新型コロナウイルス並びに令和2年7月豪雨により甚大な被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、早期に健やな日常が戻りますよう祈念申し上げます。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ
東日本大震災対策委員会のページ

 

図書館記念日について

制定の趣旨

4月30日を図書館記念日に

昭和25年4月30日、画期的な文化立法である図書館法が公布され、それを契機として日本の図書館活動は新しく生まれ変わりました。サービスとしての公共図書館の機能が明らかにされ、無料原則がうちたてられ、わが国は、真の意味での近代的な公共図書館の時代をむかえたのです。日本図書館協会は、今日の図書館発展の基盤となった図書館法公布の日を記念して、4月30日を「図書館記念日」とすることにいたしました。

戦前の記念日(4月2日―帝国図書館長が天皇に図書館についての御進講をした日)との決別も意図しています。

5月1日~31日を図書館振興の月に

さらに図書館記念日につづく振興の月(5月1日~31日)は、新緑を背景に、図書館員が連帯しながら、社会との結びつきを強め、アイデアを出し合い、図書館振興のプログラムを進めようとするものです。


制定の経緯

1971年(昭和46年)2月
日本図書館協会理事会で「図書館記念日と図書館振興の月の制定」提案
1971年(昭和46年)3月
日本図書館協会評議員会で採択
1971年(昭和46年)5月
日本図書館協会総会で採択
1971年(昭和46年)11月17日~19日
岐阜市で開催の全国図書館大会において、協会提案の全体会議題の一つとなり、満場一致の賛同を得て決議されました。

図書館記念日ポスター

1972年以降、日本図書館協会では、ポスターを作製して全国の関係機関に配布しています。このポスターは、各地の図書館などに掲示されて好評を得ています。

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841