図書館の自由委員会

図書館の自由委員会は、図書館員が利用者の読書と調査の自由をまもり、ひろげる責務を果たすため、
(1)「図書館の自由に関する宣言」の趣旨の普及につとめ、その維持発展をはかる
(2)図書館の自由をめぐる侵害および抵抗の事実についてひろく情報を収集するとともに当事者の求めに応じて調査研究する
(3)会員もしくは地方組織の求めに応じて、調査研究の成果を提供し、または発表する
活動を行っています。研修会の開催についての相談にも応じています。事務局または委員までご連絡ください。

お知らせ

図書館の自由に関する宣言 1979年改訂 

図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することをもっとも重要な任務とする。

この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。
第1 図書館は資料収集の自由を有する
第2 図書館は資料提供の自由を有する
第3 図書館は利用者の秘密を守る
第4 図書館はすべての検閲に反対する

図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。

声明・見解等

刊行物

委員会の活動

資料室


Copyright (c)2003 (最終更新:2016年5月11日)

お問合せ
日本図書館協会 図書館の自由委員会事務局
  • 電話 03-3523-0815 (企画調査部直通)
  • E-mail kikaku@jla.or.jp
トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841