00
主催:日本図書館協会(企画・運営:図書館利用教育委員会)
会場:椙山女学園大学中央図書館(名古屋市千種区星が丘元町17番3号)
内容:情報リテラシー教育について、改めて理論的は背景を探りつつ、図書
館界全体として何ができるのか、何をすべきなのかについて、実践事例を
通して考え、館種を超えた枠組みづくりに向けた意見交換の機会とします。
セミナー後に会場館の見学ツアーがあります(希望者)。 登壇者:家城清
美(同志社大学社会学部嘱託講師)、求野弥生(椙山女学園大学図書館)、鈴
木崇文(名古屋市鶴舞中央図書館)、瀬戸口誠(梅花女子大学文化表現学部)
参加費(資料費):500円(当日受付にてお支払いください)
申込み方法:氏名(ふりがな)と所属を明記のうえ、電子メールにて下記ま
で。件名は「実践セミナー申込み」としてください。受け付け次第、返信
をいたしますのでご確認ください。
申込み・お問合せ:図書館利用教育委員会(cue@jla.or.jp)
その他:内容は一部変更になることがあります。プログラムなど最新情報は
随時委員会ホームページ(http://www.jla.or.jp/cue/)にてご案内します。

○イブニングセミナー 地方自治と図書館―図書館で地域再生を
主催:(株)勁草書房
共催:千代田区立日比谷図書文化館
日時:2017年3月13日(月)19:00~20:30
会場:千代田区立日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)
内容:講演「図書館から地方自治を考える」片山善博氏、「地方自治から図
書館を考える」糸賀雅児氏 他
参加費:1000円(学生500円)
申込先:千代田区立日比谷図書文化館 TEL:03-3502-3340
e-mail:college★hibiyal.jp
詳細HP:http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2919

---------------------------------------------------------------------
◆求人情報
○大学図書館閲覧フルタイムスタッフ:1名
応募締切日2017年3月15日(水)必着

○一橋大学学術・図書部学術情報課事務補佐員 募集要項:3名
応募締切日:平成29年3月3日(金)17時(必着)

○全国市町村国際文化研修所 図書室臨時職員募集:2名
応募締切日:3月6日(月)17時15分まで

○越谷市市民活動支援センター中央図書室(契約社員 サブリーダー)募集:1名
応募締切:平成29年3月15日(水)必着

○リンデンホールスクール中高学部図書司書募集:1名
応募期限:2017年3月15日(水)

○同志社大学 長期アルバイト職員(図書館関連業務)募集:1名
書類提出締切日:2017年3月15日(水)郵送必着

○毎日新聞東京本社情報調査部 スタッフ募集:3名
応募締め切り:2017年3月7日(火)必着

○帝京平成大学 契約職員募集(千葉キャンパス図書館):若干名
応募締切日:平成29年3月8日(水)

○滋賀大学附属図書館教育学部分館 事務補佐員(非常勤職員)募集:1名
応募締切日:3/8(水)17時まで

○東京家政大学図書館 嘱託職員募集:若干名
応募締切:平成29年3月13日(月) 必着

○就実大学 臨時職員(図書館関連業務):若干名
書類提出締切日:2017年3月15日(水)

○文京学院大学本郷図書館 嘱託職員募集:1名
応募締切日:3月10日(金)必着

○嘉麻市立図書館司書(常勤嘱託職員)募集:1名
申込期限:平成29年3月17日(金)

○朝日新聞東京本社 図書庶務およびデータベース編集作業補助業務:1名
応募締め切り:2017年3月6日(月)必着

求人情報の詳しいことは下記でご覧ください。
http://www.jla.or.jp/tabid/334/Default.aspx

---------------------------------------------------------------------
◆JLAからのお知らせ
○JLA新刊
日本の図書館 統計と名簿 2016 日本図書館協会図書館調査事業委員会編
日本図書館協会刊 2017.2 B5判 513p 定価14000円(税別)
ISBN978-4-8204-1616-6
http://www.jla.or.jp/publications//tabid/87/pdid/p11-0000000465/Default.aspx

○頒布協力本(他団体発行)
生活の中の図書館 民衆のアメリカ公立図書館史 ウェイン・ウィーガンド
著,川崎良孝訳 京都図書館情報学研究会刊 2017.3 A5判 429p
定価6000円(税別) ISBN978-4-8204-1615-9
http://www.jla.or.jp/publications//tabid/87/pdid/p11-0000000467/Default.aspx

============================================================no.838END=
■登録アドレスの変更・解除はかならずご連絡ください。mailmaga★jla.or.jp 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841