2月13日に発生した福島県沖を震源とする地震等の災害で被災された皆様、新型コロナウイルス感染症により影響を受けられている方々に心よりお見舞い申し上げます。早期に健やな日常が戻りますよう祈念申し上げます。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ
東日本大震災対策委員会のページ

 

図書館情報学教育部会 行事案内


図書館情報学教育部会では,全国図書館大会での分科会を担当するとともに,年2回の研究集会を開催しております。

2020年度 図書館情報学教育部会 臨時活動部会総会 開催について

図書館情報学教育部会長 大谷康晴
 すでに掲載されているように,図書館情報学教育部会(教育部会)は通信総会による臨時活動部会総会を開催することになりました。この経緯について簡単にご説明させていただきます。

 公益法人移行後教育部会では,日図協会館で臨時活動部会総会を開催して部会長を選出する仕組みになっています。そして,選出に先立って図書館情報学教育部会長選考のための委員会(選考委員会)を組織して,部会員から推薦された候補者に対して,選出された場合には就任する意思があることを確認した上で部会長候補者名簿に掲載し,候補者名簿の中から選考を行うことになりました。

  以上のように2年に1回開催されることになる臨時活動部会総会はきわめて重要な総会です。しかし,新型コロナウィルスに多くの人たちが感染する状況下において日図協会館で臨時活動部会総会を開催し,部会員のみなさまにお集まりいただくことは困難であるといわざるをえません。

  そこで,本年度春の活動部会総会を通信総会によって開催することを可能にした「公益社団法人日本図書館協会 活動部会総会及び役員の会議等開催における決議の特例規程」を適用し,今回の臨時活動部会総会を計画することといたしました。この規程はあくまで特例ということで有効期間が2020年内となっていましたが,一定の手続きで延長できるように定められています。このことを踏まえて協会執行部に特例規程の有効期間の延長を願い出て承認をいただきました。

  以上の経緯により,今回の部会長選考のための臨時活動部会総会は,特例規程第4条「部会長は部会総会等の開催が困難であると判断したときは,書面又は電磁的方法により部会総会等に代えることができる」を適用して開催することといたしました。選挙の実施方法や手続きは,後述する選考委員会の説明でご確認ください。

  新型コロナウィルス感染によるものとはいえ,春の活動部会総会に引き続き,部会長選考のための臨時活動部会総会もこのような形による開催となって大変残念に思っております。また,本来でしたら選考委員会の指示を受けて臨時活動部会総会の開催を宣言すべきところですが,特例規程の延長を行うには,理事会において理事長が報告する必要があります。このため選考委員長と情報の共有をしつつ,選考の公示に先だって教育部会長として特例規程の延長をお願いいたしました。前代未聞の社会的情勢による異例の対応であるということで,ご寛恕を賜れば,幸いでございます。 


2020年度図書館情報学教育部会 臨時活動部会総会のご案内

図書館情報学教育部会長 大谷康晴

図書館情報学教育部会は以下の要領で臨時活動部会総会を開催いたします。部会員のみなさまの参加を心よりお待ちしております。

開催形態:「公益社団法人日本図書館協会 活動部会総会及び役員の会議等開催における決議の特例規程」(以下「特例規程」という)第4条に基づく電子投票等による通信総会(経緯は後述)

投票期日:2021年2月26日(金)より3月17日(水)23時59分まで

投票方法:日図協ウェブサイト(https://www.jla.or.jp/)に設ける投票フォームに書き込んで送信する。または事前申請により郵送投票することもできる。

議題:第32期(2021~2022年度)図書館情報学部会長選考
                                        (2021年1月21日掲載)

 

第32期(2021~2022年度) 図書館情報学教育部会部会長選考について

図書館情報学教育部会長選考のための委員会

  図書館情報学教育部会では,部会規程第7条(2016年6月5日活動部会総会及び9月30日理事会承認)に基づき,下記の要領で,部会長の選考を実施いたします。選考方法は,部会員による投票となります。なお,幹事役員は新部会長が選任・委嘱します。
 部会長に立候補される方,及び候補者を推薦される方は,2021年1月20日(水)~2月14日(日)に届け出を行ってください。

