新型コロナウイルス並びに令和2年7月豪雨により甚大な被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、早期に健やな日常が戻りますよう祈念申し上げます。
 
新型コロナウイルス関連情報のページ 


図書館災害対策委員会のページ
東日本大震災対策委員会のページ

 

日本図書館協会の見解・意見・要望

2018/08/01

図書・雑誌・新聞への消費税軽減税率の適用を求めます

図書議員連盟会長、学校図書館議員連盟会長、文部科学大臣、総務大臣、財務大臣、政府税調(内閣府特命担当大臣)、各政党の税調委員会あるいは政務調査会等宛に提出した。

2018730

 

公益社団法人日本図書館協会

理事長 森 茜

 

図書・雑誌・新聞への消費税軽減税率の適用を求めます

 

図書館は、乳幼児から高齢者まで、全ての市民に対し、生きる力を提供しています。生きる力の源は、図書館が提供する図書・雑誌・新聞です。つまり、図書・雑誌・新聞は、食料品等と同様に、市民の不可欠必需品です。

図書館、とりわけ公立図書館は、「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を社会的に保障する機関のひとつとして、人々が自由に、必要とする知識や情報に接することによって、人が人として生きていくうえで欠くことのできない知識、思想、文化、情報を得ることができます。

しかしながら、近年における図書館の資料費(図書・雑誌・新聞等購入費)は、減少傾向が続き、公立図書館の2017年度予算は279821万円。1館当たりの資料費は853万円で、1998年度の1館当たり資料費1,399万円にくらべ6割の規模に減少しています。

図書館の資料費は、消費税が5%から8%に上がった前後では、消費税を差し引いた実質的な資料費は、2013年度の2658005万円から2014年度は2638469万円に下がっています。仮に8%から10%に消費税が上がると、2017年度の実質資料費は2537110万円となり、1991年当時、即ち図書館数1,955館の時代とほぼ同額を3,273館で分かち合うという極めて深刻な事態が発生します。その結果、1館当たりの資料費は775万円となり、市民が手に取る図書・雑誌・新聞は極端に減少することとなり、市民が必要とする知識、思想、文化、情報の源が枯渇しかねません。

よって、私たち、日本図書館協会は、201910月に予定されている消費税8%から10%への改正にあたっては、新聞のみならず図書・雑誌へも軽減税率の適用を強く要望します。

 

 

一覧

トップに戻る
公益社団法人日本図書館協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-11-14
TEL:03-3523-0811 FAX:03-3523-0841