 1.選挙権
 選挙権は,2021年2月26日(金)(投票開始日)の時点で,図書館情報学教育部会に所属している個人会員にあります。

 2.被選挙権
 被選挙権は,2020年12月31日(木)現在,図書館情報学教育部会に所属している個人会員にあります。『選挙公示』とともに被推薦者候補者を2021年1月19日(火)までに送付します。部会報を配信しているメーリングリスト経由で送付しますが,受け取れなかった方は,メールアドレス(もしくはファックス番号)をご連絡ください。速やかに送付します。

 3.立候補及び推薦の届け出
 被選挙権を持つ個人会員は部会長に立候補,及び部会長候補者を推薦することができます。推薦の場合,推薦者は,推薦されることに対する同意を被推薦者からあらかじめ得ておく必要があります。
(1)受付期間
 2021年1月20日(水)~2月14日(日)23時59分

 (2)届け出事項(書式自由)
 [1]候補者氏名[2]候補者住所[3]候補者所属(勤務先)[4]候補者連絡先(電話,FAX,メールアドレス)[5]推薦者氏名[6]推薦者連絡先(電話,FAX,メールアドレス)[7]立候補及び推薦の理由(100 字以内)※立候補の場合,[5]と[6]は不要です。

 (3)届け出先
 (2)の諸事項を記載し,kyoiku_senkou@jla.or.jpに締切日までに送信してください。

 4.部会長候補者(被推薦者)名簿の公表
 部会長候補者名簿をメーリングリストで2月26日(金)までに送付します。受け取れなかった方はメールアドレス(もしくはファックス番号)をご連絡ください。速やかに送付します。

 5.投票先
 日図協のウェブサイトに設ける投票フォームのページ(トップページのメニュー中の「部会」のページをクリックしてください)から,部会長候補者1名を選択して送信してください。
 原則として,日図協の会員番号(協会からの送付物の宛名部分に印刷されている6桁の数字)の入力を求めますが,会員番号のわからない方には,氏名・メールアドレスを入力する選択肢も設ける予定です。この場合,氏名等は二重投票防止のための確認にのみ使用します。
 なお,郵送投票希望者は,2月14日(日)までに本委員会宛に文書で申し出てください。

 6.投票期日
 2021年2月26日(金)~3月17日(水)23時59分

 7.選考方法
 投票により有効投票の過半数において決します。

公益社団法人日本図書館協会図書館情報学教育部会図書館情報学教育部会長選考のための委員会
委員長:三浦太郎
委員:石川敬史,佐藤裕亮,髙田淳子,西尾純子
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学司書課程・司書教諭課程室気付
FAX:03-3523-0841
E-mail:kyoiku_senkou@jla.or.jp
                                       (2021年1月21日掲載)

 

...オンライン企画のご案内です。

『これからの目録教育を考える part. 2』(2020年度臨時研究集会)

日時:11月29日 10:30-12:00(zoomによるオンライン開催。待機室は10時15分から入室できます)
内容:第106回全国図書館大会第5分科会(図書館情報学教育)では,「これからの目録教育を考える」と題して,これからの目録の方向性とその教育のあり方をテーマとした動画が配信されます。
一方で、今回の全国図書館大会の公式のプログラムでは,リアルタイムでの質疑応答を行うことが困難となりました。このため、図書館情報学教育部会としてこれからの目録教育についてディスカッションする場を設けます。質疑応答を軸として開催する予定ですので参加者は,予め全国図書館大会で公開されている動画を視聴して内容を把握されることを強く推奨いたします。
プログラム:
10:30-10:35 開会あいさつ
10:35-10:45 第106回全国図書館大会第5分科会の要旨
10:45-11:55 「これからの目録教育を考える」質疑応答
11:55-12:00 部会長選出のための臨時活動部会総会について・閉会あいさつ
参加方法:
図書館情報学教育部会の会員の方には部会報配信メーリングリストで当日の参加URLなどの案内をしますので,指示にしたがってください。図書館情報学教育部会の会員以外の方はkyoiku@jla.or.jp(@は半角に直してください)にご連絡ください。参加方法を返信いたします(部会役員の方から送信しますので,着信を受け取れるように設定にご注意ください)。 
                              (2020年11月19日掲載 12月24日標題修正)

 


 

オンライン授業情報交換ミーティングについて(お礼・お詫びと次回のご案内)

部会員の皆様へ

図書館情報学教育部会長の大谷康晴(青山学院大学)です。

 4月25日,26日に部会役員が主催者となって開催した「オンライン授業情報交換ミーティング」ですが,急なお知らせにも関わらず4システム5回のミーティングに延べ50名ほどの参加がありました。ありがとうございました。
 一方で今回フォーム形式のみでお申し込みを受け付けたのですが,何名かの部会員からの申し込みが受理されず,ご招待できないことがありました。心よりお詫び申し上げます。

 すべてのミーティングに参加して印象に残った点を紹介いたします。

・学生への配慮が必要
 ・通信環境:できるだけ負担のないようにする
  ・PC環境:家族全員でPC共有という学生も多く,授業をスマホで履修するしかない学生が一定数存在する
  ・Wifi環境:Wifiに接続できないとか,通信量の制約がある学生がいる
 ・モラールやメンタル:オンライン授業の履修は消耗が激しい
  (複数のミーティングに参加した部会役員は一様に疲れたという感想)
 ・教材の視聴に要する時間:大学側の通信環境も踏まえると,短い教材を複数用意する方がよい
 ・課題:課題の出し方に気を付けないと学生にとっては負担が大きすぎる(挫折する学生が出る可能性も)。
    ごくごく簡単な課題にしたり,取り組む時間を多めに確保するなどの配慮も必要。
・大学の通信環境
 ・いくつかの大学で通信トラブルが発生している 
 ・教材の容量の制約もあるので,不必要な動画教材を配置したり,リアルタイム授業を実践したりしない
・説明への配慮
 ・重要な説明は文字資料も用意:通信状況はかなり悪化することがあって,重要な部分が聞き取れないこともある
 ・チャット機能に注意:フォローとか,ちょっとした質問・意見に役立つが,ログイン時点以降しか参照できないので,遅刻者への課題指示はチャット以外の主題で行う必要がある

 参加者の方からは,少し時期をおいて今度はオンライン授業実践について情報共有をしてはどうかというご意見をいただきました。詳細は改めてご案内いたしますが,5月から6月の間にオンライン授業実践情報交換ミーティングを開催できたらと存じます。その際には奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

(2020年4月28日)


図書館情報学教育部会 活動部会総会の案内 

2020年4月19日

部会員の皆様へ

図書館情報学教育部会長
大谷 康晴

2020年度活動部会総会について

 現在,全国に緊急事態宣言が発令されて,多くの部会員が異例の事態に奔走されていることと存じます。

 本年度の教育部会の総会は,当初5月17日に日本図書館協会会館で開催するとご案内いたしました。しかしながら,現在の取り組みが功を奏したとしても,5月17日時点で新型コロナウィルスの感染そのものが収束するということは残念ながらほとんどない情勢です。このように考えると5月17日の部会総会の開催は極めて困難です。なお,法令との兼ね合いで6月の代議員総会開催までに2019年度の部会の事業報告を部会総会でご承認いただいて協会に提出しなければならないため,開催の長期延期もできません。

 さて,協会では4月9日に常任理事会を開催いたしました。そこでは,「公益社団法人日本図書館協会 活動部会総会及び役員の会議等開催における決議の特例規程(新型コロナウイルス感染症対応)」を制定しました。これは,“この感染症が終息するまでの時限的な効力を持つ規程を制定し,各活動部会の総会及び役員の会議での決議が行えるようにする”ための規程になります。

 本来当部会において一か所に集まって部会総会を行うことは極めて重要であると理解しておりますが,幹事会での議論を経て,上記規程第4条に基づき末尾に記した電磁的方法により部会総会を開催することといたしました。今回の部会総会の開催形態は,あくまで現在の社会的状況による例外的なものであることをここで明言いたします。

 なお,メールによる総会開催なので,ご所属の異動等によりメールアドレスが変更された部会員におかれましては,ぜひkyoiku@jla.or.jpまでご連絡ください(左記アドレス中の@を半角に直してください)。

 今回このような形となり,通常の会合による部会総会が開催できず,部会員の皆様と情報を共有し,意見交換する機会を持てないことを大変遺憾に思います。しかしながら,現在の特殊な状況を踏まえて,下記の形による部会総会の成立に,ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 2020年度活動部会総会実施の日程

 5月6日(水)まで 連絡先の確認
 5月7日(木)メールにて議案および資料を送付。議案に関する質問及び投票受付 (いずれもメールによる)
 5月13日(水)質問締切
 5月14日(木)-17日(日)質問に対する回答作成
 5月18日(月)メールにて質問への回答を送付(内容確認期間は1週間)
 5月24日(日)メール投票締切(23時59分まで)
 5月25日(月)-30日(土)集計,議事録の作成
 5月31日(日)メールにて総会の結果報告

 2020年度活動部会総会実施の手順

・部会長は,この文書の告知を以って部会総会の招集を行ったものとし,部会のメーリングリストに登録されているアドレスに議案および資料を送付する
・投票窓口,および議案への質問窓口は,部会の問い合わせ先メールアドレス(kyoiku@jla.or.jp。@は半角に)とする
・部会員は,5月24日(日)までに投票を投票窓口に送信するものとする
・幹事会は,部会員からの投票を確認したら速やかに確認の返信を行うものとする
・総会の成立は,部会規程に基づき部会員数の10分の1とする
・幹事会は,議案の送付,投票の集計等部会総会の実務を担当する
・幹事会は,投票窓口のメールの受信に関する記録を用意して,部会員からの求めに応じて閲覧できるようにする

※この件に関するお問い合わせは,kyoiku★jla.or.jp(★を半角@に置換してください)までご連絡ください。


図書館情報学教育部会 オンライン授業情報交換ミーティングについて (2020.4.19)

 新型コロナウィルスの影響で現在多くの大学でそれまで実施したことがないオンラインでの全面的な授業提供が決定されています。この授業を提供するツールとしてさまざまなウェブ会議システムの使用が推奨されていますが,よくわからないという方もいらっしゃると思います。

 教育部会では,5月17日開催予定であった第1回研究集会に代えて,部会員同士の情報交換のため,各種ウェブ会議システムで会合を設定することにしました。みなさまの授業準備に役立てていただきたく,大変急なご案内となりましたがぜひご参加ください。また,時間的余裕がないので,いわゆる操作法の講習会というものではなく,実際にシステムを操作して会話を進めることで習熟度を高めていくことを目的としています。同時にオンライン授業に関するさまざまな情報を共有できたらと存じます。

 会議へは下記URLからGoogleフォーム(こちら)でお申し込みください。申し込み後,登録されたメールへ会議の招待を行います。

「オンライン授業情報交換ミーティング」(2020年度臨時研究集会)
 開催予定のウェブ会議システム:

 Cisco Webex Meetings  :4月25日 10時-11時
 Google Meet      :4月25日 13時-14時
 Zoom Meetings(1回目):4月25日 15時-16時
 Skype for Business   :4月26日 10時-11時
 Zoom Meetings(2回目):4月26日 13時-14時

2019年度第2回研究集会の開催中止について (2020.3.2)

現在,新型コロナウィルスの感染拡大が深刻に憂慮されています。
図書館情報学教育部会では,3月15日に第2回研究集会(「NCR2018年版刊行後の情報資源組織論及び演習」)の開催を予定していましたが,
1)全国に点在する部会員が参加するためには長距離の移動が発生すること
2)プログラム上ワークショップを予定していたが対策専門会議が感染のリスクが高いと指摘する状況[”対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が,会話などで一定時間以上続き,多くの人々との間で交わされる環境”]であること
から,2019年度中の開催は難しいと判断し,研究集会の開催を中止いたします。
ただし,今回のテーマは図書館情報学の教育現場において重要なものであることには変わりませんので,講師の先生とご相談のうえで,改めて2020年度中の開催の機会を設けたいと思いますので,その時には奮ってご参加ください。

(図書館情報学教育部会長  大谷康晴)

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841